簡単♡ハンドメイドでお小遣い稼ぎ♡手軽に使えるアプリ2つ

アクセサリーや布小物などハンドメイドが得意な人は、今まではフリーマーケットで販売したり、自分のお店を持ったり、お店に自分の作品を置いてもらったりというのが主流でした。最近はアプリで簡単に手作り品を登録して販売できるサイトがあり人気を集めています。今回はminne とCreemaという2つのサイトをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1212view

minneとは

  • minneとは
  • 出典: www.itmedia.co.jp/news/articles/1510/22/news079.html
minneは水川あさみさんがCMをしたことでも知られている手作り作品を販売できるサイトです。

入会金や商品の登録料は全くかからないので作品とインターネットができる環境、写真があればすぐにでも始められます。
メールアドレスかFacebookアカウントで会員登録をして、振込先の口座を入力。作品の登録をすれば販売開始と、インターネットに詳しくない方でも簡単にできちゃいます。

作品の料金設定は300円から可能で自分で好きな値段をつけることができます。作品が売れた時に販売手数料が作品の価格の10%かかります。1か月分の売り上げと送料の合計金額が月末しめで翌月末に指定の銀行口座に振り込まれます。1回の振り込み手数料は172円で売り上げと送料の合計金額が1000円未満の場合は翌月に持ち越されます。

minneではお気に入りされた数、フォローした数、フォローされた数というのが見れます。お気に入りされた数は合計だけでなく、それぞれの作品がどれだけの人にお気に入り登録されたのか一目でわかるので人気の出る作品はどんなものなのかという目安になります。

Creemaとは

  • Creemaとは
  • 出典: www.tokyo21.jpn.org/blog_handmaidmarket
基本的にはminneとほとんど変わりがありません。

作品と写真があれば誰でもすぐにネットで自分のオリジナル作品を販売することができます。minneとの違いは作品の設定金額が500円からとminneより少し高めの設定になっていることと、売り上げ金額の振り込み方法について違うシステムがあります。1か月に1度、1000円以上の売り上げがあれば自動で口座に振り込まれるminne と違って、Creemaでは自分の好きなタイミングで売り上げの支払い申請ができます。申請した翌月末に指定の口座に振り込みされます。振り込み手数料は売り上げ金額の合計が3万円未満の場合は172円で3万円以上の場合は270円です。

こちらは作品のお気に入りされた数だけでなく作品が見られた数というのも表示されるので参考になります。

継続して販売するコツは、リサーチと写真

  • 継続して販売するコツは、リサーチと写真
  • 出典: cielo.ku.an
作品の登録はとても簡単ですが、大変なのは実際にその作品が売れるかどうかです。

まずは料金の設定ですが、自分の作品と似たような作品がどれぐらいの価格で販売されているのか、人気のある商品の良いところと価格設定など他の人の作品を徹底的に研究して自分の作品の料金を決めます。ただ安いから売れるというのでもないし、高いだけで作品に魅力がないならもちろん売れません。本当に売りたいと思ったら他店(他の人のギャラリーや作品)のリサーチは必須です。

次に写真の撮り方です。作品は店舗とは違って実際に手にとって見ることができないので写真がすごく重要になってきます。自然光をたっぷり取り入れて作品が魅力的に見えるようなレイアウトを考え、とっておきの写真を撮りましょう。どちらのサイトも写真を最大5枚までアップロードできるのでなるべくたくさん写真を載せて作品の魅力を伝えましょう。

写真と同様に店舗で店員さんがお勧めしたり、POPがないため商品説明の文章が重要になってきます。作品の長さ、大きさ、重さ、素材、コーディネートの仕方、便利な点などとにかく説明をしっかりとすることで魅力を存分に伝えます。他店のリサーチでもわかることですが、説明文が比較的長くて詳細に記載されているところほど注文数が多く、人気のあるギャラリーだということがわかります。

売れた後が重要!梱包は丁寧に。レビューも忘れずに。

  • 売れた後が重要!梱包は丁寧に。レビューも忘れずに。
  • 出典: 1_gemini333
めでたく作品が売れたら、丁寧に梱包してお客様に発送しましょう。

発送の仕方は作品の登録の際に自分であらかじめ選んでおくか選択肢を用意しておいてお客様に選んでもらいます。定型郵便、定形外郵便、宅急便など、どの発送方法が自分の作品にとって適しているのか調べておきましょう。

発送が終わって作品がお客様に届いたら満足して頂いた方がレビューを書いてくれることがあります。このレビューがまた重要で、これからあなたの作品を買いたいと思った人達があなたのお店や作品を信頼して買ってくれるかどうかという決め手になります。満足したからと言って、必ずしも皆がレビューを書いてくれるとは限りませんが、書いてくれる人を大事に自分もレビューに対して感謝の気持ちやコメントを書くことを忘れないようにしましょう。

悲しいことにレビューでは良いことばかりではないこともあります。梱包の仕方が悪く作品が届いたときには壊れていた、サイズや素材など記載の説明とは違うものだったなどというレビューが届くこともあります。その時は精神誠意、対応をし2度と同じことが起こらないよう改善していく必要があります。

簡単に登録ができてプチ稼ぎになるサイトを2つ紹介しました。手作りが得意な方はぜひ作品の登録をして自分の腕試しをするとともにプチ稼ぎでどれだけ作品が売れるのか頑張ってみてください。
  • Kurera編集部

    Kurera編集部が、生活に役立つ情報をお届けします。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up