今日の疲れは今日なんとかしよう!疲れてる時に押してほしいツボはココ☆

疲れたときに様々なリラックス法がありますよね。体にはいくつか疲労回復に効果があるツボがあって、場所さえ覚えておけばどこでも簡単に実践できます。痛いけれど気持ちがよいと感じる強さで押すようにしましょう。仕事中でもどこでも簡単に押せるツボから、自宅でリラックスタイムに押すツボまで様々なツボをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 296view

手・腕のツボ

  • 手・腕のツボ
手や腕のツボは自宅でなくても、移動中の電車の中や、デスクワークの合間などちょっとしたときに簡単に押せるツボです。覚えておいて、疲れたときにこまめにツボ押しをして疲労回復してみましょう。

労宮(ろうきゅう)

  • 労宮(ろうきゅう)
  • 出典: sp.acupressure.jp/tubo/3.php
手のひらの中心にあるツボで、グーの形にしたときに中指の先端が手の平に当たるところです。精神的な疲労に効果があるとされ、自律神経の乱れを調整してくれたり、心を落ち着かせてくれます。

労宮は反対側の親指で押します。少し痛いかなと感じられるぐらいの強さで押すのがちょうど良い強さです。親指の位置を労宮に合わせたら、離さずに押したり、離したりを10回します。終わったらもう片方のツボも同じように押します。手の平にあるので、いつでも手軽に行えるのが嬉しいですね。美容院で手のマッサージをしてくれるときに、このツボを刺激してくれるところも多いです。

指間欠(しかんけつ)

  • 指間欠(しかんけつ)
  • 出典: crea.bunshun.jp/articles/-/625?page=4
手の指と指の間にある水かき部分をもみほぐすようにしてマッサージします。反対側の手の親指と人差し指ではさみ込んでツボを押します。他の部分のツボ押しよりも少し強めのほうが効きやすいでしょう。脳の疲労や、内臓の疲労に効果があります。

合谷(ごうこく)

  • 合谷(ごうこく)
  • 出典: matome.naver.jp/odai/2135383440104825501/2135385242207232403
手の親指と人差し指の付け根の間にあるツボです。3秒間このツボを押して、離してを数回繰り返します。目の疲れや肩こりに効くと言われています。左手のツボを押していると右手のこの部分が凝るように感じられるので、両手をまんべんなくマッサージするようにしましょう。

手三里(てさんり)

  • 手三里(てさんり)
  • 出典: matome.naver.jp/odai/2142220255267021601/2142229618739792003
ひじを曲げたときにできる線から指3本分、手首のところにあるツボです。反対側の中指でツボを押します。手首を動かすと筋肉の動きがわかるので、動かしながらツボを押すのもおすすめのやり方です。肩こりによく効くのでデスクワークで疲れた日は家でじっくりとマッサージするのもよいでしょう。

首のあたり(天柱てんちゅう)

  • 首のあたり(天柱てんちゅう)
  • 出典: sp.acupressure.jp/tubo/27.php
首の後ろ、髪の毛の生え際あたりにあるツボです。このあたりの左右に押すと痛みを感じる場所があります。そこが天柱と呼ばれるツボで、精神的な疲労の回復に効果があるとされています。5秒ほど押してから離すのを繰り返して5回ほど続けます。

足や足裏のツボ

  • 足や足裏のツボ
  • mikan

    Kurera編集部のメンバー。2歳の男の子のママで、時短勤務中です。仕事と育児をいかに効率よくこなすかを日々考えています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up