秋に日本酒飲むならひやおろし!初心者でも飲みやすい2選ご紹介

秋に日本酒を楽しむなら、ぜひ堪能したいのが「ひやおろし」です。実は一年を通して、秋にしか堪能できないのが、ひやおろしの魅力の一つ。今回は初心者でも飲みやすい、おすすめのひやおろしを2つご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 360view

ひやおろしとは

  • ひやおろしとは
ひやおろしとは、冬の新酒を一度火入してから秋まで貯蔵し、その後火を入れずに出荷したお酒のことをいいます。いわゆる新酒ですが、秋にしか販売されないことから、秋のお酒として知られています。

他の時期のお酒と比べて、より濃厚な旨味を楽しめる、日本酒好きの間では有名なお酒ですが、意外とひやおろしの存在は、それほど知られてはいないようです。

しかし、濃厚な旨味を思う存分堪能できるからこそ、今まで日本酒を飲んだことのない人や、日本酒があまりい好きではない人も楽しめるお酒となっています。

そこで今回は、日本酒初心者がおもわず「日本酒って美味しい!」と言いたくなるような、おすすめのひやおろしを3つご紹介します。

1. 春鹿 純米吟醸生詰酒 ひやおろし

  • 1. 春鹿 純米吟醸生詰酒 ひやおろし
  • 出典: item.rakuten.co.jp/sakesawaya/har-junhi-7
奈良を代表する蔵元・今西清兵衛商店から販売されている、人気の日本酒「春鹿」のひやおろしです。

辛口ながら口当たりよくフルーティという、春鹿の良さはそのままに、よりフルーティさが増した印象に仕上がっています。

2016年は9月上旬から発売予定。720mlと1800mlの2タイプがあるので、まず試してみたいという方は、720mlを購入してみてはいかがでしょうか。
春鹿 純米吟醸生詰酒 ひやおろし

2. 真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし

  • 2. 真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし
  • 出典: www.sake-matsumoto.com/item/h-masumi1800
長野県を代表する日本酒銘柄「真澄」のひやおろしです。

日本酒として強烈に味を主張するわけではなく、一緒に食べる料理をうまく引き立たせてくれるようなお酒なので、お酒が苦手な人にもおすすめです。辛口でのどごしもよく、つい料理が進んでしまいますよ。

そんな真澄のひやおろしは、より香り高く、美味しさが凝縮された印象の逸品です。

2016年のひやおろしは9月9日発売予定。720mlタイプ以外に、日本酒には珍しい1500mlタイプも用意されています。秋の味覚とともに、ぜひ深い旨みを堪能してみてください。
真澄 山廃純米吟醸 ひやおろし

秋しか楽しめない日本酒を楽しんで

ひやおろしは9月頃、期間限定で販売されるお酒です。これまで日本酒にチャレンジしたことのない人はもちろん、日本酒は好きだけれど、ひやおろしは飲んだことがないという人も、ぜひ今年ひやおろしを楽しんでみてはいかがでしょうか。
■関連記事
● 冬に飲みたい熱燗!オススメの日本酒の種類と温度、燗のつけかたなど
● 【レシピ】さむ~い冬でも体ポッカポカ!ホット落ち着くホットカクテル
● 恥をかかないために知っておきたい!世界のお酒のマナー
● 女性の間で大人気♪ 流行りのスパークリング清酒
● 新酒は12月からが最盛期!日本酒の種類と特徴を知って美味しく飲もう!
他のお酒に関する記事を読む
  • こちゆう

    現在北海道釧路市に住んでいるフリーランスライターです。WEBライティングからパンフレットの文章作成・校正、キャッチコピーなど、さまざまなことをやらせて頂いております。旅行と歌と動物が好きな30代女性です。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up