やらなきゃ!でも、やる気がでない!そんな時の考え方と対処法7つ!

人間は何かを成し遂げなくてはならないという課題を課せられているとき、失敗したときのいいわけのために別の物事に手を出して保険をかけます。自分を守るため無意識の心理が働くわけです。
では、やるべきことにちゃんとやる気を発揮するためにはどうしたらいいでしょうか?今回は「やる気」にスポットをあてて探ってみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 382view

その1.やる気が出ない原因を知ろう!《作業の工夫》

  • その1.やる気が出ない原因を知ろう!《作業の工夫》
人は同じ作業をするということが、脳的に苦手です。延々と直線の道路を走ると、やがて睡魔が襲ってくるのと同じように、作業だって同じです。代わり映えなく単調な作業を行うと、人はその作業に段々飽きてしまいます。

では、どうしたらいいかというと何か目標を立てることをお勧めします。
今日一日の作業は、ここまでする!といったように、何か目標を立てることが大切です。これをすることで、人はそのまでどうにかたどり着こうと努力をするようになります。

目標設定をすることで、やる気がふつふつと湧き上がってくるのです。

その2.やる気が出ない原因を知ろう!《マイナス思考》

  • その2.やる気が出ない原因を知ろう!《マイナス思考》
自分ってこういうところがあるよなぁ、とか彼はこれができるのに自分はできない。
または、自分の出身校に自身が持てなかったりなど、なにかしら人はコンプレックスを抱いて生活をしています。これが、表に出て来てしまうとなにをするにも自信が持てずに下ばかりを見る生活に追われてしまいます。これを払拭するには、口に出してしまうことです。そしてそれを肯定することがとても大事になります。

例えば、「私は自分の容姿に自信がない。でも去年とても素敵な彼氏ができた!」、「自分は背が低い。でもそれが個性となって友達がとても多い!」というような感じに、コンプレックスをプラスに変えることができるのも、わたしたち人間の素晴らしさです。

その3.やる気が出ない原因を知ろう!《押し付け》

  • その3.やる気が出ない原因を知ろう!《押し付け》
子供だった頃を思い出してみてください。部屋で明日の時間割を調べていると、母親が入ってきて「いつまでそんなことしてるの!早く勉強しなさい!」と頭ごなしに言われたことや、「遊んでばかりいないで部屋の掃除くらいしたらどうなの!」など、思い出すと悲しくなるような言葉を浴びせられた記憶はありませんか?

自分の意思とはズレたことをいきなり押し付けられると、人は反抗したくなります。
やる気がでないのは押し付けられたときに、そっぽを向きたくなってしまう心理がそうさせます。こういうときは、すり替えをしましょう。

「これをしなさい!」といわれたときは「そうだね!それがしたかったんだよ」とすり替えゲームをするのです。やっているうちに、脳も騙されてきますし苦虫をつぶしたような顔でなにかをするよりもずっと気持ちよく作業をこなすことができるのです。

その4.やる気を出す方法を知ろう!《自分を褒める》

今日のやるべき作業を成し遂げたときは、素直に自分を評価することがとても大事です!
人は誰かに評価されるとやる気を見出せるものですが、これは自分自身で行っても全く同じ効果があります。今日出来たこと、出来なかったこともまとめてなにかに記録をすることと同時に、そこまでやった自分を評価しましょう。

このことが次の日のやる気へと繋がっていくのです。

その5.やる気を出す方法を知ろう!《いつもと違うことをする》

  • その5.やる気を出す方法を知ろう!《いつもと違うことをする》
みなさんは自分のルーティーンを持っていますか?何かをする前に必ず行う行動のことですが、たとえば大事な商談がある日や試合があるときに、必ず身につけるものがあるとか、右足から靴を履くなどといった決まった行動のことです。こういった行動とは別のいつもとは違うことをしてみると、脳にとってはとても新鮮で気分的にリフレッシュすることができます。繰り返し同じことをしている中で、突然違うことが飛び込んでくると開放感がうまれて結果的に作業の効率をアップさせることができるのです。

その6.やる気が出ないときの対処法!《自分が好きなものをひとつ許す》

  • その6.やる気が出ないときの対処法!《自分が好きなものをひとつ許す》
自分にとって何を差し置いても好きなものってありますよね。好きな音楽でもいいです、好物の食べ物でもいいです。行き詰ったときや、どうしてもやる気がでないときは自分へのご褒美としてなにかをクリアすることができたときに、その好きなものを取り入れてみましょう!

心が満足して、笑顔になれます。表情としてでれば、気分はマイナスにはなりませんからその勢いのままやる気を継続することができるのです。

その7.やる気が出ないときの対処法!《人生の先輩に相談する》

  • その7.やる気が出ないときの対処法!《人生の先輩に相談する》
人は自分が認めない人物からの言葉は疎ましく思うのに対し、自分より位の高い人物や、尊敬する人物からの言葉をとても大切にしようとします。そして、それは素直に耳に入り自分の心のバイブルの一節となります。
この心理を応用すると、やる気を向上させるいい手助けのひとつとなります。
尊敬する人に、今の自分の状況を話すといいでしょう。すると、その相手から必ずなにかしらの言葉をいただくことが出来ますから、それがあなたの叡智となり人生のいい教訓になります。賢い人ほど、人に相談をして意見を扇ぐものなのです。
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up