本当にすごい動物の力!アニマルセラピーの癒やしの力を大調査!

動物と触れ合うことは、私たちの心を落ち着かせ、元気にしてくれることが多いもの。優しい気持ちにさせてくれるだけでなく、脈拍や血圧が安定するなど、体にもよい影響を与えてくれることが証明されています。動物と触れ合うことによって心身の状態を改善するためのセラピーをアニマルセラピーといいますが、一体どんなことをするのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 524view

【アニマルセラピーの種類】

  • 【アニマルセラピーの種類】
アニマルセラピーには、大きく分けて2つの種類があります。

・AAA (動物介在活動):一般の飼い主さんや団体が病院にボランティアとして訪問して行う活動

・AAT (動物介在療法):医師や、医療関係者の立会いのもと動物を介して行う医療行為の一環


本来アニマルセラピーはAAT、つまり医師の指導によって行う病気治療の一環のことを言いますが、現在の日本ではアニマルセラピーというと、AAA (動物介在活動) を指すことが多いです。

AAA (動物介在活動) は大きく、動物との関わりによって生活の質の向上を目指すことをいいます。例えば病院に出向いて、動こうとしなくなった認知症の患者さんに犬と触れ合うことで、精神的、身体的なリハビリをすることや、子供たちと動物との触れ合いによって情緒的な教育をすること、身近なところで言うと、自宅で熱帯魚の水槽を見て穏やかな気持ちになることもアニマルセラピーになります。

どちらも人々に元気と癒しをくれることは間違いありませんが、AAT (動物介在療法) は日本ではまだまだ広まってはいないようです。AAA  (動物介在活動) は病院に限らず、老人ホーム、教育現場、養護施設や刑務所などでも活躍しています。具体的にはどんな活動をするのでしょうか。

【病院でするアニマルセラピー どんなことをするの?】

  • 【病院でするアニマルセラピー どんなことをするの?】
アニマルセラピーの活動で一番多いのが、病院などに出向く「施設訪問型」です。ボランティアの人たちが、おもにセラピードッグとしての訓練、しつけを受けた犬とともに訪問します。

施設に訪れるのは、とても穏やかで賢い、清潔なワンちゃんばかりです。病院では、犬と患者さんとのふれあいや、犬の芸を見て楽しんでもらう、といったことをします。

神経科の患者さんの中には、躁うつ病、神経症、痴呆症を患っている人がいます。他の人たちと会話をしない人、妄想の世界に閉じこもる人、まったく動けない人もいます。

そういった人たちにセラピードッグが近寄ると、怒ったような表情をした患者さんがにっこり笑ったり、全く動かなかった人が犬に触ろうと手を伸ばしたり、話をしない人が犬の名前を尋ねたりします。寝たきりの患者さんが看護士に「車いすにのせてほしい」とお願いすることもあります。どうしても動けない人がいる場合はその人の部屋まで、ボランティアの人たちが犬を連れて出向くこともあります。

アニマルセラピーの時間はだいたい45分ぐらいですが、受けるひとの多くはその時間を楽しみにしているようです。

【アニマルセラピーで変わる私たちの体とこころ】

  • 【アニマルセラピーで変わる私たちの体とこころ】
犬に限らず、動物と触れ合うことは私たちを癒し、ストレスを軽減する方法の一つになります。実際に、副交感神経(自律神経)が優位になることで、血圧、心拍数の低下などの生理的な事象が報告されています。

なかなか寝付けない、眠れない人もいると思いますが、ストレスを軽減することによってノンレム睡眠ができる状態になり、不眠を解消するなども期待できます。

でも、それだけではありません。その他にも、感情面では不安を軽くしてくれます。

例えば、普段は点滴の注射を怖がる子供が、犬がそばにいるだけで泣くことなく治療ができたことや、手術に向かう患者さんと一緒に入り口まで行くことで、大きな不安を軽くするといったことも期待できるのです。

またセラピードッグと触れ合うことで、その人の自己評価を上げるという効果も見込まれています。それは、犬は見た目やしゃべり方で人を判断しないためだと言われています。

どんな人でも、犬たちはあるがままを受け止めてくれます。そのため患者さんは、「自分を受け入れてくれている」という安心感と、自信を感じることができるのです。

【ペットとして動物を飼うだけでセラピーになっている!?】

  • 【ペットとして動物を飼うだけでセラピーになっている!?】
実は、ペットとして動物を飼うこと自体がセラピーになっていることをご存じでしょうか。実際に、心臓病を患っていてペットを飼っている家庭と、飼っていない家庭で比べてみると、飼っている家庭の方が、死亡率が減るという調査結果が、アメリカ心臓協から報告されています。

普段あまり意識していないような意外なところで、私たちのために奉仕してくれる動物たちがいるからこそ、もっと社会的に認められてお互いにより良い共存ができるといいですね。
■関連記事
上野公園はパンダだけじゃない!話題のスタバやドラマなどのイベントも♡
品薄!話題のしまホイ知ってる?犬たちが大喜びのワケとは
猫だけじゃない!都内で癒されるおすすめ動物カフェ3選
犬の夢は凶?!犬が示すものとは・・・
犬猫よりも飼いやすいペットフェレット
  • ちょこ

    プロフィール 星占術をはじめ、哲学や心理学、精神世界を探求し、自分らしく生きられる方法を日々模索しています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up