もしかして勘違いしてませんか?確認したいサプリメントのウソ・ホント

現在、サプリメントは多くの人に愛用されている一大ジャンルに成長しました。
今ではどこででも購入でき手軽に使え、愛されているサプリメントだからこそ、正しい知識を身に着ける必要があります。今回は、そんなサプリメントのウソとホントについて見ていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 133view

サプリメントは「栄養補助食品」

  • サプリメントは「栄養補助食品」
サプリメントは、さまざまな栄養を補給するために、非常に役立つものです。
亜鉛やビタミン、カルシウムなどを手軽にとれるとして、多くの人に愛されています。

このように、「栄養を補助する目的」で使うのであれば、サプリメントは極めて有用です。
栄養は食事で摂取するのが基本なのですが、食事からは補給しにくい栄養分や、不足しがちな栄養分を、サプリメントで効率よく摂取することができるからです。必要とされている栄養素をピンポイントでとることができるというメリットはとても大きいと言えるでしょう。

病院のなかには、サプリメントを積極的に処方するところもあります。また、「サプリメント外来」として、サプリメントを中心とした病院もあるほどで、その有用性は多くの専門家が認めています。

サプリメントと薬の違い

  • サプリメントと薬の違い
ただし、一つ知っておいてほしいことがあります。
それは、「サプリメントと薬は、似て非なるものである」ということです。

サプリメントのなかには、見た目では薬とほとんど区別がつかないものもあります。また、前述した通り、病院でもサプリメントを処方するところがあるため、「サプリメントと薬は同じようなものだ」と誤解してしまう人もいるでしょう。

しかし、薬は「医薬品」として扱われていますが、サプリメントはあくまで「健康食品」にすぎません。
そのため、薬ならば謳える(効果がある)表現は、薬事法の辛味でできないようになっています。

たとえば、「薬」の場合は、「血糖値(高血糖)の改善に」という表現が認められますが、サプリメントの場合は「血糖値が気になっている人に」という表現にとどまることになります。また、その効能も、基本的には医薬品>サプリメントであるため、サプリメントを過信することは極めて危険です。

サプリメントの飲み方とその注意点

  • サプリメントの飲み方とその注意点
サプリメントは、薬とは違い、その用法用量は明確に定められていません。あくまで「補助食品」であるため、薬のような厳密な決まりは存在しないのです。

ただ、だからこそ気を付けてほしい点が2つあります。

まず1つめは、「サプリメントは薬ではないが、それでも過剰摂取は危険だ」ということです。
たとえば、「鉄分」。これはサプリメントのなかでも非常にメジャーなものであり、一般的な生活においては過剰摂取になることはほとんどないと言われています。
しかし、鉄欠乏性貧血ですでに病院で鉄剤を処方してもらっているという人が、医師の許可なく鉄サプリメントを摂取した場合、1日の上限量を超えてしまうことがあります。この場合、亜鉛が吸収しにくくなったり、便秘が起きたりする可能性があります。
(1日の推奨量は、15歳以上の女性で10.5~11ミリグラム。上限量は40ミリグラム/1日)

もう1つの点は、上でも述べましたが、サプリメントは「薬」の代替療法にはなり得ません。
「血糖値が高いけど、インスリン注射を行うのは嫌だ」「高血圧の薬では副作用が出るから、サプリメントに変える」という判断は極めて危険で、文字通り命取りになりかねません。
もしどうしても、という場合は、必ず医師に相談してください。

みなさんも、用量を守って、効果的な使い方ができるよう、サプリメントとは上手に付き合っていってくださいね。
◼︎健康の関連記事
ダイエットを成功させる秘訣!心のハッピー指数をアップしよう!
ちょっと待って!そのひと口、ストレス太りに繋がってるかも?!
ストレッチで美声に?!コリをほぐすだけで歌が上達!
心と身体に優しい癒やしのハーブティー♪おすすめハーブと飲み方は?
体を錆びさせない!「ルイボスティー」が大人女子にこそおすすめのワケ
  • 鍋谷萌子

    プロフィール:美容と健康と料理の記事を4000以上執筆してきたアラサーライターです。正しい知識と、毎日がちょっと豊かになる記事を提供します。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

Close Up