お買い物は計画的に!意外とできていない買い物術

安くて良いものを買うのは当たり前。いつも同じスーパーに気がむいた時に行って買い物していては余分にお金を払い続けていることになります。スーパーの戦略に騙されず、計画的に買い物をするコツをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1132view

新聞をとっていなくても大丈夫。チラシはここで見る!

  • 新聞をとっていなくても大丈夫。チラシはここで見る!
  • 出典: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toppan...
Shufoo!というアプリをご存じでしょうか?
新聞のチラシがなくてもアプリでスーパーや薬局のチラシをタイムリーに見ることができる便利なアプリです。アプリをダウンロードして現在地から検索すると近くのスーパーや薬局が表示されるので自分のよく行く場所や気になる場所を登録しておけば、その店舗のチラシやお得な情報をアプリでいつでも見ることができます。

スーパーへの買い物は行ってから安いものや欲しいものを手当たり次第に買っていては節約になりません。あらかじめどのスーパーで何が安いのか、日用品ならどこの薬局で一番安く買えるのかをリサーチしてから計画的に買い物をしなければなりません。スーパーによっては朝市や夕市のように同じ日でも時間指定で野菜やお肉が安くなることもあるし、日付や曜日によって安いものが違ってきます。それぞれのスーパーの特売日がすでに分かっている人にはあまり役に立たないかもしれませんが、引っ越しをして近所のスーパーで何がいつ安いのかわからない、今まであまり気にしないで買い物をしてきたという方などには特におすすめのアプリです。

買うものメモを作って持参する

  • 買うものメモを作って持参する
  • 出典: www.applefan2.com/33082
チラシを見ただけでは実際にスーパーに行ったら他のものに目移りしてしまったり、買うべきものを買い忘れてしまったりという失敗をしやすくなります。

チラシを見たら買うものメモを作ります。チラシで見た安い食材で献立をパッと考えられるのが理想ですが、できないなら使いまわしのきく野菜(じゃがいも、人参、玉ねぎなど)を買って何でも使えるようにしましょう。この3つの野菜があればカレーやシチュー、ポトフ、肉じゃがなどその時に安いお肉や魚を買い足すことで1品おかずができます。

1週間の献立をきっちり考えてしまうと、高くてもその食材を揃えなければという気持ちになってしまいがちなのでメインだけなど大まかに献立は考えておくとよいでしょう。そして重要なのは書いたメモを忘れないこと。せっかく書いたメモも忘れてしまっては意味がありません。

空腹時はNG!買い物に行くタイミング

  • 空腹時はNG!買い物に行くタイミング
  • 出典: health.kihon.jp/diet/4035
空腹時の買い物は絶対にやめましょう。
お腹がすいている時に買い物に行くと買い過ぎてしまう傾向にあります。例えば会社の帰りにお腹がすいている状態で買いものに行くと、家に帰ってご飯を作るのが大変だからお惣菜や出来合いのお弁当を買ってしまいがち。またご褒美にとデザートやお菓子などを買ってしまう確率も高くなるのではないでしょうか。

理想はご飯を食べて満腹の状態で買い物に行くことなので、例えば休日の朝ごはんを食べてからなどですが、どうしても会社帰りに行きたいということならアメでも何か少しお腹を満たしてから買い物に行くようにしてみると良いでしょう。

白ごはんを欠かさない

  • 白ごはんを欠かさない
  • 出典: www.officiallyjd.com/archives/235646/20130402_momokuro_29
意外と節約になるのがいつも白ごはんを欠かさないことです。炊飯器で炊いたご飯を保温状態のまま置いておくのは電気代がかかるので保温を消してその日に食べきったり、食べきれないならラップに包んで冷凍しておきます。どんな方法でも絶えず白ごはんを常備しておくことによって、休日に外出しても晩御飯は家で食べようと思ったり、仕事に行く日は簡単なお弁当もしくはおにぎりを持参しようと思えます。買い物に行くときも同様で、白ごはんが家にあると料理を作るのが面倒で何か買って帰ろうと思っても出来合いのお弁当の代わりにお惣菜を買うだけで済むので節約になります。

棚をよく見て、本当にお得なものをチョイス

  • 棚をよく見て、本当にお得なものをチョイス
  • 出典: ririta.exblog.jp/8360065
スーパーでは買い物客が思わず買ってしまうような商品のディスプレイや店の仕組みがあるということを知りましょう。全体的に目線の高さに陳列されている商品はお店側が売りたい商品であることが多いです。同じ種類のもので別のブランドではもっと安くて良いものが下のほうのあまり見えないところに置いてあったり、品数が少なかったりとお店側の戦略で買わされるのではなく自分が本当に欲しいものをしっかりと見極めましょう。最近ではスーパーのオリジナルブランドが浸透してきたので安くて良い商品をお店側が売りにしていて陳列の見やすいところに置いてあるというのもよくありますが、大事なのは自分の見極めです。効果的なディスプレイには惑わされないようにしたものです。

レシピ冊子やカードは必ずチェック。調べる手間を省けます

  • レシピ冊子やカードは必ずチェック。調べる手間を省けます
  • 出典: magazine.kakaku.com/mag/woman/others/id=819
スーパーで買い物をするだけではなくお得な情報をゲットしてから帰りましょう。多くのスーパーでは入り口や食材の近くにレシピの紙が置いてあることが多くなってきました。レシピサイトを見て献立を考えて買い物という流れでは高い食材をその献立のために買ってしまうという恐れがありますが、スーパーで安くで買えると分かっている食材のレシピをもらうことで買った食材を無駄なく使うことができます。時間の面でも新たにレシピを検索したり考えたりしなくて良いので時間の節約にもなりますよ。

■関連記事「食費を節約するには」
究極の節約食材「もやし」を活用する
野菜の保存と使い方で食費を節約
小麦粉を使って上手に節約
栄養満点の節約食材!レバーの使い方
節約につながる野菜の選び方
究極の節約!缶詰の上手な活用法
時間をかけずに美味しい!節約お弁当
食費を抑える買い物術
  • mikan

    Kurera編集部のメンバー。2歳の男の子のママで、時短勤務中です。仕事と育児をいかに効率よくこなすかを日々考えています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up