【おすすめの本】読書の秋到来!3問だけであなたにぴったりの本をご紹介!

秋は読書と食欲の季節と、昔から相場がきまっています♪いつも仕事に追われているあなたも、この季節だけは読書をして女性としての知性を上げてみませんか?心理カウンセラーのわたくしオハナが、あなたにおすすめの本を簡単な心理をもとに、ご紹介したいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 116view

なぜ秋は読書の季節なのか

  • なぜ秋は読書の季節なのか
まず、みなさんあまり深く考えていないかもしれませんが、なぜ秋は読書の季節だといわれているか、その由来をご存じでしょうか?と、難しくいってみましたがこれは答えは簡単です。日照時間が短くなることで、夜が長くなってきます。このことから、読書にふけるのにぴったりだといわれているのです。どうでしょうか、想像したとおりでしたか♪

しかも、秋の平均気温は14~16度となり、脳がもっとも活性化するからなのだとか。なるほど、いわれてみたら夏場は頭がぼ~っとして読書をする気分になれなかったかもしれません。

さっそくテストをしてみましょう!

何も難しいことはありませんよ。質問に対して、難しく考えずに普段の素直な自分のままでイエスかノーでOKです。


Q1.常に考えることが大好きで、なんてことないことでも深読みしてしまう癖がある。

Q2.恋愛モノがだいすきで、自分の年齢に関係なく学生のさわやか恋愛ストーリーから熟年のテーマ性のある恋愛ストーリーまでなんでもこい!

Q3.なにかとこころが疲れやすい性格だ。

■Q1.に対してイエスと答えたあなた。

・東野圭吾・著「禁断の魔術」をおすすめします。
この小説は、もうご存じの通り福山雅治さんが主演の「ガリレオ」の原作です。すべてにおいて、この本の内容は脳をふんだんに働かせるストーリーです!ドラマ先行の方も、シーンを思い浮かべながら読書するのもかなりたのしいと思いますよ。
  • 出典: www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refISBN=978-4-16-381690-6
禁断の魔術
  • 出典: ultimate-ez.com/2014/02/16/3308
・山口 雅也・著「生ける屍の死」をおすすめします。
山口雅也氏のデビュー作であるこの本は、「死」をテーマにしたミステリーであると同時にさまざまなことを考えさせられる一冊となっています。ミステリーでありながらユーモアもちりばめられているので、かなり面白く読めそうです。
生ける屍の死

■Q2.に対してイエスと答えたあなた。

  • ■Q2.に対してイエスと答えたあなた。
  • 出典: mrixo24.hatenablog.com/entry/2014/10/12/180753
・江國 香織・著「冷静と情熱のあいだ」をおすすめします。
この本は江國 香織・著の赤と辻仁成・著の青とにわかれていて、それぞれを読むことが物語りが見えてくるようです。切なくも忘れられない、そんな恋を疑似体験することができてしまえる、この本です。繰り返し何度でも読みたくなる一冊といえそうです。
冷静と情熱のあいだ
  • 出典: www.shinchosha.co.jp/order/130702
・宮本輝・著「錦繍」をおすすめします。
大人の男女が愛しながらも別れて、その後再会をする・・・という内容です。この小説は1982年に発表されたもので、前編往復書簡で綴られています。これは、いまのわたしたちには新鮮に感じるのではないでしょうか。読んだ後には必ず感動が押し寄せる、といわれている一冊です。
錦繍

■Q3.に対してイエスと答えたあなた。

  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up