好きな仕事でも溜まる!簡単職場のストレス解消法で抱え込まずに快適に♪

好きな仕事、やりがいのある仕事をしていてもストレスは溜まるもの、仕事そのもののストレスもありますが、多くの人が感じているのは職場の人間関係によるストレスです。思い切って転職する、休職するといった決断が必要な場合もありますが、今回はそんな職場のストレスに負けないための簡単にできるストレス解消法を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 306view

好きな仕事でもストレスは溜まるものです

  • 好きな仕事でもストレスは溜まるものです
好きな仕事、やりがいのある仕事をしていてもストレスは溜まるものです。仕事そのもののストレスもありますが、多くの人が感じているのは職場の人間関係によるストレスがほとんどです。好きな仕事、条件の良い仕事でも、たったひとりの人間のせいで退職せざるを得ない状況になったり、社内の派閥争いに巻き込まれることも多々あります。

限度を超えていれば、信頼のできる上司に相談する、従業員支援プログラムを利用するなどの方法もありますが、日常的であっても些細なことであればそうもいきません。自分の立場が悪くなる、他の人に迷惑をかける、といった状況に陥ることもあるので我慢するしかないと割りきってしまう人が多いようです。

小さなことでも、長年積み重なれば大きなストレスとなります。自分の努力だけではどうしようもない場合、思い切って転職する、休職するといった決断が必要な場合もあります。

職場のストレスどうするべき?

  • 職場のストレスどうするべき?
一番理想的なのは、その都度ストレスを解消すること溜めないことです。

そのとき直接なにかをされたわけではなくても、過去の嫌な思い出や先入観から無意識のうちのストレスを作ってしまうケースもあります。苦手な相手に不愉快さや、やりにくさを感じてしまうのは当たり前のことですが、それをいかに切り替えるか、ストレスとして残さないかが重要です。そのためには日頃から、ストレスとどう付き合っていくかがポイントになります。

一般的には、休日に趣味をとことん楽しむ、スポーツをして体を動かす、カラオケではしゃぐ、お酒を飲んで忘れる…などが「ストレス解消」と言われていますが、実際にエネルギーや時間をその都度注ぎ込める人はわずかです。

では、日頃から簡単にできるストレス解消法を紹介します。

① ストレスを認識する

  • ①	ストレスを認識する
これは意外とできていないことです。

例えば、嫌なことを言われたり、相手の態度を不快に感じたときに、どのように思いますか。いやだなあ、イラっとするな、一緒に働きたくないな、などと感じる人がほとんどでしょう。

問題は、その後どうするかです。いやな思いとして心に溜め込む人が多くいますが、その都度はっきりと「○○さんの言いかたは不愉快だ、嫌いだ」「○○さんは私に嫌われている」と強く認識すると意外とそこでストレスも少し発散できてしまいます。

スマートフォン内や、人目につかない紙などに文章として書き出すことも良いでしょう。

② 信頼できる上司、気の合う友人と楽しい話をする

  • ②	信頼できる上司、気の合う友人と楽しい話をする
愚痴を言うのもストレス解消法ですが、デメリットもあります。
自分の中でストレスを再認識してしまう、他の人まで不愉快・心配にさせるといった点です。

愚痴を言うことで効果的なアドバイスをもらえる可能性もあるので状況によりますが、確実にストレスが軽減される方法は、好意を感じている人と楽しい話をすることです。
遊びに行く話や、共通の趣味・話題を思い切り話すことで、楽しい時間を共有できます。楽しい時間があれば、ストレスの原因をくだらないと思えたり、ストレス対象の相手に「怒り」ではなく「哀れみ」や「つまらなさ」を覚えることもあります。

自然とイライラしている時間がもったいなかったと思えるでしょう。

③ 考えないで済むような環境を作る

  • ③	考えないで済むような環境を作る
部屋の模様替え・片付け、アロマを焚く、入浴剤を入れてゆっくりお風呂に浸かる…など、自分の生活の環境を変えてみるのもひとつの手です。環境が変われば気分も変わります。毎日見る景色や部屋の匂い、体のコンディションが違えば、考えかたも変わってきます。楽しい気分になれるようなものをそろえたり、寝室にアロマオイル加湿器を置くなど、好きなことだけを考えられたり、あれこれと考えすぎないで済む環境を作るのは大切なことです。

他にも、好きなものを好きなだけ食べる、物にあたる・壊す、衝動買いをする、筋トレやランニングをするといったストレス解消法もあります。これらでストレスが解消できれば問題ありませんが、人によっては自傷行為や後悔、余計な疲労に繋がることもあります。ストレス解消のつもりがストレスを消せないだけではなく負担を増やす結果になってしまっては元も子もありません。

考えかたを少し変えるだけで負担は減ります

  • 考えかたを少し変えるだけで負担は減ります
同じことをされても、ネチネチと覚えている人とすっかり忘れている人がいるように、ストレスとどう付き合っていくかが大切なポイントとなります。
なにをストレスと感じるか、どこまで背負ってしまうかは人によって違いますが、溜め込まないように努力しないと疲弊するばかりです。
自分はストレス解消が下手だ、考えすぎてしまう、繊細だ、などと悩むことがあれば、それらを悩むことよりも解消する努力を優先してみてください。

そのためには、どう切り替えるか、どこまでが許容できるかをしっかり意識しておくことが必要です。そして、ご紹介しました、①から③までのストレス解消法を試してみてください。自分にあったストレス解消法が見つかったり、考えかたを少し変えるだけで精神的な負担が減ることを実感できます。
■ストレス・ストレス解消の関連記事
ストレス発散!カラオケで上手に歌いたい場合何を飲む?NG&OKドリンク
音楽を使ってストレス解消!ストレス知らずになろう♪
イイ香りで癒される!アロマオイルでストレス解消する方法
どうしても止まらないイライラを撃退する!ストレス解消レシピ
もう手に入れた?ストレスが消えてなくなる極上の癒しグッズ!
カラオケは1曲目が肝心!歌をうまくきかせる曲選びとは
  • NAO

    東京在住の主婦ライター。元クレジットカード会社勤務、1児の母。とりあえず家事はラクしたい!ずぼらです。日々発見した時短のコツやお得な情報、趣味の旅行やダイビング、時々ランニングについて書いてみます。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up