【プチプラコスメ】目元の印象アップ!大人も使えるプチプラアイメイク♡

プチプラコスメの中で、ぜひ使ってもらいたいアイメイクアイテムをご紹介します。安いとは思えない、ブランドもののコスメに負けない発色や落ちにくさを実現していますよ♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 203view

《プチプラコスメ》おすすめアイシャドウ

  • 《プチプラコスメ》おすすめアイシャドウ
  • 出典: woman.infoseek.co.jp/news/bodycare/anannews_1871
プチプラコスメのアイシャドウはギラギラ光るラメが入ったものが多く、大人向けのものは少ない印象ですが、ヴィセのシマーリッチアイズは上品なラメと発色の良さが魅力です。付属のチップでささっと塗るだけで色ムラもできず、グラデーションも簡単に作れます。色持ちも抜群で、夜までしっかりとアイメイクが残るので、お化粧直しの手間も省けますよ。
明るい色と暗い色の濃淡がはっきりした配色なので、実際に目の周りに使うと立体的なアイメイクが完成します♡プロも愛用者の多い某ブランドの人気のアイシャドウと、ラメ感も発色の良さも互角!お値段は1/3程度なので、とってもコストパフォーマンスが良いです。

《商品概要》
・メーカー:コーセー
・商品名 :ヴィセ リシェ シマーリッチアイズ
・価格  :1,512円(税込)程度

《プチプラコスメ》おすすめアイブロウ

  • 《プチプラコスメ》おすすめアイブロウ
  • 出典: k-palette.net/es_eb
最近はナチュラルな太眉がトレンドなので、パウダータイプのアイブロウが人気ですよね。今回ご紹介するK−パレットのエッセンスインアイブロウは、ペンシルとパウダーの両方が使える多機能アイブロウペンシルです。パウダーの方がふんわり自然に仕上がるけれど、パウダーのみでは薄くなってしまう部分や、細かい部分はやっぱりペンシルの方が書きやすい!と言う方も多いと思いますので、1本で両方が使えるのは嬉しいですね。ダブル使いで仕上りはふんわりとした自然な印象なのに、かなりの落ちにくさを実現していてとっても優秀ですよ♡
プチプラコスメというには少し高めの1,500円程度ですが、ペンシルとパウダーの両方を使えると思えば、コストパフォーマンスはかなり良いと思います。

《商品概要》
・メーカー:木下製薬
・商品名 :K−パレット エッセンスインアイブロウ
・価格  :1,512円(税込)

《プチプラコスメ》おすすめアイライナー

  • 《プチプラコスメ》おすすめアイライナー
  • 出典: magazine.maho.jp/fashion/iclub_event01
最後にご紹介するのが、ヴィセのスーパースリム ジェルライナーです。スルスルとなめらかにラインが引けるジェルタイプのアイライナーで、1.5mmという超極細芯なので、ナチュラルなアイメイクが完成します。おすすめは若くなりすぎない絶妙な色味のブラウン(BR320)です。ブラウンのアイライナーは茶色すぎてギャルっぽくなってしまったり、印象が薄くて目がぼやけてしまったりするものもありますが、こちらのブラウンはどんな人にもマッチして目をぱっちりと見せてくれます。汗や水に強い上に目をこすったりしてもまったく落ちないので、1本がかなりの期間使えて、コストパフォーマンスも良いですよ♡
落ちにくくて細いラインが引けて描きやすくて落ちにくい。全てが揃った優秀アイライナーです。

《商品概要》
・メーカー:コーセー
・商品名 :ヴィセ リシェ スーパースリム ジェルライナー
・価格  :1,026円(税込)程度
こちらの記事ではプチプラのリップ&チークをご紹介しているのですが、ヴィセシリーズのメイクアップアイテムは本当に優秀です。ラインで揃えても5,000円でおつりが来るくらいなので、ブランドもののコスメ1つ分くらいですね。
日本人に合うカラーバリエーションが揃っているので、ぜひ使ってみてください。
◇関連記事
【プチプラコスメ】崩れにくくてコスパ良し!おすすめのファンデーション♡
【プチプラコスメ】落ちる!潤う!美白できる!安くておすすめスキンケア♡
【プチプラコスメ】ヘアメイクのプロも愛用のリップ&チークはコレ♡
【プチプラコスメ】これは買い!kateのCCリップクリームがかわいい!
【プチプラコスメ】安くて優しくてよく落ちるビオレのクレンジングジェル♡
他のコスメ・メイクの記事を読む
  • saya

    東京都在住の主婦です。33歳。今年から夫の実家で義両親と同居中。
    趣味は映画と旅行、自分好みのパンを探すこと。スーパーやコンビニ、町中の飲食店などの新製品や話題のアイテムを試すのも大好きです。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up