季節のせい?だるさを抜きたいときの簡単浄化法3つをご紹介!

梅雨の季節だからなのか、なんとなくだる~いなんてことありませんか?体調が優れない場合もありますが、時としてマイナスなものをもらってだるく感じることもあるものです。そんなときに簡単にできる、浄化方法があればうれしいですよね!心理カウンセラーで霊気マスターのわたくしオハナが、手軽な浄化方法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 459view

だるさの原因ってなんだろう?

  • だるさの原因ってなんだろう?
からだの不調から現れるだるさってありますよね。寒気がしたり、関節が痛いような感じがしたり。でも、そういうのとはまるでちがって、からだは元気なのになんとなくだるくて、体が重く感じたり気分もどんよりとネガティブになってしまったり。
そんな経験をしたことがある人は意外にも結構いるようです。
霊的にアンテナの感度がいい人ほど、だるくなる状況が多いかもしれませんね。
それは新月や満月といった月のエネルギーが大きく作用するときと、場所や人の影響を受けてだるくなる場合があります。
また、日々の疲れがたまるとオーラが傷ついてそこからネガティブなエネルギーが進入してくることも……。
そのままにしておくと、肩こりがひどくなったり足が重だるくなったり頭痛がしたりと、日常生活に支障が出てくることもあります。
そうならないためにも、早めに浄化をして重い荷物を手放してしまいましょう。

だるさを吹きとばそう!浄化の方法

浄化をしなくちゃ!と、お祓いをしようと思うと労力も費用もかかってしまうのが現実です。でも、そんなことを人に頼まなくても自分で簡単にできてしまうとっておきの方法があるんですよ!オハナが実際に実践している、おすすめの浄化方法をご紹介しますね。

■スマッジング

  • ■スマッジング
カリフォルニア州やメキシコ西海岸地方にのみ自生している、ホワイトセージを使った浄化の方法です。
質のいいホワイトセージを手に入れたら、ネイティブアメリカンの儀式で浄化として行われているこの方法をするといいでしょう。
アバロンと呼ばれる、あわびの仲間の貝か耐熱性の器の上でセージの葉を2~3枚燻します。
このとき、火をつけたら予想外に炎がたちますので、やけどをしないように火を消しましょう。ゆっくりと燻されていきますので、セージが入った器を手にしてお部屋を歩きます。
燻して歩いている間は、その空間はクリアで輝いている空気に満ちていくイメージをするといいでしょう。
そして、自分がいつもいる場所にセージを置いてリラックスしてすごしましょう。
このスマッジングは衣服やバッグ、アクセサリーなども浄化してくれるのですべての物質的なエネルギーにも優しいといえます。

くれぐれも、火の元には注意を。

■足湯

  • ■足湯
足の裏はとても多くのツボが存在しているように、見えない世界でも足の裏と言う場所は大切なポイントといえます。地球のエネルギーを足の裏から吸収し、からだをぐるっと巡って再び足の裏から排出しているともいわれています。
温泉は、地球のエネルギーがとても満ちているので温泉につかること自体が浄化方法といえるのですが、すぐに温泉にはいけない人や、時間がない人には足湯をおすすめします。
フットバスを持っている人はそうそういませんので、固くしぼったおしぼりや濡れタオルを電子レンジで1分ほどあたためるといいでしょう。
お持ちの電子レンジの出力によって違ってきますので、自分の肌感覚に合った温度になるよう自己設定をしてくださいね。
ふくらはぎから足のつま先まで、暖めたタオルでくるんでください。
くるみながら足の裏を優しくマッサージできれば、なおいいと思います。

■シャワーで滝行?!

  • ■シャワーで滝行?!
首のうしろは邪念(マイナス思考もそうですね)が入ってくる場所といわれています。
ちょうど首の後ろのつけねに、骨があると思いますがそのあたりにシャワーをあてます。
自分にとって不要なものが水と一緒に流れていくイメージをしながらシャワーを当て続けてください。気持ち的に「あ、もういいかな」と感じたらやめてください。
あなたの直感を大切にしましょう。
もし可能であれば、シャワーをあてるまえにあら塩を首の後ろにこすりつけてくださいね。
それからシャワーをあてるとなおいいと思いますよ。

■盛り塩をしてみましょう

  • ■盛り塩をしてみましょう
風水でも、おすすめの方法とされている盛り塩。
だるくて気分も滅入っているからといって、いくつも盛り塩を家の中でする必要はありませんよ。玄関やお手洗いに必ずしなくてはいけないという厳密なルールもありませんし、対にする必要もありません。
いつもいるリビングに、円錐または三角錐に盛り塩をして感謝の気持ちを持って過ごしましょう。
盛り塩をするにあたって、ひとつだけこころくばりをしてほしいことがありますよ。
それは、月の1日と15日には盛り塩を交換するということです。
これは古来から毎月1日と15日は神様の日とされているからです。
もし、気持ち的に浄化された!と感じて、盛り塩をやめるときや交換をするときは台所に流水で流してください。
そして「ありがとうございました」と感謝の気持ちをもちましょう。
それだけで十分です。

終わりに

浄化と思うと難しいことのように感じますが、実は簡単にできることばかりです。
気分が滅入ったり、最近いい事がないな~と感じたりだるくてどうしようもなかったりしたとき、ぜひ試してみてくださいね。
◆健康・リフレッシュの関連記事
雨の日に聴きたい曲10選!じめっと憂鬱な気持ち!スッキリさせましょう♪
気分が乗らない・気持ちが落ち込んだ時に聴きたい曲おすすめの10選☆
心と身体に優しい癒やしのハーブティー♪おすすめハーブと飲み方は?
人生を楽しく健康に!思い込みを実現して幸せ体質になろう!
体を錆びさせない!「ルイボスティー」が大人女子にこそおすすめのワケ
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up