今年も残り4ヶ月!年末までにやりたい事を30個書き出そう

今年はどんな1年でしたか。2016年も3分の2が終わり、残り4か月です。来年やればいいや、気が向いたときでいいや…と後回しにしていると、結局やらないという結果に陥りがちです。機会があればやるけど…などと思っていると、焦ってやることになった、ということになり、後悔や無駄がでてきてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 717view

スマホやPC内ではなく、実際に書くことが大切!

  • スマホやPC内ではなく、実際に書くことが大切!
毎日見る手帳に書く、紙に書いて部屋に貼っておく、など、日頃から意識できる状態にしておきましょう。ただの理想や思いつきで書くのではなく、実際にやる!という気持ちでいること、それを毎日意識することが大切です。

まずやりたいことから書いてみる

  • まずやりたいことから書いてみる
1番やりたいこと、今年の目標をまず1番上に大きく書いてみましょう。もちろん、すでにとりかかっているけれどまだ達成できていないことでもかまいません。これだけは今年中にやりとげる!と1番強く思ったことにしましょう。「やらなければならないこと」よりも「やりたいこと」を書くほうが好ましいです。ネガティブなことや、義務的なことを書く必要はありません。これができたら楽しい、これが終わったらすっきりする、これを今年中に片付けておきたい、などメリットがあることを思いつくだけ書き出してみましょう。

簡単なこと、すぐにできることでも忘れずに書く

  • 簡単なこと、すぐにできることでも忘れずに書く
「今年中にやりたいことが30個もない!」と思うかもしれませんが、しっかり考えてみればそんなことはないはずです。大きな目標を30個書く必要はありません。4ヶ月で達成できる可能性が低いものばかり書いても意味がないので、先延ばしにしてきたこと、その気になればすぐにできることなども気にせず書いてみましょう。部屋を見回したり、趣味、友人、家族などの人間関係を改めて考えてみると、案外簡単に30個見つかるはずです。

例えば「一度は家の大掃除をする」「持っていない種類のお香を注文する」「一度入ってみたかった喫茶店に寄ってみる」「気になっている人を食事に誘う」「去年はメールだけで済ませてしまった親の誕生日、今年はきちんとプレゼントを用意する」など、やろうと思えば明日にでもできそうなこと、簡単だけれど自分も他人も幸せになれること、心のリフレッシュなどを入れてみるのも良いことです。

簡単なことでも結局やらないということが問題で、その経験を積み重ねてしまうといろいろなことに消極的になってしまったり、行動できなくなる癖がついてしまいがちです。簡単なことでも全部やりきることが、充実した生活には大切なことです。

達成したもの、できたことにはチェックを!

  • 達成したもの、できたことにはチェックを!
達成したこと、できたと思ったことにはチェックを入れるようにしましょう。今いくつできた!あと何個ある!と毎日意識できる状態にしておくとわかりやすくて良いですね。残り3か月…2か月…1か月…と年末が迫ってきたときにペース配分もしやすいはずです。

自分へのご褒美を設定する

  • 自分へのご褒美を設定する
「5個達成できたら美味しいものを食べに行く」「1ヶ月以内に10個できたら欲しかったものを買う」といった調子で、半分達成したら…全部達成したら…と、自分へのご褒美を作っておくとやる気もアップします。

やりたいことが30個も見つからない場合は…

  • やりたいことが30個も見つからない場合は…
30個思いつかなくても、ただの思いつきはできるだけ書かないようにしましょう。出会いも少なく好きな人もいない状況で「今年中に彼氏を作る」と書いてしまうのはNGです。「今年中に気になる人を見つける」「1キロでも痩せる」「衣装ケースを整理する」「年賀状を送る」など、自分の生活を見つめ直せば、簡単に30個見つかるはずです。

2ページ目につづく!
◆2016後半の運勢の関連記事
【2016年後半*恋愛運】12星座の恋愛運を紐解く!
【2016年後半*金運】12星座の金運を紐解く!
【2016*後半*全体運】12星座から見る2016後半の運勢!
《2016年*後半》あなたが本当に気をつけるべきポイント辛口チェック!
他の占いの記事を読む
  • Miyou

    30代前半、主婦業のかたわら占い関係のお仕事をしています。占い師である母から占い関係の知識を学びました。スピリチュアルなお話に抵抗がある方にも読んでいただけるよう、幅広く掲載していきます♪

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up