どうして?なかなか結婚してくれない…彼氏のリアルな心情5つ

多くの場合、男性よりも女性のほうが先に「結婚したい!」と思う気持ちが大きいです。女性のほうが人生の計画を立てるのが上手なためですが、一時的な気分ではなく、本気でこの人と結婚したいと思っても、相手には伝わりづらいものです。そんな気持ちが伝わらない、結婚しようと言ってくれない彼の心情とはどういうものなのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 307view

①結婚に踏み切るきっかけがわからない

  • ①結婚に踏み切るきっかけがわからない
これが最も多いタイプです。

「子供が大好きだから、できるだけ早く子供が欲しい」というように、結婚するメリットが明確であれば問題ないのですが、具体的な結婚生活、結婚によるメリット・デメリットを想像できない男性が今とても多いのです。

こういった男性は、彼女のことは好きだけど、結婚となると違う(早い)気がする…と感じています。周りに急かされたり、彼女に結婚について問われると、つい目を背けたくなったり、なんとなく逃げたい気持ちになってしまいます。
実際、結婚生活はお互いの努力や思いやりで「かけがえのない存在」ができるものなのですが、具体的なイメージができません。そんな彼を焦らせるのは逆効果なので、「○○のおかげで、私も頑張ろうっていつも思えるよ」というように「結婚」という言葉を押し付けずに「ずっと一緒にいたい」という気持ちを伝え続けるようにしましょう。

料理の腕を磨いたり、相手を癒やす時間を作ることも大切です。焦らせると逆効果になることもあるので、彼をその気にさせるまで健気でいることが大切です。

②そもそも結婚願望がない

  • ②そもそも結婚願望がない
計画的に貯金をしない、散財する、自分の都合や趣味を優先する、といったタイプは結婚への興味が薄い男性です。

20代であれば、まだ遊びたい時期、仕事で成果を出したい時期とも考えられますが、30代になり仕事もスムーズにこなせるようになってきてからも20代の頃と生活が変わらないのであれば、結婚に向いている男性とは言えません。

こういったタイプの男性には「結婚を考えているのか」をストレートに聞いてみましょう。理想があまりにも高すぎる場合や、ひとりが気楽だと言う場合は、他の相手を探したほうが良いかもしれません。

③覚悟ができていない

  • ③覚悟ができていない
結婚には様々な責任が伴います。また、相手の親族との付き合いや、自由な時間が減るなど人によっては億劫だと感じる出来事も増えます。しかし、それを避けていたら一生結婚などできませんし、後悔しても遅い年齢になっていたということもあります。責任を背負うことも大人としては大切なことです。責任があるからこそ、仕事や生きかたに自信を持つことができる、やりがいを感じられるということもあるはずです。
こういったタイプには結婚のメリットを話すと良いかもしれません。自由な時間が減るのだと思っていれば、趣味やひとりの時間を禁止するわけではないこと、生活を共有することで食事の時間が楽しくなったり、話し相手がいるありがたみを感じられること、自分の味方になってくれる存在ができること、子供ができたらどんなことをさせたいかなど、結婚生活を想像して楽しく話すことができれば、覚悟も決めやすいといえるでしょう。

④相手の気持ち、状況を考えていない

  • ④相手の気持ち、状況を考えていない
多くの女性が「30歳までに結婚したい」と言います。

それは妊娠・子育てに適した年齢を考えていたり、20代のうちは仕事や遊びをある程度楽しみたいけれど30代では落ち着いた生活が送りたい、と思っているからです。

それをアピールしても上の空だったり、結婚して幸せに暮らしている友人を羨ましく思う気持ちを理解してくれなかったり、何年も付き合っているのに一向に結婚という言葉が出てこない、気にしていない場合は、「まだまだ自分は可能性がある」と思っているかもしれません。他にもいい子がいるかも、などと考えていることもあります。
自分が「とにかく早く結婚したい」と焦っているだけなのか、本当に彼と結婚したいのかを冷静に考えてみましょう。
焦っているのであれば、彼と結婚する必要はありませんし、本当に彼が好きならば「できちゃった結婚」を目指すのも良いかもしれません。実際、子供ができると今までとはガラッと変わる男性は多くいます。

⑤母親に依存している、言いなりになっている

  • ⑤母親に依存している、言いなりになっている
これは最も厄介なタイプです。

彼の親が結婚相手の家柄や住んでいる土地を気にしたり、母親がいつまでも子離れできずに、また息子も母親離れできずにいると、結婚は自分の意思ではなく母親が決めてくれるものになります。そんなふうに見えない人でも、実はそうだったという話もよく聞きます。

親孝行できる人は素晴らしいのですが、それが親と子供の共依存関係になっていると話が変わります。「親がなんて言うかな」「母親にも気に入ってもらえるといいけど」など、やたら親のことを気にする素振りがあれば、結婚してからも親がつきまとってくるので注意が必要です。

終わりに

  • 終わりに
  • マドモアゼル・R・K

    数々の占い師に占われ、幸運と開運に目覚める。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up