2016年の厄年・本厄は?神社お寺での厄除けと自分でできる厄払いの方法

2016年の厄年、本厄の年齢は把握していますか?厄年、本厄にあたる方は、ぜひ、厄除に行くことをおすすめします。普段の生活でも、自分でできる厄払いを実践すると、心身ともに健康に過ごすことができると思います。
今回は、厄年の厄除と、自分でできる厄払いの方法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 459view

厄年とは?2016年の本厄は?

  • 厄年とは?2016年の本厄は?
  • 出典: hitoomiiiii
2016年の本厄は、男性の場合1992年生まれ(25歳)、1978年生まれ(42歳)、1956年生まれ(51歳)で、前厄はそれぞれ年の一年後の生まれ、後厄はそれぞれの年の一年前の生まれです。女性の場合1998年生まれ(19歳)、1984年生まれ(33歳)、1980年生まれ(37歳)、1956年生まれ(61歳)が本厄にあたり、前厄・後厄の数え方は男性と同じです。
また、本厄の中でも大厄という「最も厄難が多いとされる時期」が存在します。男性の場合は1978年生まれ(42歳)、女性の場合は1984年生まれ(33歳)が大厄にあたります。厄年は一般的に使われている年齢とは違い数え年なので、生年と実年齢が合わないのはそのためです。

厄年だからといって必ず悪いことがあるとは限りませんが、改めて日々の健康や生活を見つめ直したり、幸せ願うためにも、厄払いや厄除けを行うことには大きな意味があります。古くから続いているしきたりがあり、それにいまだ多くの人が従っているということは、なにかしらの意味があるということです。

厄年、特に本厄にあたる人は神社・お寺に厄除けに行きましょう

  • 厄年、特に本厄にあたる人は神社・お寺に厄除けに行きましょう
  • 出典: juriheart
厄年、特に大厄の場合は厄除けに行きましょう。
西新井大師、川崎大師、観福寺大師堂、佐野厄除け大師など、有名な厄除け大師に行くのも効果的ですし、時間や距離の問題で難しい場合は近所の神社でも十分効果があります。厄除け大師は、時期によっては混みあいますが基本的には予約なしで祈祷してもらえます。

日頃お参りをする神社やお寺がある場合は、そちらで行うほうが望ましいでしょう。というのも、どこでどんな厄払いをしてもらったかということよりも、心も体もリラックスできる場所、普段から身近な存在である場所で行うことも重要だからです。人の出入りが少ない神社や、厄除けを行っているかわからない場合は、事前に電話で確認しておきましょう。

神社やお寺で厄除け(お祓い)をしてもらう時の流れ

  • 神社やお寺で厄除け(お祓い)をしてもらう時の流れ
  • 出典: m.chimoumaru
厄よけ(お祓い)の基本的な流れですが、まず社務所で受付を済まし玉串料を支払います。神社・お寺によって異なる場合もあるので、ホームページや電話で確認しておくのが無難です。「お気持ちの金額で」という場合は、相場である5千円が良いでしょう。社務所で一通りの受付を済ませた後は、順番に名前を呼ばれ本殿で厄除けが始まります。祈祷のあとにお守りや御札を渡される場合もありますので、厄年が終わるまで大切に保管しておきましょう。混み具合にもよりますが、祈祷自体は30分程度で終わることがほとんどです。

服装についてはあまり気にする必要はありません。正装が望ましいとも言われていますが、常識的な格好であれば問題ありません。近年は普段着の人も多いようですので、服装よりも、敬意を持って神様や仏様に接するという心構えのほうが大切です。

神社によっては自動車交通安全祈願、つまり車の厄除けを行っているところもあります。この場合は、自分の厄年というよりも、新しく車を購入した際や事故に合った後にいく人が多いようです。また厄除大師では方位除けを行っている場合もあります。これは厄年とはまた別のもので、引っ越しや移動をする前に行うのが一般的です。

自分でできる厄払いの方法

  • 自分でできる厄払いの方法
  • 出典: chiharusuda
次に、自分でできる厄払いの方法を紹介します。
先に述べたように、かならずしも「厄年」=「災難に遭遇したり、悪いことが起きる年」というわけではありません。厄年とされる年齢前後は、古来から苦労が多く、体を壊しやすい時期であったため、こうした風習が未だに続いているのです。男性と女性で厄年が違うのも、男性であれば働き盛りであるため心身ともに疲れやすい時期が厄年とされ、女性であれば子育てや体の変化が起こりやすい時期が厄年とされています。かといって、それだけかと軽視するのは危険です。注意が必要な時期ととらえ、日頃から意識することが大切です。

自宅や個人でも簡単にできる厄除けとしては、お守りを普段から持ち歩く、掃除をこまめに行う、お墓参りをする、基本的に大切とされている習慣を改めて意識して行うことです。特に掃除やお墓参りは念入りに行うと良いでしょう。汚れている部分、散らかった場所を片付けることは、心身ともに健康を呼び込みます。

塩で身を清める、お経を唱えるという方法も、昔は個人で行われていた自分でできる厄除の方法ですが、盛り塩や粗塩風呂の習慣は現代にはあまり浸透していませんし、正しいやりかたがわからない人も多いと思います。
普段やり慣れていないことや、難しいことを覚えて正しい厄除けを実践するよりも、自分の魂や健康状態が良くなるようイメージすることのほうが大切とも言えます。ですので、断捨離、模様替えなど、インテリアを自分好みのもので揃えて心地よい住まいにすることも厄除けとして効果があります。パワースポット巡りや、近所・職場の近くの雰囲気の良い神社・お寺に立ち寄り「心身とも健康で、平穏に暮らせますように」と祈願するのも良いでしょう。

些細な行動でも積み重ねることが大切です。毎日意識するだけで十分厄除けとしての効果が望めます。自分なりの厄除け方法を実践して、厄年を乗り切りましょう!
◇関連記事
ひな祭りは祓いの行事!季節のイベントを取り入れてココロをデトックス
あらゆる災難から身を守る!厄払いと魔除けのパワーストーン
四神相応による方位別!風水パワーストーン!その効果は?
2016年の開運アイテムを使って、お部屋を開運インテリアに模様替え
この行動で運気アップ☆2016年版!生まれ月別の開運をする行動
愛が深まる!恋愛運と結婚運を高めるパワーストーン
仕事がうまくいく!仕事運を高めるパワーストーン!
豊かなお金を引き寄せたい!金運・財運を呼ぶパワーストーン
  • ホワイト

    パワースポット、神社仏閣が大好きです!自分で行った場所、おすすめの場所を全国幅広くご紹介していきたいと思います♪

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up