産後しかできない!産後の月べつ赤ちゃんを抱っこしながらダイエット☆

産後は赤ちゃんのお世話でジムに行く時間もないので、産後に適したダイエットを知って取り組みましょう。赤ちゃんを抱っこしながらのエクササイズならスキンシップにもなります。通常のダイエットとは違う方法や気をつけるべきポイントを含めて産後ダイエットについて解説します。妊娠中のプレママも、出産したママも参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 113view

産後ダイエットとは

  • 産後ダイエットとは
産後ダイエットはいつものダイエットと違うため、方法を知って正しく行うことが大切です。出産してから体重を戻したいからと言って、無理は禁物です。出産で思った以上に体には負担がかかっているものです。目安としては出産後1か月は体調を整えながらゆっくりとし、体操などは1か月検診の後ぐらいから始めると良いでしょう。一人でする運動も良いですが、せっかくなら赤ちゃんとのコミュニケーションを取りながらできる体操をしてみましょう。

通常のダイエットでは運動の他に食事制限をすることも多いですが、特に母乳で育てる場合は栄養バランスンの良い食事をしっかりと摂ることが大切です。無理な食事制限は避けましょう。産後に食事に気をつけようと思う場合は、基本的に洋食よりも和食を心がけるようにするとうまくいきます。メインの魚におかず、ご飯とお味噌汁といった定食スタイルは栄養バランスが優れており、カロリーも高すぎないのでおすすめです。

赤ちゃんの成長とお母さんの体

  • 赤ちゃんの成長とお母さんの体
赤ちゃんが2~3か月の時は、産後に緩んだお母さんの骨盤を引き締める体操がこの時期の重点ポイントです。産後に出されるホルモンにより、関節や柔らかくなっています。この期間は産後6か月までともいわれており、その間に骨盤矯正をすることが重要です。しかし、骨盤は不安定なため、疲れたと感じたらそこでストップするようにしてください。無理をしすぎると腰や背中を痛めてしまうことになる可能性が高いので注意しましょう。

赤ちゃんが4~7か月の時はお母さんの骨盤はだいぶ安定してくる時期なので、そのまま良い位置をキープし、良い姿勢を保つことが大切となります。赤ちゃんはこの時期に体を動かすことが体作りの基礎となるので抱っこしながらできる簡単なエクササイズを楽しみましょう。

赤ちゃんが8~11か月の頃は、はいはいをしたり、たっちをしたり動きが活発になってきます。お母さんは体力も体も妊娠前の状態になる人が多く、産後エクササイズを続けてきた人はその効果を実感できるでしょう。赤ちゃんが1歳を過ぎることになると、歩いていくのを追いかけているだけで良い運動になります。動く際は手や脚だけが先にいかないように骨盤から動く習慣をつけましょう。

おすすめエクササイズ

  • おすすめエクササイズ
●ゆりかご揺らし
片手で赤ちゃんの頭を支えて、もう片方の手で赤ちゃんのおしりを支えるようにして抱っこします。足を肩幅に開いて立って、左右にゆりかごのように揺らします。左に揺らしたら前に戻ってきて、今度は前から右にというように一度前でストップすることで早くなりすぎずに、ゆっくりと揺らすことができます。ポイントは骨盤の位置を意識しながら行うことです。産後の緩んだお腹まわりの筋肉を鍛えたり、バランス能力をつけるのに最適です。赤ちゃんも高いところで左右に揺れることで空間認知能力が高まると言われています。

●骨盤の引き締め運動
仰向けに寝て、お腹のところに赤ちゃんをのせて、しっかりと支えながら腰の上げ下げ運動をします。お腹に力を入れながら行いましょう。骨盤を引き締めて、腰痛にも効果があるエクササイズなので産後に適しています。上に乗っている赤ちゃんも高くなったり低くなったりするのでご機嫌になります。

●足の引き締め運動
家で赤ちゃんと過ごすお母さんは歩くことが少なく、足の筋肉低下が気になります。家の中で赤ちゃんを抱っこしながら行える体操として一番良いのはスクワットです。スクワットは通常のダイエットでも足に適度な筋肉をつけるのに良いエクササイズです。特に太ももからヒップにかけて気になる部分を鍛えることができます。産後は赤ちゃんを抱っこしながら行うことで赤ちゃんの体重分、負荷がかけられます。背筋を伸ばして正しい姿勢でスクワットを行いましょう。正しいスクワットの仕方を知らない人は一度、動画でスクワットのやり方を見てからやるようにしてください。間違ったやり方では効果が半減してしまうどころか、体を傷めてしまうことにもなるので注意しましょう。

●外でお散歩ダイエット
家の中で手軽にできるエクササイズも良いけれど、赤ちゃんが外出できるようになったら1日のうちの短い時間でも外に出て親子共に気分転換をしましょう。近くの公園までベビーカーを押して行く日と、ベビーカーを使わずに抱っこしながらちょっとお散歩する日とそ日の気分で変えていけば無理なく散歩が続けられるでしょう。公園で他にも同じ月例ぐらいの赤ちゃんとそのお母さんに出会うこともあります。

◼︎関連記事
ストレッチで美声に?!コリをほぐすだけで歌が上達!
心と身体に優しい癒やしのハーブティー♪おすすめハーブと飲み方は?
人生を楽しく健康に!思い込みを実現して幸せ体質になろう!
体を錆びさせない!「ルイボスティー」が大人女子にこそおすすめのワケ
昨日食べ過ぎた!そんなときに試したい美容法4つ
  • マドモアゼル・R・K

    数々の占い師に占われ、幸運と開運に目覚める。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up