新幹線が35%オフも?!行き先別お得な切符の活用術

帰省や旅行、新幹線を使う機会が多い方は、少しでも安く買いたいと思いますよね?ここでは、行き先別に新幹線のお得な切符をご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1235view

【東北や北陸、長野や新潟なら、えきねっと予約で最大35%オフ】

  • 【東北や北陸、長野や新潟なら、えきねっと予約で最大35%オフ】
  • 出典: newswide.asia/archives/855
えきねっとで事前予約すれば、最大35%オフとかなりお得です。
いま話題の北陸新幹線も割引対象です。東京から長野まで、通常7,680円が35%オフで4,190円。大人1人で3,490円もお得。家族4人(大人2・子供2)の往復なら20,940円もお得です。夏の行楽シーズン(お盆以外)も使えるので、お得に夏旅してみては?ただし、どの列車でも対象というわけではないので、サイト内でよく調べてから予約の手配をおすすめします。

えきねっとのサイトが使いづらいのが難点。クレジットカードの登録も必須です。
簡単にまとめていらっしゃる方がいたので参考に。
  • ”【割引チケット予約の流れ】

    ※下記の流れにそって【ここをクリック】をクリックすれば迷子にならないと思います。

    1・クレジットカードを用意する
    ↓↓
    2・【ここをクリック】して →「えきねっとトクだ値」の会員登録にすすむ
    ↓↓
    3・規約を読んで「同意する」をクリック
    ↓↓
    4・メルアドを入力して送信 → メールを受信する → メール本文の本登録リンクをクリック
    ↓↓
    5・お客様情報を入力つづけてクレジットカード情報とメルマガ
    ↓↓
    5・クレジットカード情報を入力&メルマガの設定
    ↓↓
    6・「登録」して完了!

    【予約後の流れです】

    1・予約完了メールを保存しておく
    ↓↓
    2・後日「予約確定メール」か「予約ができなかったメール」が届く
    ↓↓
    3・予約できなかった場合は、急いで再予約をする
    ↓↓
    4・予約後の変更や払い戻しが必要な場合は[会員メニュー]から変更できる
    ↓↓
    5・切符を受け取りに行く(出発直前までに) → お受取り・お支払方法 
  • 出典:http://vegepples.net/2013/06/22/tokudane/
えきねっと

【東京から小田原・熱海へも新幹線がお得】

  • 【東京から小田原・熱海へも新幹線がお得】
  • 出典: blog.goo.ne.jp/pony4649_2006/e...
東京から小田原・熱海へいくなら、新幹線おでかけ切符というものがあります。
東京⇔小田原が往復4,630円、東京⇔熱海が往復5,450円と新幹線の通常料金よりも1,890円もお得です。

東京→熱海にいく場合の往復比較

快速アクティ 3,880円(109分)
小田急特急  4,760円(117分)(小田原のりかえ)
新幹線お出かけ切符 5,450円(48分)
特急踊り子号 6,560円(80分)
新幹線通常  7,340円(48分)

時間のある場合は、東京駅から快速アクティを利用するのが一番安いです。子供が一緒の場合など、時間もかけたくない!さらにに席も選びたい場合は、やはりお出かけ切符の利用が一番お得なのではないでしょうか。
ただし、この切符、GWやお盆など繁忙期は利用できないことと、大人2名以上の同一旅程でないと購入できませんのでご注意ください!
新幹線お出かけ切符

【繁忙期ならこれ!東海道新幹線のぷらっとこだま】

  • 【繁忙期ならこれ!東海道新幹線のぷらっとこだま】
  • 出典: www.otodoke.biz/travel/archives/oosaka-yasuku-go.html
東京から、静岡・浜松・名古屋・京都・大阪行きの安い新幹線は、ぷらっとこだまです。通常期であれば、静岡まで通常6,350円のところ4,600円と片道1,750円もお得です。
こだま利用なので時間がかかりますが、静岡までならひかりとこだまの時間差は約20分と大きな違いはありません。この切符のいいところは、繁忙期も設定があるところです。料金は少しあがりますが、お盆や年末年始もお得にお出かけできちゃいます。さらに、ぷらっとこだまのチケットは1ドリンクつきと、ちょっと得した気分になります。
ぷらっとこだま予約
今回は、東京を起点にお出かけする場合に利用頻度の高そうなお得な新幹線切符をご紹介いたしました。こんなにお得になる旅行、ぜったいオススメです!
  • mikan

    Kurera編集部のメンバー。2歳の男の子のママで、時短勤務中です。仕事と育児をいかに効率よくこなすかを日々考えています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up