アクセス良好!駐車場あり!三重県のパワースポット護国神社!

全国に数ある護国神社の中でも、今回は三重県の県庁所在地である津市にある護国神社をご紹介します。駅から近く、交通アクセスの良い場所にあるので全国から多くの観光客が訪れています。駐車場もあるのでお車でも安心です。護国神社の歴史から概要、交通アクセスまで網羅します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 465view

護国神社の歴史

  • 護国神社の歴史
  • 出典: blogs.yahoo.co.jp/check_your_dead_6/20774960.html
禁門の変・戊辰戦争から第二次世界大戦までの戦没者(三重県の)6万3百人が祀られています。明治2年に津の藩主、藤堂高猷公(とうどうたかゆきこと)が津八幡宮に小祀(しょうし)を建て、藩士の霊を祭ったことが始まりとされています。明治42年に現在の場所に移されました。昭和20年の空襲で一部が消失したものの、昭和32年には復興し、それから数回改築や新築が行われて今の姿になっています。第二次世界大戦の一時に、戦後の連合国による占領下では「三重神社」と呼ばなければならない時期がありましたが、その後の昭和28年に日本が独立したことをきっかけに元の名前に戻されました。

護国神社の概要

  • 護国神社の概要
  • 出典: kunio.raindrop.jp/photo-manyou-tsu.htm
普段の平日はひっそりとした神社ですが、毎年恒例の7月23日から25日に行われる、みたま祭りには多くの人が訪れます。約7000個の提灯が境内を飾り、幻想的な風景でいつもとは違った神社の風景を見ることができます。
1974年から行われているこのお祭りで、提灯のほとんどは遺族からの寄付で成り立っています。不況の影響か、毎年少しずつ提灯の数が減ってきているそうですが、いくつもの提灯が作り出す風景には圧巻されます。
期間中には点灯式や子供みこし、盆踊り大会などのイベントや催しものが開催されます。屋台も出ていて、車で信号待ちの人や通りすがりの人々が、ここで何が行われているんだろう?と興味深そうに見ている光景も見られます。
護国神社は平和と繁栄の守り神として崇敬されています。日々平和で豊かな生活を送れることを感謝して、日本全国から多くの人が参拝します。子供の神様としても知られており、「子供の成長」が掲げられているように、子供に関する行事も行われています。3月3日のひな祭りや、5月5日の端午の祭りがあり、子供が衣装を着て行う武者修行が有名です。

拝殿の近くには母の像があります。「強くきびしく優しかった母 おかげで今私たちがある お母さん ありがとう」という記念碑がその像の横にあります。「子供の成長」を掲げる神社というのも納得がいきます。この神社を参拝する人の中には、小さい子供連れのお母さんもいます。神社と言えば、狛犬を思い付くかもしれませんが、この神社は狛犬が特徴的です。耳が垂れていて、口を大きく開けています。そして他の狛犬は何かを踏みつけているものが多いのに比べて、ここの狛犬は何も踏みつけていないのも特徴的です。記念碑は昭和55年建立の第151聯隊慰霊碑、昭和51年建立の歩兵第133聯隊慰霊碑と歩兵第51聯隊慰霊碑、大東亜戦争プレート、行幸啓記念碑などがあります。儀式殿は伊勢神宮の「五丈殿」を頂いた格式あるものです。伝統的な挙式を執り行うことができる神社です。

交通アクセスと周辺情報

  • 交通アクセスと周辺情報
  • 出典: d.hatena.ne.jp/syura_muramasa/20110901/1314872501
三重県の津市にある神社で、近鉄電車もしくはJRの津駅で下車し、西口の改札を出て徒歩5分のところにあります。地元の人々は平日の混んでいないときに参拝する人が多い場所です。駅から近く、交通のアクセスが良いため県外からの観光客も訪れやすい場所にある神社です。車では伊勢自動車道の津ICから車で15分です。駐車場も神社前にあって便利です。万が一、駐車場が満車で止められないときも、駅周辺にはコインパーキングがたくさんあるので、車の駐車場所に困ることはありません。周辺には三重県庁舎や偕楽公園があります。偕楽公園は桜が有名な公園で、毎年春の花見の時期になると地元の人や観光客でにぎわいます。屋台もたくさん出ます。それ以外の時には、子供の遊具があるなど広い公園で家族連れやピクニックを楽しむ人々が訪れています。護国神社を建てたのと同じ、藤堂高猷公(とうどうたかゆきこと)が作った別荘の「御山荘」を起源としています。別荘の前は、藩主たちの鷹狩りの休憩するための御殿がありました。

まとめ

護国神社の情報はいかがでしたか?神社の歴史を知ってから訪れてみると、何も知らずに参拝するよりもいろんな感じ方ができることでしょう。神社巡りが趣味という方にも、三重県を観光するのに良い場所を探している方も、記事を読んで一度参拝したいと思っていただけたら嬉しいです。参拝した後は偕楽公園で体を動かして遊んだり、県立美術館(隣接しているフレンチレストランもおいしいと評判です。)を訪れてみたり、津市の名物のうなぎを食べに行ったりと、三重県の観光の際にはぜひ訪れてみてくださいね。
<基本情報>
名称:護国神社
住所:〒514-0006 三重県津市広明町387
電話番号:059-226-2559
三重 護国神社
■パワースポットの関連記事
三重県伊勢神宮!内宮と外宮にある強力パワースポット
他の神社とは違う!三重県、伊勢神宮のお守りの種類をチェック!
伊勢神宮に行ったら立ち寄りたい三重県のパワースポット猿田彦神社♪
ここは行っておきたい!2016年のおすすめ開運スポット3つ
晴れた日のプチトリップに訪れたい。関東のおすすめ強力パワースポット5選
衝撃★パワースポットはただ行くだけではダメ!守るべき順番があった
  • ホワイト

    パワースポット、神社仏閣が大好きです!自分で行った場所、おすすめの場所を全国幅広くご紹介していきたいと思います♪

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up