オフィスでノースリーブはNG?!ビジネスカジュアルの定義とは!!

制服ではない職場で働く女性にとって日々のビジネスカジュアルの定義に悩むことはありませんか。例えばノースリーブはOKかNGか、サンダルはOKかNGか。しかも小さいお子さんがいらっしゃる場合は、どうしても動きやすさや汚れてもいいものを選びがちですよね。今回はそんな方に「ビジネスカジュアル」について触れていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 858view

ビジネスカジュアルって?

  • ビジネスカジュアルって?
そもそもビジネスカジュアル、オフィスカジュアルとは、男性の背広や男性も女性もスーツではなくて「違和感のない程度の私服のこと」を指します。仕事をする上で違和感のない程度、と言うことですね。

この違和感のないと言う点がポイントで、職場の他の女性の方の服装や、取引先やお客様と接するのか、と言う業種によってこのポイントは変わってくると思います。

ビジネスカジュアルのポイント3つ

・カジュアルだからと言って各自の判断で何でもOKと言うことではない

・他者や周囲の方から見て違和感のないように

・少し真面目っぽいかな、と固く思われるぐらいが無難

この3つがポイントだと思います。カジュアルとはいえ職場ですし、ほかの方たちに注意されるような要素のあるものは避けたほうがいいと思います。露出が多いものや色が派手なものは避け、コンサバ風な無難なものをオススメします。

はっきりした色を避けて、体のラインが自然にでる程度に

  • はっきりした色を避けて、体のラインが自然にでる程度に
原色など、派手な色は避けたほうがよいでしょう。ベージュや白・黒は無難ですね。さらに、注意したいのが形。あまりだぼっとした服装だとカジュアルすぎてしまい、ピッタリしていても動きづらいですしオフィスには向きません。シャツとパンツをイメージして、自然に体のラインが出る程度の形にしておくと無難です。
◼︎関連する記事
愛されキャリアウーマンになるための会話術3つのポイント
仕事運アップ・キャリアアップに効果抜群なおすすめパワーストーン!
出来女はこれをやっていた!!仕事運をあげるとっておきの4つの行動☆
職場で家庭で。ストレスを感じたら、その場でできる対処法3つ
第一印象が大切!異動・転職時に押さえておくべき3つのマナーのポイント
  • 小田ちえみ

    ベビーダンス/キッズダンスインストラクター/心理士
    JAAアロマセラピスト/チャイルドケアコーディネーター
    講師、教員、外資系企業を経て、インターネット企業で女性初の管理職として活躍後、メンタルケアを行うアロマセラピストとして活動。私立高校にて現役相談員。子育てを楽しむママのための学校『mamagaku(ママガク)』公式講師。二児の母。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up