彼はうつ病?パートナーがうつ病っぽいと感じたときの接し方と見極め方

うつ病は珍しい病気ではなく、いまや15人に1人はかかると言われています。うつ病はすぐに治るものではなく、本人やまわりが病気に対する正しい知識を持ち、理解することが必要不可欠です。パートナーがうつ病かもしれないと感じたときに、彼とどのように接したら良いのか、うつ病の症状と接し方のポイントをいくつかまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 323view

うつ病の症状

  • うつ病の症状
うつ病は脳の中のセロトニンという物質が不足することによって起こる精神的な病気です。なんだか最近彼の様子がおかしい、うつ病かもしれないと感じることがあったら、次のうつ病の症状に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

朝だるくて起きられない、好きなことに対して興味がわかなくなる、食欲がなくなる、胃痛や下痢、便秘などの体の不調が多くなるという症状があげられます。ただ体調が悪かったり、気分が落ち込むことは誰にでもありますが、あまりにも長期間そのような症状が続く場合はうつ病かもしれません。病院で診断してもらうなど、まずはうつ病と認めるところから始まります。
うつ病かもと感じたり、うつ病と診断されると、その病気を早く治したいと思うでしょう。しかし、うつ病の人の家族やまわりの人間がこの気持ちで接していくと、かえって治りが遅くなってしまうことがあります。うつ病を早く治そうという焦りの気持ちは捨てて、じっくりと彼や彼の症状と向き合っていくことが大切です。具体的にどのように接していけば良いのでしょう。

彼をありのまま受け入れる

  • 彼をありのまま受け入れる
その人のありのままを受け入れるということが、うつ病の人と接するうえで一番大切だと言われます。うつ病を発症してから、なかなか症状が軽くならなかった人も、家族が自分を受け入れてくれたと感じるようになってから回復したという人も多くいます。うつ病の人はネガティブに考えてしまったり、まわりを傷つけるような言葉を言ったりするため、支えている人もどう接したらよいのか悩みます。まわりも感情的になって、うつ病の人に怒りを露わにしてしまうと逆効果です。
嫌な言葉を言われて、全てを我慢するわけではありませんが、相手の言葉やその人自身を受け入れてあげるようにします。彼が弱音を吐いたら、頑張れと励ますよりも「そういう気持ちなんだね」と気持ちに寄り添うような答え方をします。そうすることで彼は自分が受け入れられていると感じることができます。受け入れてもらうと、本人の心は軽くなります。
励ましやアドバイスは彼をそのまま受け入れるということから遠のいてしまいます。もっと頑張れと言われると、自分はもっと頑張らなければならないと感じます。アドバイスされると、自分のやり方ではダメなんだと落ち込んでしまいます。彼が受け入れてもらえていると感じられる接し方をしましょう。

良いところをほめる

  • 良いところをほめる
うつ病の人はまわりに負担をかけてしまって、自分の不甲斐なさを感じます。これまでにできていたことができなかったり、しようとしても上手くいかなくて落ち込むこともよくあります。認められた、褒められたいという承認欲求は人間がもともと持っているものですが、うつ病の症状があると自分でも自分を認められない状態にいます。
そのため、相手の良いところをほめて認めてあげることは良い接し方の1つです。どんな小さなお願いことでも良いので、相手に頼んで、してもらったときに褒めます。褒められたことで彼は認められたと感じ、自分にもできることがあるのだと自信を感じることができます。気をつけてほしいのは、褒めすぎないことです。あまりにも大げさに褒めすぎると、かえって逆効果になってしまいます。うつ病の人は優しくしてもらいたいのではなく、普通に接してもらいたいと言うこともよくあります。
うつ病だから特別扱いされている、優しくされていると感じるような、大げさすぎる発言は控えましょう。

自分の生活を犠牲にしすぎない

  • 自分の生活を犠牲にしすぎない
彼がうつ病かもしれない場合、どこに行こうか誘っても気分が乗らないなど一緒に楽しめないこともあるでしょう。ずっと家で寝ていたい日も多くなると、自分も同じように家にずっといてしまうかもしれません。

しかし、そこで覚えておいてほしいのは、自分を犠牲にしすぎないことです。パートナーが家にずっといたとしても、自分は仕事があったり、誰かとご飯を食べに行く約束があったり、生活があります。パートナーのことを気にするあまり、そういった自分の生活を全て捨ててしまうと、ストレスになります。あなたがストレスを感じれば、彼に接していくのはもっと難しくなるでしょう。
うつ病はすぐに治るものではないことからも、長い目で見て病気と付き合っていく必要があります、そのため我慢や犠牲をしすぎていては、あなたにとっても良くありません。自分の生活も大切にしながら、自分も苦しいときはまわりに助けを求めましょう。

◇ストレスの関連記事
イライラしてたら即実践!上手に感情のコントロールをするポイント6つ!
ベトナム人は即スッキリ!ストレス発散が上手なベトナム人を見習おう☆
イライラする!そのフラストレーションを簡単に解消しよう!
「フィーカ」を通して築く人間関係!スウェーデン流コミュニケーション術!
ストレスを溜めない!溜まりにくい生活が実現するイギリスでの暮らし♡
どんな時でもリラックス&集中力アップできる効果的な呼吸法とは?
好きな仕事でも溜まる!簡単職場のストレス解消法で抱え込まずに快適に♪
  • mikan

    Kurera編集部のメンバー。2歳の男の子のママで、時短勤務中です。仕事と育児をいかに効率よくこなすかを日々考えています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up