子どもの字汚いけどママも忙しい!教える時間がないママ向け解決法!

何かと気になるお子さんの字。できればきれいに書いて欲しいけど。。ちょっと汚いな~と思っているけど教える暇がない!でも気になる!そんなワーママのあなたにゆるゆる解決法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 148view

ワーママあるある・・こどもの字汚いなぁとは思うけど教える暇がないわぁ。。

  • ワーママあるある・・こどもの字汚いなぁとは思うけど教える暇がないわぁ。。
ワーママは仕事や育児や家事に大忙し!
こどもの字、ちょっと汚いな~と思っているけど教える暇がない!でも気になる!

そんなワーママのあなたにゆるゆる解決法をご紹介します。

①お名前は〇〇ちゃんそのものなんだよ~と伝える

  • ①お名前は〇〇ちゃんそのものなんだよ~と伝える
名前は一番書く文字です。
その名前に的をしぼった作戦です。
「お名前は、〇〇ちゃん自身なんだよ~^^お名前が汚いと〇〇ちゃんも汚いってことになっちゃうし、きれいだと〇〇ちゃんもキレイなんだよ」
と我が家では幾度となく伝えてきました。

我が家はすでに小学校も高学年です。
この間授業参観に行ったときに廊下に張ってあった「私たちの今学期の目標」を見たら目標はまぁまぁでしたが、名前だけめちゃくちゃ丁寧に書いてありました。
やっぱり言い続けていると子どもって意識するんだな~と思った瞬間です。

是非この魔法の言葉使ってみてください!

②字がうまいとひたすら褒める

  • ②字がうまいとひたすら褒める
これも我が家で実際にやっていた方法です。
とにかくうまい字をひたすら褒め、ことあるごとに「だって、〇〇ちゃん字が上手いもんね~」と言うだけです。
これだけで「私(僕)、字がうまいんだ!」という魔法にかかってくれます。

字を褒めるときのポイントは「ここのハライがいいね~」とか「バランスが最高」などと具体的に褒めてください。

それを子どもがずっと覚えていて、あとでママがココを上手いって言ってくれたなどと言われ「そうだっけ?」と思うこともあるくらい効果がありますよ~。

③お部屋の使い方を意識しよう!と言ってみる

  • ③お部屋の使い方を意識しよう!と言ってみる
こちらは私が塾の先生をしていたときに身に付けたテクニックになります。

ひらがなでもカタカナでも漢字でも見本というのは、角を4つに区切ったところに書いてあります。
「そこのお部屋はどういう風に使ってあるのかに注目しよう」とこどもには常々伝えましょう。
字は字の部分だけではなく、余白(書いていない部分)をどう残すかも大切です。見本を良く見て、どのような配分で書くかを意識出来る子は必ず字が上手くなります。

お部屋どう使っているのかな?と声をかけ続けて、お手本をよく見ることができる姿勢を育てましょう!

こんなことで字が上手くなるのか・・・なります!!

  • こんなことで字が上手くなるのか・・・なります!!
字はとにかく、上手く書こうとする意識が大切です。
何度も書かなくても集中して1回書いて、上手くいったらそれでもOK!
ママがごはんを作っている間、宿題等をやってもらうなど、ちゃんと見られないときも声をかけてあげてくださいね!
◆ワーママの関連記事
キャリアカウンセラーが教える!ワーママ転職必勝法 第1弾!職場の場所
ワーママ転職必勝法!人材紹介会社は複数登録すべし
ママ友との交友関係が面倒…そんな時のワーママゆるゆる解決法
こどもが可愛いと思えない!そんなワーママあるあるの解決法とは?!
家庭運ってどんな運?家庭運があがるラッキーカラーはコレ!
  • 歌うカウンセラーホーリー

    キャリア&メンタルカウンセラーときどきヴォーカリスト。
    小学生のママもやってます。少ない時間でいかに遊ぶかを考えるのが
    大得意。つまりよくばり♪特に働く女性が仕事も恋も家庭も趣味も~と
    楽しめる世の中にゆるく貢献していくのが目標!普段はだいたい
    大学生とワサワサしています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up