月の力は偉大!頑張る女子に力をくれる月のメカニズムとは

満月の日は出産が多い、生理になりやすいなどと言われていますよね。月と女性のカラダは密接な関係を持っています。しかし、すべての女性が満月付近に生理が来るとは限りません。その理由は、カラダの状態、特に老廃物がたまっているかどうかによるところがあるといいます。月の満ち欠けと女性のカラダの状態について見ていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 155view

新月から満月へ移行する期間は吸収のとき

  • 新月から満月へ移行する期間は吸収のとき
月が膨らんでいくこの時期は、吸収力が高まります。食べ物からの栄養分が吸収しやすいのはカラダにとってよいことですが、脂肪もつきやすいのでダイエットにはあまり向いていません。この期間にやりたいのは、エステ。美容液などの浸透がよく、効果が期待できます。特に吸収力が最大になる満月の日に合わせて、頑張っている自分への労いもこめたスペシャルケアなんていうのもいいですね。

満月から新月へ移行する期間は排出のとき

  • 満月から新月へ移行する期間は排出のとき
月が欠けていくこの時期は、デトックス効果が高まります。体内にある不要なものを外に出す時期ですから、ダイエットに適しています。また、マッサージやストレッチでむくみをとったり脂肪を燃焼させたりするのも、効果が表れやすいでしょう。心身ともにリセットされ、新しいものを取りいれやすくなります。新しいことを始めるなら、新月の日にスタートラインに立ってみるといいですね。

新月には願いを叶えるパワーがある

  • 新月には願いを叶えるパワーがある
新月に願いごとをすると叶いやすいといわれていますが、それはなぜ?新月は目には見えません。月が持つパワーがぎゅっと凝縮された状態だといえます。ゆえに、新月から満月に向かってこれから放出されていくパワーをもらうために、新月に願いごとをするとよいのです。ただ、やみくもにお願いするのではなく、最大限に効果があらわれるようにしたいもの。正しい方法を見てみましょう。
『新月になって8時間以内にお願いごとをする』
これは結構重要です。新月の期間は48時間なのですが、開始8時間以内のパワーが強力。ただ、毎回、タイミングのよい時間帯だとは限りません。寝ている間だったり仕事中だったりする場合もあるので、その場合は48時間以内には行うようにしましょう。

『ボイドタイムに注意』
お願いごとは48時間以内に行えばよいのですが、「ボイドタイム」といわれる、パワーの低下する時間帯があります。この間は願いごとが曖昧になってしまうので、避けるほうが賢明です。

『お願いごとは自分主体』
たとえば、好きな人の気持ちを自分に向かせたいとき、「〇〇さんが私のことを好きになりますように」と願うより「私は〇〇さんが好きになってくれる女性になります」というように、相手を変えようとするのではなく、なりたい自分を目指すというスタンスで。

『完了形で』
お願いごとなので「~できますように」「~になりますように」とするのがしっくりくるように思いますが、より新月のパワーを受けるには「~できます」「~になります」「~します」と言い切る形で伝えましょう。「価値観の合うパートナーに出会います」「クライアントから信頼される私になります」など。「新月の宣言」という言い方をする所以はここにあります。
『よりピンポイントに願う』
一定の周期で巡ってくる新月ですが、そのときの星座が放つパワーも味方につけましょう。たとえば、ある新月の時期が蟹座だったとします。蟹座のテーマは、「自分や他人の気持ちを理解する」「家族」「豊かな衣食住」、カラダの部位は、腕、肺、肝臓、胃を象徴します。これらにかかわる願いごとをすると、より効果的。「引越しがしたいな」と考えているなら、「快適な部屋がみつかります」と伝えるのもよいですね。もちろん、どんな願いごとをしてもかまわないのですが、せっかくだからより強いパワーを受けられることを意識しておくにこしたことはありません。

『月や星座についてよくわからないけど大丈夫!?』
新月の周期、そのときの星座がきちんと頭に入っている人は、なかなかいませんよね。ましてやボイドタイムなんて見当もつかないし、忙しい毎日の中で、気づけば「新月が終わっていた!」なんてことも。ここはFacebookやLINEで新月のスケジュール、ボイドタイム、星座などを教えてもらいましょう。「終了3時間前」をリマインドしてくれたり、効果的な願いごとの書き方まで伝授してくれたりするページもあります。

『必ず守りたい約束ごと』
願いごとは、紙に手書きで書くこと。消えないボールペンなどで書くほうがよいでしょう。そして、否定的な言い回しはしないこと。たとえば「私は小さいことでクヨクヨと落ち込みません」というのは、NG。なりたい自分を目指すのですから「いつも明るく前向きな私でいます」としましょう。また、当たり前のことですが、他人への憎しみや嫉妬などをこめた願いごとは、決してしないこと。主体は「私」です。また、絶対に守りたいのは、フライングはしないこと。新月になる前にお願いごとをしても効果はありません。できるならお願いごとを書くなどの準備も、新月が始まってから行うほうがよりよいでしょう。
◆占いの関連記事
● 手相の見方!太陽線では、才能・成功・周囲との関係が明らかに
● 手相は書き足してOK?!運命線がなくても大丈夫!運命書き換え術とは
● 運気アップの効果がすごい!京都とっておきのパワースポット6選!
● 「べき論」にとらわれない!目標達成のためには頑張り過ぎないこと
● 恋愛運をあげるインテリアの基本は、捨てる・変える・足す
他のスピリチュアルな記事を読む
  • Kurera編集部

    Kurera編集部が、生活に役立つ情報をお届けします。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up