プチプラファッションは選び方4つ!おさえておけばいつでもイマドキ!

節約しているから洋服代にお金はあまりかけられないと、おしゃれするのを諦めていませんか?洋服を購入するときに気をつけるポイントと、服の合わせ方に気をつければ節約しながらでもおしゃれを楽しむことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 591view

シンプルなデザインを選ぶ

  • シンプルなデザインを選ぶ
  • 出典: tam_nakameguro
ユニクロやH&M、ZARAなどファーストファッションが人気の今は、安くで洋服が販売されているのでお金をあまりかけずに洋服の購入が可能な時代。しかし、購入するときに安いからと何気なく買ってしまっては、結局いらないものを増やしてしまうだけでおしゃれとは程遠くなってしまいます。そこで購入時に気をつけるべきことがあります。
それはできるだけシンプルなデザインを選ぶことです。ヒョウ柄、幾何学模様などの柄物やプリントがある服はそのシーズンしか着なかったり、飽きてしまったりすることが多いです。そうなるとまた新しい服がほしくなってまたお金がかかってしまいます。シンプルな洋服を選べば、長く愛用でき他の服とも合わせやすい利点があります。無地で着心地が良いものを選ぶようにしましょう。

コーディネートは3色までにおさえるようにしよう

  • コーディネートは3色までにおさえるようにしよう
  • 出典: www.shinisetsuhan.net/ibasen/products/detail.php?product...
洋服のコーディネートを考えるとき、どうしたらおしゃれで統一感があるように見えるでしょうか。ポイントはコーディネートするときに全体の色を3色までにおさえることです。これまで様々な色を組み合わせてきて、どう3色にして良いのか分からない場合は2色から始めるとわかりやすいかもしれません。黒+赤、黒+青のように黒をベースにして組み合わせを考えると統一感が出ます。3色の場合は、黒+赤+グレー、茶+赤+ベージュのようにします。3色以上をコーディネートに使って、おしゃれに見せる方法もありますが、慣れない人がするとごちゃごちゃした感じになるので3色までにおさえることをお勧めします。この組み合わせは洋服だけでなく、靴や小物も含めて3色にします。3色ルールを守るとコーディネートがしやすく統一感がでるだけでなく、ぞれぞれの洋服や小物も他と合わせやすいものを購入するようになるので節約をしながらおしゃれができるというわけです。

流行は小物で足せば充分!

  • 流行は小物で足せば充分!
  • 出典: www.dena-ec.com/user/28800618/sp/00000102703
シンプルな服を選びコーディネートの色を3色までにおさえると、なんだか地味で物足りないという人もいるかもしれません。そんなときに役に立つのが小物使いです。流行の色や柄、スタイルは小物で取り入れることで、低価格で流行のおしゃれや一味違うおしゃれを楽しむことができます。バッグ、帽子、アクセサリー、ストールやマフラーなど特に冬に活躍する小物も多いので、小物でアクセントをつけましょう。小物の中でもストールやマフラーは比較的低価格で購入できて、柄や大きさなど様々な種類が販売されているのでそれだけで雰囲気をガラッと変えることができます。飽きたり違うスタイルにしたいときは次のシーズンにストールやマフラーを買い替えたとしても、洋服を新しく買うよりはお金がかかりません。この際に気を付けてほしいのは、小物と言っても靴は高くてもできるだけ良いものを選ぶようにしましょう。ボロボロの靴だったり、歩いていて疲れるような靴を履いているとおしゃれには見せません。履きやすく歩きやすいのを前提に、靴は長く愛用できるスタンダードな1足を必ず用意しておきましょう。

今持っているものを見直してみて

  • 今持っているものを見直してみて
  • 出典: matome.naver.jp/odai/2136308986759024601/2136309012059121503
新しい洋服を購入したいと思ったときは、まず手持ちの服を見直してみます。季節が変わって衣替えをするときに、自分が持っていたことを忘れていた洋服があることに気づいたという人もいるでしょう。それと同じようにいつも自分が着る服というのは、だいたい決まっているので、たまには一度クローゼットの中を全部見直してみると、新たな発見があるかもしれません。手持ちの洋服を見直すときに、持っている服でいろんなコーディネートを考えてみます。今まで思いつかなかった組み合わせでも一度してみると、その時の自分の好みに合うこともあります。ここでうまくいけば新しい洋服を購入することなく新しいコーディネートで満足できることがあるのでやってみて損はありません。

もう着ないものはフリマアプリを活用しよう

  • もう着ないものはフリマアプリを活用しよう
  • 出典: www.nakano-inter.co.jp/recycle/market.html
見直してコーディネートを考えてみると、自分にはサイズが合わなくなっていたり好みが合わなくなって長い間着ていない洋服があることにも気づくでしょう。
その時はクローゼットの片隅に置いておくのではなく処分します。処分と言っても捨ててしまうのではなく、洋服の買い取りをしてくれるところに持って行ったり、家族や友人で欲しい人がいれば譲りましょう。洋服をお店に持って行って買い取りをしてもらうと、ブランド品でない限りたくさん持ち込んでも買い取り価格が数百円という場合が多くあります。

そこで「メルカリ」というアプリを利用して、自分で洋服を販売するのがおすすめです。無料の会員登録をして、自分の売りたい物の写真を撮り、サイズやその物の説明を書くだけでアプリの利用者があなたの商品を閲覧できるようになります。興味を持った人からメッセージが来たり、購入したいと申し出があったりするとその都度返事をしたり、質問に答えたりします。自分で商品を梱包し、発送しなければならない不便さはありますが、好きな金額をつけることができるのが最大の利点です。商品が売れたときに手数料がかかりますが、商品の登録に手数料がかからないので、売りたいものをどんどん登録しておきましょう。
◼︎関連記事する記事
これからママになるあなたに…チェックしたいママさん向けSNSサイト3選
専業主婦からの脱却!好きな仕事を手に入れた方法
ワーママ転職必勝法!人材紹介会社は複数登録すべし
いくつになってもできる!ベビーマッサージ~ママを活かせる私のお仕事~
親子のコミュニケーションにも!キャラ弁がおすすめのわけ3つ
  • Kurera編集部

    Kurera編集部が、生活に役立つ情報をお届けします。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up