もしやあなたもダメ女!?2016年 ダメ女になりつつある女性の特徴7個

「彼氏ができてもすぐに別れてしまう」「最近友達と疎遠になっている」…こうした状況の原因は、実はあなたの「ダメ女」な行動が原因かもしれませんよ?今回はダメ女になりつつあるかどうかをチェックする方法についてご紹介します。この中で2個以上当てはまるものがあったら要注意ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 359view

【1. 理想が高すぎる】

  • 【1. 理想が高すぎる】
理想を持つこと自体は良いことです。しかし、相手に求める条件が多かったり、ステータスばかり気にしていると、表面的な部分だけで判断してチャンスを逃してしまったり、無駄な恋愛をすることになります。

「昔はもっと素直だった」「こんなに恋愛に対して計算高くなかった」と思っている人ほど注意が必要です。理想の相手がいたとして、その相手にとって自分がふさわしい人間かどうか考えてみてください。

仮に現在は見合っていたとしても、それはいつまで続くものでしょうか。一時的な関係だと割り切れる場合は別ですが、唯一無二だと思える人、自然体で過ごせる人が、長年愛し続けられる人のはずです。

時には妥協や我慢も必要です。大切だと思われる人間になること、時間をかけて相手を見つめることを目標にしてみましょう。理想という概念を一度なくしてしまうのもひとつの手です。

【2. 見栄をはってしまう】

  • 【2. 見栄をはってしまう】
嘘をついたり、大げさに自分を表現してしまったりする人は、自分に自信がない証拠です。気になる話題や楽しそうなことに対して素直になれず、「私は別に興味ない」「そんなことはもう知っているから」と自分を抑えてまでクールな人物、知識や経験が豊富な人物を演じてしまうのは損です。

いつまでも素直な気持ちを持つことや、興味のあること、楽しそうなことには飛びつくぐらいの子供心を持つことが、かわいい人だと思われるきっかけになることも多々あります。見栄を張りすぎていると、それが習慣となってしまい、相手にも良い印象を与えません。

誰にでも短所はあります。自分を大きく見せると後々苦労するので注意が必要です。

【3. 人と比べてしまう】

  • 【3. 人と比べてしまう】
「なんであの人ばかり可愛がられるの」「なんであんな人でも彼氏がいるの」と他人ばかり気にしてしまう傾向がある人です。

「自分のほうが仕事もできるし、頑張っているのに」と思うことはあるでしょうが、相手がどれだけ頑張っているか、どれぐらい我慢しているかは他の人からは見えにくい部分でもあります。運がいい人、許されがちな人も確かにいますが、それを妬んでいると卑屈になってしまいます。

実力が伴っていない人、ずるいことをしてきた人は、良い状況が長続きすることはありません。他人は他人、自分は自分と割りきって、自分にできることを着実に行うこと、自信を持って望むことが大切です。

【4. 諦めグセがついている】

  • 【4. 諦めグセがついている】
「どうせ私は~だから」「今までこの状況で上手くいったことなんてないから」という思考になりがちな人は、すぐにその思考をやめましょう。それが強がりであっても、周りから見れば、ただのやる気のない人です。

自分に自信が持てない人、すぐ諦めの言葉を吐く人は、一緒にいて楽しくないと思われたり、信用されにくい人間になってしまいます。本当にできない・向いていないのか、言い訳を探したり、強がったりしているだけで、単に努力が足りないのかを考えてみましょう。

諦めグセがつくと向上心がなくなるばかりか、他人から「つまらない人間」だと思われてしまいます。他人の良いところや幸せを素直に認め、自分に足りないもの、努力が必要なことをきちんと判断できるようになりましょう。

【5. チャレンジできない】

  • 【5. チャレンジできない】
現状維持が最優先事項となっている人です。

過去の失敗経験や年齢を気にする傾向がある人は、新しいことを始めるのが苦手です。しかし、老若男女問わず輝いて見える人は、いつでも冒険心や子供心を忘れていなかったり、物事を素直に受け止めたりしています。闇雲にチャレンジする必要はありませんが、臆病になるのは損です。「他人の結果を見てから動こう」「無難なことだけやっていよう」では視野や人脈が狭まるだけではなく、人より遅れた人生を歩むこととなってしまいます。

これだけは頑張ってみよう、まずはここから始めようと「小さなことでも目標を持つ」という心がけがあれば、他のことに対しても積極的になれます。

【6. 窮屈な考えかたをしてしまう、頑固になってしまう】

  • 【6. 窮屈な考えかたをしてしまう、頑固になってしまう】
年を重ねるにつれ、頑固になるというのは人間の特徴でもありますが、信念や価値観をはっきりさせることと、頑固になることは違います。押し通す考えや態度が、本当に正しいものなのか、意固地になっているだけなのか、自分でもわかっているはずです。

年代の違う人の考えかた、自分とは違う価値観を持つ人から学べることは多くあります。聞く耳を持たないと、人間的な成長をとめてしまうだけではなく、あの人は頑固者だというレッテルを貼られてしまいます。

【7. 自分磨きを怠る】

  • 【7. 自分磨きを怠る】
  • mikan

    Kurera編集部のメンバー。2歳の男の子のママで、時短勤務中です。仕事と育児をいかに効率よくこなすかを日々考えています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up