自分に声をかけてモヤモヤ・イライラ解消!カウンセラー実践ハッピー術

自分に声をかける習慣をつけて、ストレスを軽減しハッピーになろう!自分に声をかける習慣を身につけよう!というお話の第3弾!今回はなんだかモヤモヤす・イライラするなど、自分の気持ちがわからないとき編です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 248view

モヤモヤの元になっているできごとを聞いてみよう!

  • モヤモヤの元になっているできごとを聞いてみよう!
モヤモヤ・イライラなどの気持ち、さてどこから来るのでしょうか。

「最近、モヤモヤ(イライラ)と関係があることがあったかな?」
と自分に聞いてみると、あれかあれかな?くらいのヒントを自分が返してくれることがあります。

そんなに大きな出来事ではないけれど、あとから急に気になってくることも、人間には結構多いものです。

筆者自身もカウンセラーですが、自分の気持ちに気付くのに時間がかかることがあります。
そのときは笑ってごまかしていたことでも、結構ショックだったんだな、と感じることが多々あるはずです。

出来事が見えてきたら・・

  • 出来事が見えてきたら・・
出来事が見えてきたら、次にこんな声がけをしてあげてください。

「その出来事でイライラしていたんだね。大変だったね。」
そう!ねぎらいです。
心がざわついたわけですから、癒してあげましょう。

そして次に聞いてあげてください。
「そのときのどんなところにイライラしたのかな?」と。
これで問題の根本が見えてくるはずですよ。

例えばこんな場合は・・・

  • 例えばこんな場合は・・・
筆者のお話を例としてます。

娘は反抗期真っ只中です。
普段から筆者はいろいろとイライラしています。
がまんすることは簡単ですが、私は娘のためにもそれはよくないと思っています。

あるとき、私のイライラの原因の分析をしました。
するとその前の日、家庭教師のお姉さんが来たときに、ママである私の悪口やパパのことをからかうような発言があって、少し嫌な気持ちになったことを思い出しました。
もちろん、その場で怒ることもできたのですがそこまでのことはないと流していたのです。

私の気持ちは「残念」、「悲しい」という気持ちでした。
そのあと、娘に普通の会話の中で「昨日、家庭教師のお姉さんに対して、ママやパパの悪口を言っていたのを聞いて、悲しくて残念な気持ちになったよ。人の悪口は聞いている人も嫌な気持ちになるから、今度から言わないでほしいな。」
と言いました。

娘は「うん、わかった!」と普通に受け止めていました。
私もちゃんと言葉にしたことですっきりしました。

そうです!たいしたことがないことも重なると・・かなり辛いのです!

  • そうです!たいしたことがないことも重なると・・かなり辛いのです!
大人になると特に、たいしたことじゃないことでは、振り返ったりすることがありません。何せいっぱい出来事がありますからね。

でもモヤモヤも重なると、キツくなってきます。
モヤモヤの段階で、少しだけ自分に声をかけていきましょう。

そうやって自分を大切にしていると、少しずつ表情豊かな美人になっていくこと間違いなしですよ。
みなさんも、普段から気持ちを溜め込まず、素直な自分になってみてくださいね。
  • 歌うカウンセラーホーリー

    キャリア&メンタルカウンセラーときどきヴォーカリスト。
    小学生のママもやってます。少ない時間でいかに遊ぶかを考えるのが
    大得意。つまりよくばり♪特に働く女性が仕事も恋も家庭も趣味も~と
    楽しめる世の中にゆるく貢献していくのが目標!普段はだいたい
    大学生とワサワサしています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up