スタミナ食の代表!「とんかつ」がサクサク&ジューシーに仕上がる裏技☆

今年もムシムシと暑い日が多いですが、みなさん夏バテは大丈夫でしょうか?暑い夏にはスタミナたっぷりのお料理を食べて、精を付けたいですよね。スタミナ食の代表とも言える「とんかつ」が、お店のようにサクサクでジューシーに仕上がる裏技をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 189view

☆お肉をジューシーにする裏技☆

  • ☆お肉をジューシーにする裏技☆
  • 出典: maruhideshop.jp/products/detail.php?product_id=24
お店で食べるとんかつは、とってもジューシーですよね!お家でとんかつを作る場合に、たった一手間加えるだけで、お店のような肉汁たっぷりで柔らかくてジューシーなとんかつに仕上げることができます。

その裏技とは・・

まずは下処理をしっかりとすることです。これだけでお肉が驚く程柔かく、縮まずきれいに調理できます。

具体的には、
①お肉の筋切りをする
②お肉全体にまんべんなく、フォークをプスプスと刺す
③お肉を綿棒などで叩く
この3つの処理を、お肉1枚1枚にきちんと施してください。

下処理が終わったお肉にもう一手間加えます。

その方法は何と、「飲むヨーグルト(加糖)」に漬け込むこと。「加糖」というのがポイントです。ジップロックなどに下処理をしたお肉を入れ、ヨーグルト(大さじ2〜4程度。同量の水でのばしてもOKです)に30分程度漬け込んでください。調理前に取り出し、キッチンペーパーなどで表面のヨーグルトを拭き取って使ってください。
こちらの記事でも紹介していますが、ヨーグルトにお肉を漬けるとお肉が柔らかくなります。更に、こちらはTVで紹介されていたのですが、飲むヨーグルトの方が液体なのでお肉に浸透しやすく、加糖の甘さがお肉の脂の甘さのように感じられ、安いお肉が高級なお肉のような味わいになるそうです。

この2つの裏技を使うことで、安いお肉が柔らかくジューシーに変身します♡
とんかつ以外のお肉料理全般に使えるので、ぜひ実践してくださいね。

☆とんかつをサクサクに揚げる裏技☆

  • ☆とんかつをサクサクに揚げる裏技☆
  • 出典: girlschannel.net/topics/70204
お店で食べるとんかつは、パン粉がしっかりとしていて、驚くほどサクサクですよね!
揚げる油が違う・揚げる油の温度が違う・使っているパン粉が違うなど、家庭では真似できないことも多いですが、いつものとんかつの調理過程に一手間加えるだけで、いつもよりずっとサクサクのとんかつを揚げることができます。

その裏技とは・・

とんかつの衣のパン粉を水で湿らせること(!)です。
お店などでは衣をサクサクにするために「生パン粉」を使っていることが多いようで、普通のパン粉を水で湿らせることによって、生パン粉に近づけようという方法です。

どうやってパン粉を湿らせるかというと、
①パン粉をバットなどに広げ、霧吹きで水をかけて湿らせます。
②きちんと下処理をしてヨーグルトに漬け込む裏技で用意したお肉に、通常通り小麦粉→卵→パン粉(①の湿らせたパン粉)を付けます。
③②で衣を付けたお肉の上から、再度霧吹きで水をかけ、パン粉に水分をプラスします。
④そのまま3分程度置いてパン粉に水分をなじませ、低めの温度の油でカラリと揚げれば完成!

パン粉を霧吹きでしっとりと湿らせること、さらに時間をおいてなじませることで、簡単に生パン粉を使ったようなサクサクの衣に仕上がります。
この裏技は他のフライにも応用できるので、覚えておくととっても便利ですよ♡

油がはねると危ないので、パン粉がしっとりとする程度の湿らせ具合にしてくださいね。濡らし過ぎは厳禁です。
いかがでしたか?
サクサクでジューシーなとんかつがお家で作れるなんて、嬉しいですよね!
どちらの裏技も他のお料理にも使えるので、ぜひいろいろなお料理に取り入れてみてください。いつものお料理がワンランク上の味になりますよ♡
◇関連記事
かんたんレシピ!冷蔵庫の残り野菜は「ぎゅうぎゅう焼き」がおすすめ♡
ホットケーキミックスで作れる!ふわふわ厚焼きホットケーキ&絶品ピザ♡
春はコレ!栄養満点たけのこレシピ♡簡単一品料理やメイン料理6選♪
お弁当に!今夜のおかずに!おつまみに!かんたんゆで卵&アレンジレシピ
ランチに!メインに!ごはんのおかずに!ぎゅうぎゅう焼きのアレンジレシピ
家飲みからおもてなしまでビールに合うおつまみレシピ!
電子レンジで簡単おつまみ!少ない材料でもOK、お酒によく合うレシピ集
人気の"アボカド"簡単おつまみレシピ!ダイエット、美容効果もたっぷり
目からウロコ!殻がつるんときれいにむけるゆで卵の作り方♡
大人も子供も大喜び♡レンジで簡単「鶏チャーシュー」はおせちにもピッタリ
  • saya

    東京都在住の主婦です。33歳。今年から夫の実家で義両親と同居中。
    趣味は映画と旅行、自分好みのパンを探すこと。スーパーやコンビニ、町中の飲食店などの新製品や話題のアイテムを試すのも大好きです。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up