心理カウンセラーも実践!イクメンパパ育成のための心得「話を聞く」

現役心理カウンセラーが教える、いますぐできるイクメンパパ育成法です。さっそく実践してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 326view
「パパがもっと○○だったらいいのに!」
ママだったら誰しも一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

ともすると「パパが○○してくれない!」とパパだけのせいになってしまう
この問題。積もり積もると夫婦ゲンカに・・なんてことも十分考えられますね。

ということでママが願うイクメンパパをどうやったら育成していけるのか
簡単にすぐできる方法で、もちろん我が家でも効果があったもので心理学的にもお墨付きのものをお伝えしていきたいと思います。

パパの話を聞きましょう

え~!パパの話を聞くなんていつもやってるわ!!
そう思ったママも多いのではないでしょうか。むしろこちらが話を聴いてもらいたいくらい!って。でもよーく考えてみてください。いつもの話の聞き方は「パパの話も聴く」になっていないでしょうか。ママは忙しいのです。家事や育児の間の隙間時間もおしいくらい。そんな状況でパパの話を聴いても、明日の予定や子どもの園や学校のこと、そうそう家賃の支払い!なんて片隅で考えながら・・なんてことが続いていませんか。

そんな日常の中で1日5分だけ
パパのことだけを考えて、話を聴く時間を作ってください

話を聞くポイント3つ

話を聴くポイントは3つあります
カウンセラーも使っている基礎ですよ
① パパの表情やしぐさを良く見る
② あいずちをうちながら聴くが、自分の意見は言わない
③ パパの気持ちに注目して話を聴く

そして5分すぎたら、パパの良いところを1つ褒めてください。
  • 出典: ojisantherapist.la.coocan.jp/contents1_06.html
男性は自分から自分の気持ちを話すのが苦手です。でも自分の気持ちをわかってほしいと思っていますし、わかってくれた人をとても大切にします。妻がそんな人であれば、夫も妻のために何かしてあげたいと思うようになるのです。さて、実践♪実践♪


★イクメンパパ育成シリーズ
心理カウンセラーも実践!イクメンパパ育成のための心得
上手にお願いする方法
話をきく
尊敬する
一緒でない時間を大切に
パパにもお料理をしてもらう
マッサージをしてもらう
段取りよく子供をお願いする
  • 歌うカウンセラーホーリー

    キャリア&メンタルカウンセラーときどきヴォーカリスト。
    小学生のママもやってます。少ない時間でいかに遊ぶかを考えるのが
    大得意。つまりよくばり♪特に働く女性が仕事も恋も家庭も趣味も~と
    楽しめる世の中にゆるく貢献していくのが目標!普段はだいたい
    大学生とワサワサしています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up