癒しでよく聞くα波って?脳のメカニズムを知り癒し効果を取り入れよう!

よく聞くα波という言葉、一体何なのかご存じですか?α波は脳波の一種で、リラックスしたり、集中したりする際に現れると言われています。オリンピック選手やプロのスポーツ選手もα波トレーニングを取り入れているそうです。そこで今回はα波とは何か、そして意識的にα波を出して、暮らしを豊かにする方法についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 716view

【α波って?】

  • 【α波って?】
もともとはドイツの神経科学者であるハンス・ベルガーが名付けた脳波の一種で、別名「ベルガー波」や「ベルガーリズム」とも呼ばれます。

勘違いされやすいのですが、音楽からα波が出ているのではなく、癒されるような音楽を聴くことでα波の脳波になるのです。どんな音楽を聴いてもα波が出るというのではなく、自然の音やモーツァルトなど、クラシック音楽が良いと言われています。

【α波以外にもある!脳波の種類】

  • 【α波以外にもある!脳波の種類】
脳波とは、現在の脳の状態がどのようなものかを、Hzという単位で表したものです。脳波の種類はα波を含めて「γ(ガンマ)波」「β(ベータ)波」「θ(シータ)波」「δ(デルタ)波」の5種類に分けられます。

例えばγ(ガンマ)波は30Hz以上の脳波が出ていることを表しており、イライラした状態の際に表れることが分かっています。興奮状態や強い不安を感じているときもこの状態です。

一方β(ベータ)波は14~30Hzの脳波が出ていることを表しており、通常の状態とイライラの状態の間であることを表しています。緊張感のある状態とも言えます。

α波は8~13Hzあたりで、落ち着いていたり、リラックスできている状態です。集中している状態にも出されます。α波は左右対称で、規則的な波形が見られるのが特徴です。

θ(シータ)波は4~7Hzあたりで、熟睡と起きている状態の間です。脳の中の海馬という部分から出されるもので、麻酔を打った後にも出ます。

δ(デルタ)波は0.5~3Hzの脳波が出ていることを表しており、寝ている状態や無意識の状態です。

【α波が出るとどうなるの?】

  • 【α波が出るとどうなるの?】
脳波がα波になると、βエンドルフィンという物質が出されます。ベータエンドルフィンは脳の快楽物質と呼ばれるホルモンで、気分が高揚するなどの効果が認められています。

βエンドルフィンが放出されると、まずは心と脳がリラックスします。この状態を睡眠前に作ることで、睡眠の質を良くすることができます。寝ても疲れがとれなかったり、十分な睡眠時間を取っていても寝足りないと感じたりするのは、睡眠の質に問題がある可能性があります。そんな時は、寝る前に積極的にα波が出るような行いをしてみましょう。

またα波は、ストレスを鎮めてくれる効果があります。ストレスは様々な病気の引きかねになるともいわれており、毎日溜めずに発散していくいことが望まれます。

ちなみに妊娠中にα波の出る音楽を聴くことは、お腹の中の赤ちゃんにも良い影響を与えると言われています。

【α波を出すためにやっておきたいこととは?】

  • 【α波を出すためにやっておきたいこととは?】
簡単なのは、自然の音を聞くことです。波の音や雨の音、鳥のさえずりなど自然界に存在する音を聞くことで、α波が表れると言われています。

実際、α波が出る音楽として取り上げられる曲は、こういった自然の音を収録してあるものが多いようです。歌声や楽器の音が入っているものは、脳が自然と活動してしまうので、リラックスしている状態のα波にはなりにくいようです。脳をリラックスさせるので、寝る前に聴くことで熟睡でき、質の良い睡眠を得ることができるでしょう。

、あた起きているときにα波が出ると、集中力が高まることも知られています。仕事や作業に集中したいときにα波の出る音楽をBGMにすることで、集中力をアップさせてみては。効果的なのは、クラシック音楽です。クラシック音楽もα波を出すと注目されています。

中でも特に人気があるのは、モーツァルトの曲です。彼は感覚で、脳を活性化しながら癒しも与える曲を作った作曲家と言われています。勉強や仕事に集中したいときにα波を出したければ、モーツァルトの曲がおすすめです。安定したリズムとハーモニーの調和で自然の音と同様のリラックス効果があると言われています。

他にクラシック音楽で癒し効果があるのは、パッヘルベルの「カノン」、ドビュッシーの「月の光」などです。コンサート会場でクラシック音楽を聴いた後に、観客がスッキリとした表情を浮かべているのも納得できますね。

【終わりに】

聴覚だけでなく、嗅覚で感じる良い香りもα波を出してくれます。アロマテラピーやお部屋のフレグランスをうまく活用することでリラックス効果を得ることができます。

また、キャンドルの灯りを見ることでも癒されるので、良い香りのついたキャンドルに火をともしてお風呂場でリラックスする時間をとることで、穏やかな毎日を送ることができるかもしれません。

α波が及ぼす良い影響を実生活にうまく取り入れ、毎日を快適に過ごしてみませんか?
■お肌の関連記事
このままじゃ5月病!?春ストレスを解消する3つの方法
あなたは何型?血液型別おすすめのストレス解消法をご紹介♡
良く眠れて、翌朝スッキリ !1日3分~5分、寝る前に行うハッピー瞑想
口コミはもう古い!?イマドキ女子の基礎化粧品の選び方・買い方事情
【プチプラコスメ】安くて優しくてよく落ちるビオレのクレンジングジェル♡
  • Kurera編集部

    Kurera編集部が、生活に役立つ情報をお届けします。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up