スポーツ指導者もおすすめ!運動初心者さんのためのお手軽スポーツをご紹介

スポーツが体に良いとことは知ってるけれど、ほとんどやったことがないから不安……。スポーツを日常的にやりたいけれど、教室とかは上手な人しかいなさそうで気後れしてしまう。自分に向いているスポーツがわからない。こんな人も多いのではないでしょうか。今回は、スポーツ指導者もおすすめのお手軽スポーツをお教えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 152view

ヨガ&ピラティスは永遠の人気

  • ヨガ&ピラティスは永遠の人気
習い事の人気ランキングでも、毎回必ずといっていいほどランクインするのが、ヨガ&ピラティスです。(厳密に言えば違うものなのですが、ここでは同列で扱います)
無理なく体を動かすことができるうえ、リラックス効果も高いので、特に女性に愛されているスポーツです。

ヨガ&ピラティスは、数多くの動画がインターネット上にあるため、自分一人でも取り組めます。ただ、呼吸法なども大事になってくるので、初めての人は一度教室に足を運んだ方がよいでしょう。そこで的確な指示を受けた方が、効率よく進められます。

また、極端に精神性を重んじたり、宗教がかっていたりするものは避ける方が無難です。

水泳(水中ウォーキング)は爽快感たっぷり

  • 水泳(水中ウォーキング)は爽快感たっぷり
「ジムに行くのが面倒ではない」
「人との交流も持ちたい」
という人ならば、水泳がよいでしょう。ハードに泳ぐ必要はなく、自分自身のペースにあわせて取り組むやり方で十分です。泳ぎが苦手、という人は、水中ウォーキングでもある程度の負荷をかけることができます。

水泳は全身運動ですから、心地よい疲れが体全体を包みます。この「適度な疲れ」は安眠をもたらしますから、「眠りにくさ」を感じている人にもよいのではないでしょうか。

いつでも、時間を選ばずに取り組めることが魅力のウォーキング&サイクリング

  • いつでも、時間を選ばずに取り組めることが魅力のウォーキング&サイクリング
「ジムが開いている時間に帰ることができない」
「以前ジムに通っていたが、自分のペースで行えないことが不満でやめた」
こんな状況の人におすすめなのは、自分だけでやるウォーキング&サイクリングです。

ウォーキングは、もっとも人を選ばないスポーツと言えるでしょう。誰もが取り組めるのが最大の魅力です。サイクリングは、近ごろの急激なロードバイク普及によって広がりました。

これらはどちらも、「自分の時間に合わせて行える」というのが魅力です。仕事から帰った後に行くことができるだけでなく、これを「通勤方法」にすることもできます。自由に楽しめるということで、とてもおすすめのスポーツです。

ただし、夜のウォーキング&サイクリングは、安全に十分に気を付けてください。

人に会うのが嫌!そんな人は踏み台昇降を行おう

  • 人に会うのが嫌!そんな人は踏み台昇降を行おう
  • 出典: diet.on-lineshop.jp/category/diet/step-exercise
極端に太っていたり、極端に体力がなかったりする人にとっては、「誰かと一緒にやる」「誰かにすれ違ってしまう」というスポーツは、少々難易度が高いものかもしれません。
また、「家に帰ったらもう家から出たくないし、仕事の帰りにジムにいくのも嫌」という人もいるでしょう。

そんな人は、踏み台昇降から取り組み始めてください。1段~2段を使い、最低15分の踏み台昇降を行います。カロリーの消費量はそれほど多くはありませんが、下半身の筋肉をつけられるため、「これ以降のスポーツ」に格段に取り組みやすくなるというメリットがあります。

美容のためにも健康のためにも、スポーツは日常生活に取り込んでいきたいものです。
ただ、スポーツ初心者さんの場合、いきなり急激な運動をしてしまうと、逆に体を痛めてしまうことにもなりかねません。軽く汗ばむ程度の運動を、最低でも週に3回はやることで、まずは足腰を強くし、体を動かす楽しみを知りましょう。
◼︎健康の関連記事
ストレッチで美声に?!コリをほぐすだけで歌が上達!
心と身体に優しい癒やしのハーブティー♪おすすめハーブと飲み方は?
人生を楽しく健康に!思い込みを実現して幸せ体質になろう!
体を錆びさせない!「ルイボスティー」が大人女子にこそおすすめのワケ
ダイエットを成功させる秘訣!心のハッピー指数をアップしよう!
《PR》チョコラBBなどでおなじみのエーザイが、新しく開発した「エイジングケアサプリ」エーザイが徹底的に追求したポリフェノールのチカラきになりますね!人数限定で無料モニターを募集中です。さっそくチェック!
無料モニター募集! エイジングケアサプリ
  • 鍋谷萌子

    プロフィール:美容と健康と料理の記事を4000以上執筆してきたアラサーライターです。正しい知識と、毎日がちょっと豊かになる記事を提供します。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up