木と土重視の「庭風水」のススメ!風水から見た運気アップなお庭をご紹介

元占い師のマリアです!世の中、様々な風水情報があふれています。風水の流派もいろいろですが、一貫した考え方は「自然界のパワーに逆らわず、上手に利用する」ということです。日本は特に四季がはっきりしていますから、季節のパワーを味方につける「庭風水」は、楽しく運気アップできる方法です。今回はこの「庭風水」についてお話します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 400view

庭やベランダの「土」と「木」の風水のすすめ

  • 庭やベランダの「土」と「木」の風水のすすめ
部屋の中と違い、外の世界に直接触れる庭は、自然のパワーをしっかり取り入れてくれています。「庭風水」とは、そんな庭で開運植物を育てて飾る風水アクションです。

庭で土いじりをすると、大地のパワーである「土」をはじめ五行の他のパワーも貰えます。(五行とは、木火土金水の5つの要素)

外の世界には、初めからすべて揃っているからですね。庭のない人はベランダや窓際でも大丈夫です。外の気に触れながら植物を育てることが大切なのです。

風水で良いとされる植物を育てれば、気持を明るく保ち、運気をアップできます。特に「土」と「木」のパワーを強化できるので、ガーデニングや庭仕事は、風水上、とってもおすすめなのです!

なぜ庭風水に「土」と「木」を重視するのか?

  • なぜ庭風水に「土」と「木」を重視するのか?
現代人に、とても多いうつ症状。一部の特殊な人がなるのではなく、誰がいつなっても不思議ではない社会に、私たちは暮らしています。

日光を浴び(日焼けには注意)、「土」と植物(木のエッセンス)を触り、定期的な手入れが必要な「庭仕事」「ガーデニング」が、うつ症状の予防や緩和にとても有効だという結果がでています。ついでにいえば、育てる植物の「木」の要素は、人間関係を作るのに欠かせない要素なので、恋愛運にも仕事運にも良いのです。

また、実際の風水作用も家の外のほうが大きいのです。できるだけ部屋も換気をこまめにするなど、いつも外の気を取り入れると良いです。(空気の悪い場所に住んでいるなら、植物をぜひ置いてください)

ところで今回は、ベランダの小さな空間、一般的な戸建ての庭を想定してお話したいと思います。

庭やベランダに置きたい植物の方角と種類

  • 庭やベランダに置きたい植物の方角と種類
方角ごとに、おおまかに合う植物があります。

・東と東南 NG植物以外は、なにを育ててもOK!小さな鉢で金魚やメダカを飼ってもOK!
・南 原産地が熱帯とか南国の植物が良いです。ラン、パキラなど。やる気が出ます。
・西と南西 金運の方角といわれますが、ギャンブルよりも貯金運です。ひまわりなど黄色い元気な花、クチナシや金木犀など花弁が厚くしっかりした白や黄色、オレンジ色の花。
・北西 アンスリウムなどハンギングプランターを楽しんでも。日当たりの問題で樹木はアスナロなどが良いです。
・北 うちは庭が真北なんだよ!という場合、日陰に強いコニファーやアスナロが良いです。

2016年の庭風水でやってみたいこと

  • 2016年の庭風水でやってみたいこと
生年月日に関係なく、だれが行っても効果があり、庭に植えたい、ベランダで鉢植えで育てたい植物を中心にお送りします。「土」がテーマの2016年にぜひどうぞ。

木を植えるとか、鉢植えで楽しむなら、ぜひ「陽木」を置いてください。コニファーなど針葉樹は落葉も少なくて手入れも楽です。杉の仲間ですね。ほかに陽木は、ねむの木、シャクナゲ、木犀、桜、柿、松、牡丹、楓、桜、ローリエ、オリーブ(地中海原産)、など。

日当たりの良い場所で育つ樹木が多いです。また「どの植物がどの方角に良いか」は、「できるだけよく育つ場所」と考えれば充分です。

それでは、目的別に植えたい植物は、こちらです。

・旅行、転職、転居に:行きたい先が原産の植物を。東南ならランというように、方角だけ合っていても良い。手入れをして眺めることで、行先と意識がシンクロしていきます。

・恋愛運:シャクヤク、バラなど華やかな美しさを誇る植物。好きで美しいと思えば、なんでも良いですが、できるだけ一般にも人気のあるものを。よい香りを持つものがより良いです。女性は花の気を取り入れて、より美しくなりましょう。恋愛には「木」の要素は不可欠です。

・金運、仕事運:特にギャンブル運は柑橘類。仕事も含めての運は、人間関係も改善する観葉植物が良いです。葉の面積が広いゴムの木や、パキラ、などなど。

・健康運 すべての植物の世話は、健康運を上げるのに繋がります。特に2016年には土の気を取り入れると良いので、この機会に小さな鉢植えでも良いので、育ててみましょう。ハーブ類も良いでしょう。

庭風水の「NG植物」はこれ

  • 庭風水の「NG植物」はこれ
お墓に供える「シキミ」などの樹木を自宅の庭に植える人はいないように、庭風水にとってNGな植物があります。普通の園芸店に売られている樹木はまず大丈夫ですが、いちおう見ておきましょう。

庭に植えてはいけない樹は「陰木」です。シダ類のように日陰に育つもの、ツタのように他を覆いつくすものも陰に属する植物です。

他に、ケヤキ類、ザクロ、シュロやソテツ類、芭蕉、シキミ、柳、ナシ、もみ、など。湿気の多いところで育つ植物だと覚えるといいかもしれません。また一般に「毒を持つ」とされる植物も植えないほうが良いです。キョウチクトウがそうですね。

ただし、これらの植物も小さめの植木で楽しむならOKです。しかし家よりも高くなる樹木、庭のど真ん中の大きな樹木は陽木でもNG。

覚えられないなら、「過ごしやすいかどうか、使いやすいかどうか」で判断すれば大丈夫です。ど真ん中の大木なんて庭が使いにくいですよね。

置かないほうが良いものは、天に向けて尖っている石、多すぎる石です。ピラミッド型の面白い庭石があるからと、置いてしまうと天にケンカを売るという意味になり、NGです。

水場ですが、小さな鉢にメダカを買うならOK。家に不釣り合いな大きな池はNG。基本的に流れない水は家の近くに無いほうが良いのです。

中庭の場合、人よりも高くなる植物はすべてNGです。

庭植えや鉢植えで風水上、特別な意味のある植物とサボテンについて

  • 庭植えや鉢植えで風水上、特別な意味のある植物とサボテンについて
古くから吉とされ、おじいちゃんやおばあちゃんが植えていた樹木があります。

オモト(万年青)、名前に「富貴」とつく植物すべて、福寿草、アジサイ、梅、竹、松、センリョウ、など。

花梨は「金を借りんで金運が良い」など、ダジャレみたいな語呂合わせも在るのですが、これまで信じてきた人々の気持ちも受けて育ってきているので、結局ほんとうに縁起の良いパワーを持っているのです。

庭とは違うかもしれませんが、T字路の突き当りに家があったり、玄関を出てすぐ電柱があるなどの家相的によくない場合も、玄関前に木を植えるか観葉植物を置くと、悪い気を和らげることができます。

ほかにも気になる場所があれば、観葉植物を置いてみてください。

それから、面白い使い方の植物をご紹介します。

サボテンは、棘を持つことから「良いことを退けてしまう」という意味を持ちます。しかし、誰かに意地悪されているなど、一時的に「悪いことを防いでほしい」ときに、玄関の外に置きます。

悪いことが去ったら、サボテンは庭に戻して、また玄関からは良いものが入るようにしてあげましょう。庭では、他の植物のパワーで中和されるので、棘の影響はほとんどありません。

すべての「庭風水」アクションにおいて、無理、偏り、美しくない、気持よくない、使いにくい庭、は間違っています。多少方角が違っていても、気持ちよく美しく、楽しい気分になるレイアウトが一番、効果があります。

◼︎風水の関連記事
● トイレ掃除で運気を変える!金運アップになる簡単トイレ掃除術
● 運気UP&癒される♪冬こそ観葉植物のススメ
● 「北枕はダメ」は間違い!?風水におけるまくらの向きの重要性とは?
● 金運が上がる人、上がらない人、風水からみた特徴と改善策
● 玄関・リビング・トイレのインテリア!風水の配置で運気アップ!
他の風水の記事を見る
  • s-maria

    元占い師で、現在は占いオタクです。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up