心理カウンセラーも実践!イクメンパパ育成のための心得「お願いするには」

パパが○○してくれない!と思っているのはもったいない!是非パパが進んでいろんなことにチャレンジしてくれるようにママがさりげなくサポートしましょう。サポートの仕方をアドバイスします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 422view

何かしてもらいたいとき、どうしてますか?

  • 何かしてもらいたいとき、どうしてますか?
園や学校に持っていく荷物、パパに用意してもらいたいときありますよね。
いつもママがやっているのを見てるんだからと、やっておいて!なんて丸投げした
ことがありますか。実はうちもあるんです。しかしこれはNG例。

ポイントは自分でやってみせること

「やってほしいことは、まずはやってみせよう!」
こう書くとこどもと同じじゃない!と思ってしまうママもいるかもしれませんね。
でも手順を見せることは、とても大事なのです。

理由は男女差

  • 理由は男女差
女の子は小さい頃から周りを良くみてそれを真似て自分のものにしていくのか得意です。それに比べて男の子は、自分の興味があるものに一直線です。隣に誰がいても何をしていても、自分のやりたいことに熱中します。

ですから、ママが当然見ていてくれて覚えてくれているだろうと思っていたことは、見事に裏切られるのです。

でもパパもやりたくないと思っているのではありません。役に立ちたいと思っているのです。そんなパパの気持ちを大切にするためには、是非手順を簡単に披露しましょう!
次からはもうママがしなくても、ちゃんとパパにお願いできますよ~。

★イクメンパパ育成シリーズ
心理カウンセラーも実践!イクメンパパ育成のための心得
上手にお願いする方法
話をきく
尊敬する
一緒でない時間を大切に
パパにもお料理をしてもらう
マッサージをしてもらう
段取りよく子供をお願いする
  • 歌うカウンセラーホーリー

    キャリア&メンタルカウンセラーときどきヴォーカリスト。
    小学生のママもやってます。少ない時間でいかに遊ぶかを考えるのが
    大得意。つまりよくばり♪特に働く女性が仕事も恋も家庭も趣味も~と
    楽しめる世の中にゆるく貢献していくのが目標!普段はだいたい
    大学生とワサワサしています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up