わたしも偏頭痛がつらい!梅雨から夏は特に要注意!《片頭痛対策予防法》

梅雨から夏には、雨の降る日が多く、体全体の不調が現れやすい時期です。片頭痛持ちの人はこの時期は特に要注意です。気圧の変化により片頭痛がひどくなったり、この時期に体調不良になりやすいため、片頭痛にも影響してしまうからです。今回は片頭痛にならないための予防法と、片頭痛が起きてしまったときの対策についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 177view

片頭痛とは

  • 片頭痛とは
片頭痛は頭の片側のこめかみから、眼の辺りに痛みが出ることを指します。痛みが出てから約1時間から2時間後に最も痛くなり、吐き気や嘔吐を伴うことがあります。その痛みは長い時では72時間も続くと言われることから、非常につらい症状であることがわかります。痛みがひどい人は仕事や学校に行くことができずに、寝込んでしまうこともあります。梅雨~夏にかけて特に要注意なのは、気温の変化が激しい時で、気圧の変化で片頭痛が起きやすくなるからです。片頭痛は男性よりも女性が起こりやすく、30代女性の5人に1人が片頭痛持ちだと言われます。

片頭痛はどうして起こるのか

  • 片頭痛はどうして起こるのか
片頭痛が起こる原因はいくつか考えられます。

まずは、気圧変動で自律神経の働きが乱されることで起こります。梅雨の時期など雨が降る前には低気圧に変化するため、その気圧の変動で片頭痛が起きやすくなります。
そして、梅雨で湿気が多いと水分が体の中に入り込んでしまうため、体がだるくなります。水分の取りすぎでも片頭痛になったり悪化するので、1日の水分摂取は1~1.5Lを目安に、梅雨の時期は特に取りすぎに注意しましょう。体に水分が溜まったときは、適度な運動をして汗をかくことで余分な水分を外に放出することができるのでおすすめです。

もう1つは、女性ホルモンの変化による偏頭痛です。
例えば生理の前後にはホルモンが急激に変化するため、偏頭痛になりやすくなります。反対に妊娠中はホルモンが安定するため偏頭痛は起こりにくくなります。生理前後や生理中に偏頭痛が起きやすい人は、頭痛が起きる前に予防薬を飲んでおくのも効果的です。

偏頭痛対策:日常生活

  • 偏頭痛対策:日常生活
片頭痛が起きたら運動や入浴など血行が良くなることを避け、こめかみのあたりを冷やします。できれば暗い場所で横になることが一番です。そのまましばらく安静にしていれば落ち着くことがほとんどです。片頭痛が起こっている際は、光や音に敏感になるので、暗い部屋で過ごすと楽になるでしょう。なるべく人込みを避けることも効果的です。人込みでは人の臭いや香水などで気分が悪くなったり、音の刺激も強いので片頭痛が起きやすい人は人込みを避けることで症状を和らげることができます。
体のどんな不調にも言えることですが、規則正しい生活をすることが一番の予防法です。偏頭痛はストレスや疲れによって引き起こされます。睡眠不足の日が続くと疲れが溜まったままになってしまいます。休みの日に昼まで寝ることも睡眠のサイクルを乱してしまうためお勧めできません。休みの日にいつもより長く寝たい場合は、30分から1時間程度長くする程度にし、食事の時間が寝る時間などをいつもと同じぐらいの時間にすることで不調を防ぐことができるでしょう。

質の良い睡眠をとるために、寝る前に避けるべきことがあります。パソコンや携帯電話などの画面を長時間見ることを避けましょう。パソコンなどの画面を長時間見続けていると脳が覚醒状態になってしまい、その後に寝ようと思ってもなかなか寝付けなかったり、寝ても夜中に目が覚めてしまいます。そして朝起きたときには、まだ眠たいなど睡眠の質に悪影響を及ぼします。最低でも寝る時間の1時間前にはスクリーンを見ることをやめて、リラックスしてから眠りにつくようにしましょう。

偏頭痛対策:食べ物

  • 偏頭痛対策:食べ物
空腹時にも偏頭痛になりやすいと言われています。毎日3食しっかりと食べることが大切です。朝食を抜くことが多い人は要注意です。梅雨や夏には食欲がなくなり、朝は食べたくない人も多いですが、空腹時に片頭痛は起こりやすいので、少しでも食べられるものを朝食に食べることで防ぐことができます。バナナは栄養もあり、食べやすいので食欲がない朝でも摂取できるおすすめフードです。食事と食事の間が長く空く場合は、間食をしてお腹がすきすぎるのを防ぐのも良いでしょう。15時のおやつタイムを利用しましょう。もちろんスナック菓子などではなく、フルーツや小さいおにぎりなど健康的な間食を取るようにしてください。

食べものでは、コーヒーや緑茶が血管を収縮させる効果があるため、偏頭痛に効果的です。チョコレートや赤ワインは偏頭痛を引き起こしてしまうものなので取りすぎに注意し、偏頭痛が起きているときは摂取しないようにしましょう。赤ワインに限らず、アルコールは片頭痛を誘引すると言われているので、飲み過ぎに注意しましょう。上記でも述べたように特に寝る前のアルコールは睡眠の質に影響するので避けることが勧められます。


◼︎梅雨の関連記事
雨の日に聴きたい曲10選!じめっと憂鬱な気持ち!スッキリさせましょう♪
気分が乗らない・気持ちが落ち込んだ時に聴きたい曲おすすめの10選☆
イライラしてたら即実践!上手に感情のコントロールをするポイント6つ!
イライラする!そのフラストレーションを簡単に解消しよう!
リビングを見直そう!家族運UPで家族仲良く☆インテリアの改善点5例
  • NAO

    東京在住の主婦ライター。元クレジットカード会社勤務、1児の母。とりあえず家事はラクしたい!ずぼらです。日々発見した時短のコツやお得な情報、趣味の旅行やダイビング、時々ランニングについて書いてみます。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up