臨床心理士ってどういう人?悩めるわたしたちの心の専門家その特徴

わたしたちはひとりひとり、なにかしらの心の問題を抱えています。家族とのことだったり、仕事のことだったり、友人や恋人とのことだったり。ひとりで考え続けていても、その長いトンネルを抜け出ることは容易ではありません。そんなときに、あなたのこころが背負っている荷物を軽くしてくれる存在、それが臨床心理士です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 329view

単刀直入に聞くけれど、臨床心理士ってなに?

  • 単刀直入に聞くけれど、臨床心理士ってなに?
わたしたちの身の回りには、さまざまな各種技法を身につけた「カウンセラー」という存在の方たちが居ます。
しかし、実際にはこの「カウンセラー」と名乗るにはこれといった資格はないのが現状です。
こういった民間の有資格者である、カウンセラーもとても優れた才能のある方が居るのも事実ですが、現実は玉石混淆の世界であるということも、否定は出来ません。
わたしたちは何か心の問題を抱えたときに信頼のできるカウンセラーと出会う必要があるのです。

それが、臨床心理士です。
臨床心理士は、1989年に文部省の認可のもとに「財団法人日本臨床心理士資格認定協会」が規定した資格を持つ、
こころのスペシャリストなのです。
もちろん、守秘義務から秘密を守ってくれるので外部に漏らすということはありません。
  • 臨床心理士は、心の問題に取り組む“心理専門職”の証となる資格です。
    「臨床心理士」とは、臨床心理学にもとづく知識や技術を用いて、人間の“こころ”の問題にアプローチする“心の専門家”です。
    「人が人に直接かかわり、そのかかわる人に影響を与える専門家である」
  • 出典:http://fjcbcp.or.jp/rinshou/about-2/

臨床心理士って、どこにいるの?

  • 臨床心理士って、どこにいるの?
現在、臨床心理士は24,980人います。

文部科学省が実施する全国の公立小学校や中学校にスクールカウンセラーとして、1996年より派遣させており、児童や生徒たちの心のケアに取り組んでくれています。

医療では、総合病院の精神科や精神科クリニック、精神保健福祉センターや精神病院にいます。
福祉では、児童相談所や療育医療センター、そして各種福祉相談の窓口にいます。
企業にももちろんストレスチェックの際には携わってくれていますし、企業内のカウンセリング室に居ます。
司法の現場にもいます。警察や少年相談、少年鑑別所や少年院、家庭裁判所の少年部と家事部です。

このほかにも、大学では学生相談所や研究所付属相談所でも、多くの臨床心理士が働いています。

臨床心理士って、たとえばどんなことをしてくれるの?

  • 臨床心理士って、たとえばどんなことをしてくれるの?
わたしたちが心の問題を抱えて、とてもつらいときに臨床心理士はその問題を軽くしてくれる手助けをしてくれます。

精神科医はお医者さんですので、心の問題を抱えたわたしたちの症状を判断し、処方箋を書き治療をしてくれますが臨床心理士は、心の問題を軽くすべく、わたしたちの心の叫びや悲しみを聞いてくれるカウンセラーなのです。
心が壊れてしまいそうなときやすでに心が崩壊してしまった場合などに、臨床心理士のもとを訪ねて話しを聞いてもらうことがとても大切なのです。

薬を処方してくれることはありませんが、人と人がふれあい自分という存在と悩みを受け入れてもらえることはなにものにも変えがたい、感謝とぬくもりを実感することができるのです。

臨床心理士って、どうしたらなれるの?

  • 臨床心理士って、どうしたらなれるの?
臨床心理士になるには、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」の資格試験を受験して、合格しなければなりません。
心理学がすきでも、この資格認定試験は誰でも受けられるわけではなく、受験資格が必要となります。
それは、「指定大学院(1種・2種)を修了した者」や「臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者」などが挙げられています。
これから臨床心理士を目指そうと思っている方は、臨床心理士の指定大学院もしくは専門職大学院を目指し、卒業をしていることが必要不可欠です。
  • 主な受験資格〉
    ●指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足している者
    ●臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了した者
    ●諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における心理臨床経験2年以上を有する者
    ●医師免許取得者で、取得後、心理臨床経験2年以上を有する者 など
  • 出典:http://fjcbcp.or.jp/rinshou/juken/
一次試験はマークシートでの試験と小論文で、二次試験はカウンセリング方式での口述面接が行われます。これらに合格したのち、申請をすることで臨床心理士として登録をされるのです。
まずは、この試験を受験するために必要なことは、実務経験が1年以上あること。
または臨床心理士養成のための専門職大学を課程終了し卒業していることです。

そう考えるだけでも決して簡単ではないということが、伺えますね。
また、実務経験というのは、病院や福祉センターなどで賃金(お給料)という形で発生するカウンセリング業務についていたことをいい無給のボランティアは残念ながら含まれません。

臨床心理士になるためには、数々の受験資格を手にしていなければならないのが現実なのです。

似ているようで違います。公認心理師と臨床心理士

  • 似ているようで違います。公認心理師と臨床心理士
2015年9月9日に、「公認心理師法」が参院本会議で可決し、成立しました。
ここで、勘違いしやすいのは現行の「臨床心理士」が、公認心理師としてスライドするのではと思いがちですが違います。
臨床心理士はあくまでも民間の資格であり、別物の国家資格である公認心理師が2017年に施行されると言うことになります。
資格を考えている人や、カウンセリングを受けようと考えている人は気をつけましょう。
さまざまなストレスや、心の悩みを抱えた現代のわたしたち国民。その国民の心の健康の保持増進を行えるよう、この法律が成立しました。
いかがでしたか?いままでカウンセラーについてあまり考えたことがなかった人にも、すこしは関心が持てる社会情勢ではありますね。
心のバランスを上手にとりながら生活し、ときには臨床心理士に話しを聞いてもらうということも、上手な心のコントロールといえるのでしょう。
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up