仲良し夫婦は「アレ」をしてる!今明かされる4つのアレとは?!

仲のいいお友達夫婦を見ると、「どうしてそんなに仲がいいのかしら?」と思わず疑問に思ってしまうことはありませんか?しかし、どんな夫婦でも多少のイザコザはあるもの。元々他人の2人が、どうしたら夫婦喧嘩の少ない幸せな家庭を築いているのでしょう?実は意外なアレが秘訣なんだとか!今回は意外な秘訣といわれるアレを明らかにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 456view

【アレその1. コミュニケーションの基本はあいさつ】

  • 【アレその1. コミュニケーションの基本はあいさつ】
恋人期間から晴れて夫婦となり、家族になったとたんにいつでも手の届く身近な存在に。そんな関係に慣れてくると適当に済ましがちなのが「あいさつ」です。

わたしたちは、幼い頃からあいさつを身につけて育ってきましたが、身近な家族に対しては結構おざなりにしてしまう傾向もあるようです。

いつまでも仲のいい夫婦は、愛情の基本となるあいさつを実践しているようです。朝起きたら「おはよう」。仕事へ行く相手には「いってらっしゃい」。帰宅してきたときには「ただいま」そして、「おかえりなさい」。一日を締めくくるのは「おやすみなさい」と、言えていますか?

そしてプラスワンしたいのが、あいさつに添える気持ちです。気持ちを添えることで、言い方にも柔らかさや温かさが込められるので、言われた側はとてもいい気分になるはず。

相手をねぎらう気持ちと、大切に思っているという想いが添えられた言葉は、相手のその日を充実したものにしてくれるでしょう。「最近ちゃんと挨拶していないな」と感じるなら、ぜひ今日から実践してみてはいかがでしょうか?

【アレその2. 干渉しずぎない】

  • 【アレその2. 干渉しずぎない】
夫婦といえど、ひとりの「個」ですから、お互いに相手を干渉しすぎることは、相手に窮屈な生活を強いることになりかねません。夫や妻にそれぞれ趣味があるなら、その趣味の時間を楽しく過ごしてほしいですよね。

まさか「どこにいくの」「何時に帰って来るの」「誰と?」なんてことを、いちいち相手に聞いたりはしていませんか?相手はもういい大人です、相手の時間を好きなように過ごさせてあげるのも信頼関係の構築になります。自分だってとやかく言われて過ごすのは、ストレスになってしまいますから、「相手には楽しい時間を過ごしてね!」という、思いやりの気持ちを持つことが大切です。

趣味が特にない場合でも、たまにはひとりでショッピングに出かけてみるとか、映画を観に行くとか、プライベートタイムを尊重することで、夫婦それぞれに心の余裕が生まれるようになります。

心に余裕がある人は、ちょっとやそっとじゃ心が折れたりしませんから、必然的に夫婦仲も良くなるようです。これは、相手のことを知りたいという欲求が強い人には試練かもしれませんが、ラブラブ夫婦を目指すためにがんばってみましょう!

【アレその3. たまには2人で】

  • 【アレその3. たまには2人で】
先ほどお話した「干渉しすぎない」ことと真逆に感じるかもしれませんが、干渉しすぎないことは、関わらないということではありません。

政治の世界でもビジネスの世界でも、食事の場を設けて会話をするというのはとても大事なことのひとつです。同じように、仲の良い夫婦は、2人または家族とともに、食事に行くことが多いようです。

おいしい食事を前にして、笑顔にならないわけはありませんし、もちろん会話も弾みますよね。こういった場面があれば、子供もどんどんいろいろな話を投げかけてくるようになります。こうしたことを繰り返していくうちに、家族間や夫婦間のコミュニケーションが円滑になり、幸せなひと時が増えてきます。食事をすることは脳にも充実感を記憶させるので、「この人といると幸せだなぁ」という情報を脳が実感するようになります。

また食事だけでなく、たまには特にコレといった用事がなくても、ドライブにでかけるということも大切です。お天気がよければ、目に映る景色が爽快感を感じさせてくれますし、そこで食べる食事も、いつもより数段美味しく感じるものです。

いつも顔を合わせている者同士だからこそ、こうした日常的なことをたまには楽しく過ごすことで、新しい会話も生まれます。仲のいい夫婦は、こうした時間を上手に取り入れているようですよ。

【アレその4. 感謝の気持ち】

  • 【アレその4. 感謝の気持ち】
一緒に暮らす相手には、尊敬の念を持って接したいものですよね。「いつもわたしたち家族のためにありがとう」といった気持ちや、何かしてくれたときには「嬉しかった、ありがとう」など、できることならきちんと声にして伝えたいところですが、どうしても恥ずかしい場合にはお弁当になにかメッセージを添えてみるとか、メールなどでもいいと思います。

どんな些細なことでも、感謝と労いの気持ちを表現している夫婦は、永く円満に暮らしているようです。当たり前なことはなないひとつないということですね。

【終わりに】

いかがでしたか?円満夫婦の秘訣を4つご紹介しました。言わなくても察してほしいという気持ちを持っていたとしても、相手はエスパーではありません。まずはお互いの気持ちを伝えることの大切さを知ることからはじめたいですね。
◇関連記事
大好きな彼や旦那から…好かれている自信がない。そんな時の対処法!
カウンセラーが教えるカップル長続きの秘訣!カップル同士の交流が鍵!
見逃さないで!良いことが起きる運気アップの予兆サインは身近にあった♡
恋愛運をあげるインテリアの基本は、捨てる・変える・足す
男性の恋愛対象はズバリ「清潔感」のある女性!そのモテ条件とは?
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up