沖縄人気NO1美ら海水族館と備瀬のフクギ並木近くのパワースポット発見!

美ら海水族館に注目が集まりますが、この本部(モトブ)には、あまり知られていないからこそ神秘的で、とても強いパワーを感じるスポットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 626view

美ら海水族館

  • 美ら海水族館
沖縄の観光スポットでおそらく毎年一位となるのが美ら海水族館です。

多くの方がこの水族館や、オキちゃん劇場のイルカのショーを楽しみ、さらに周りにある熱帯ドリームセンターや、人工でありながらも白い砂浜がとても美しいエメラルドビーチを訪れていると思います。

これらの場所を訪れるだけでも、普段の生活から距離を置いて、童心に戻ったようなウキウキした気持ちになることができます。

さらに、頬に触れる心地よい風、潮の匂い、また太陽からの力を浴びて、体の中から湧き上がってくるとても満ち足りた気持ちを体感することができます。

でも、きっと大人の皆様は、何かしら不思議な力を体に感じて引っ張られているかのように北の方まで足を延ばすことでしょう。

「静」と「動」を感じられるパワースポット

  • 「静」と「動」を感じられるパワースポット
美ら海水族館近辺が「動」を感じる場所だとすると、これからご案内する備瀬崎(びせざき)近辺は、「静」のパワーを感じるところと言えると思います。

まさに、残されている様々な伝説や醸し出されている周りの雰囲気からも、パワースポットだなと思える場所が多くあります。
那覇空港からは、沖縄自動車道を利用し、許田IC(きょだ)から約30kmの距離ですので、ゆっくり車を走らせて合計2時間くらいの行程となります。

備瀬崎でも、最初にご紹介するのが備瀬崎(びせざき)の先端です。備瀬崎で有名なのは、フクギ並木ですが、せっかくなのでフクギ並木を歩いてみようという方は、フクギ並木入口に駐車場がありますので、そこから移動しましょう。

近くには、トイレや店舗があります。レンタサイクル屋さんもこのフクギ並木入口近くにありますので、時間のない方は自転車での移動もお勧めです。美ら海水族館にも入館する方は、おもいきって美ら海水族館の駐車場に停めてしまい、じっくりと散策するのも一案です。美ら海水族館からは、エメラルドビーチ近くの遊歩道を歩き、2014年にオープンしたホテル オリオンモトブ リゾート&スパホテルの前を通り、備瀬ゲートから園外に出ますと数分でフクギ並木入口に到着です。

沖縄の原風景 フクギ並木

  • 沖縄の原風景 フクギ並木
沖縄の原風景を残すエリアで、約2万本のフクギで囲まれた遊歩道を進んでいきましょう。

フクギはその名前から「福を呼ぶ木」とも言われています。我々も福を分けていただきましょう。このフクギは大体300年ほど前に琉球王朝時代に植樹されたと言われています。

ご存知の方も多いと思いますが、冬の沖縄は毎日風が強く、住民の生活を守るための防風林として、そしてプライバシーや区画を守るための垣根としてこのフクギは活躍してきました。今も備瀬崎に向かって1kmほど続いています。

色彩豊かな海をみてうっとり♡

備瀬のフクギ並木の終点にでたら、そのまままっすぐ北に向かっていきましょう。集落の中を通りながら、10分ほど歩くと、前が一気に開けたと思ったら、そこは備瀬崎の先端に到着になります。

十数台停められる駐車場があり1日500円の利用料です。駐車場を歩いていると、意外な場所に拝所を発見します。

備瀬崎の周りはサンゴ礁に囲まれているので、ダークブルー、ブルー、グリーン、エメラルドグリーンといった色彩豊かな海を間近で見ることができる場所でもあります。

心がうっとりとしていると感じます。駐車場の正面からは伊江島の城山(ぐすくやま、タッチュー)をはっきりと見て取ることができます。近く感じて、もしかしたら泳いでもいけるのではないかと錯覚してしまいます。

神の島とも言われるみぃ島

  • 神の島とも言われるみぃ島
目を少し右に移すと、すぐ前に小さな島があり、島の奥に灯台があることに気づきます。
実は、この島は、みぃ島という名前がついており、地元の人からは神の島として崇められているのです。

干潮のときには歩いて渡ることができそうなのですが、神の島ですのであまりお勧めしません。調べたところによると、以前このみぃ島に橋をかけようとして、なぜか工事は失敗してしまう状況となり、きっと何らかの力が働いているのだろうということから諦めたという歴史があると聞いています。一度深呼吸をして、心を無にして、神の島に向かってお祈りしてみましょう。

夏場は、ちょうどよいシュノーケリングのポイントです。干潮時に合わせてくると良いでしょう。

神が降り立った場所 備瀬のワルミ

  • 神が降り立った場所 備瀬のワルミ
次にご紹介するのが、備瀬のワルミです。場所は敢えて詳細に書きません。Web上で検索しても、情報は少ないでしょう。

是非頑張って探していただいて見つけたらラッキーというくらいの気持ちでいてください。少し意地悪いですね。美ら海水族館から見て、備瀬崎の左側が備瀬のフクギ並木だとすると、備瀬のワルミは右側方面になります。駐車場はありませんので、徒歩か自転車で移動することになります。

神が降り立った聖地

  • 神が降り立った聖地
  • かなさん

    めんそ〜れ〜、沖縄大好きアラサークリエイターです。大好きな沖縄の良いところを、みんなにもっと知ってほしい!そんな気持ちで沖縄の話、ときどき寄り道をしながら記事をご紹介していきます♪

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up