乳がん検診の「定期的」ってどのくらい?【女子カレ カラダのQ&A】

先日、歌舞伎役者の市川海老蔵さんの妻・麻央さんが深刻な乳がんのため闘病中、というショッキングな報道がありました。早期発見が完治のカギとなるため定期的な検診が推奨されていますが「定期的」とはいったいどのくらいの期間を指すのでしょうか?メディカルアドバイザーとして幅広く活躍中の川上智史先生が詳しく回答してくださいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 530view
このページでは毎週、女子カレ カラダのQ&Aで紹介されている、女性が抱える身体や心に関する悩みを、専門医の回答付きでご紹介いたします。

【今週のお悩み】乳がん検診の「定期的」ってどのくらい?

  • 【今週のお悩み】乳がん検診の「定期的」ってどのくらい?
(北海道・東北/83年生まれ/女性)
周りに乳がんになった人がいるので、ここ2年くらい何回か検査に行っています。
1度目は県の子宮がんの無料検査。
2度目は乳がん・子宮がんの検査。
3度目は、生理不順の相談をしに行ったついでに子宮がん検査と血液検査。
幸い、がんは見つからなかったのですが、血液検査で甲状腺ホルモンに異常(数値が低い)がありました。
よく『定期的に検査をしましょう』と聞きますが、定期的とはどれくらいの期間を指すのですか?

乳がんの早期発見にもつながる:「定期的な検査」の期間は?

▼メディカルアドバイザー川上先生の回答はこちら▼
マンモグラィを用いた乳がん検診は、厚生労働省の指針では『2年に1回の検診』を原則としていますので、少なくとも2年に1回の頻度で検査を受けるのが良いでしょう。また、子宮がんの検診は年に1回程度で良いと思いますが、少しでも不安に感じたりするのであれば、半年に1回受けても良いでしょう。
しかし、マンモグラフィのみでは100%乳がんを発見することは出来ません。若年の方、授乳中の方、手術後の方、非常に乳腺の濃度が濃く不均一である方などの場合は、マンモグラフィだけでは、異常を撮しだすことが難しい場合があります。そこで、視触診や乳腺エコー検査を併せて行うことをおすすめします。乳がん発見の精度がより高まりますよ。

■日本では、乳がんを患う女性が年々増えているという現実
現在、日本では年間約6万人が乳がんを患っていると言われており、生涯でいえば12~15人に1人が乳がんにかかっていると言われています。さらに、乳がんによる生涯死亡確率は1.8%となっています。パーセンテージだけを見ると少なく見えるかもしれませんが、人数に置き換えると、1万3,000人近くの方が命を落としている計算になります。
早期発見が完治に大きな影響を与える乳がんですが、初期症状はほぼ無く、自力での発見は困難と言われています。

あまり過剰に検診を受け過ぎるのも考え物ですが、やはり早期発見が何よりです。ですので、日頃から検診を受けることを心がけるようにしていることはとても良いことだと思います。
乳がんに関する他のお悩みも見る

まとめ

乳がん検診を受ける上で、参考になったでしょうか?
定期的な乳がん検診を受けている方も、気になる症状がある場合は迷わず病院に行ってくださいね!
女子カレ カラダのQ&Aでは、みなさまから寄せられた、身体や心に関する質問に専門医が回答する「お悩みQ&A」をはじめ、女性のがんで最も多い乳がんの知識や予防方法、妊娠・避妊の正しい知識を身につけるためのコラムの掲載。さらには子育てのヒントまで、約5200件以上のお悩み解決法を掲載しています。
悩みや不安をかかえる女性が、1人でも多く健康で幸せな毎日を送れるよう応援しています。

■前回のお悩みはコチラ
心がつらい時…心療内科の選び方って?【女子カレ カラダのQ&A】

【PR】乳がんになる女性は、年々増加傾向にあり、女性にとって決して他人事ではない病気です。また、乳がん予防には食生活も重要です。乳がんの早期発見・診断・治療のために正しい知識を身につけましょう。
乳がんの予防講座
  • 女子カレ カラダのQ&A

    女性特有のカラダの悩みやトラブルを解決する、女子カレ カラダのQ&Aの中の人。
    日々サイトに寄せられるお悩みを元に、生理・妊娠・不妊・婦人病・ココロのお悩みなど、女性のカラダとココロに寄り添いながら、一人でも多くの女性を幸せにできるような記事を毎週発信していきます。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up