間違えると太っちゃう!?チアシード正しい摂取方法教えます!

ミネラルやカルシウムもとれて、満腹感も得られる。パワーフードとして知られている「チアシード」は、ダイエットにも効果的な食べ物として人気を集めていますよね。しかしチアシードは、食べ方を間違えると。逆に太ってしまうというリスクもはらんでいます。このページでは、チアシードの正しい食べ方についてご紹介しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 81view

■ポイント1:チアシードは水にひたしてから食べる

  • ■ポイント1:チアシードは水にひたしてから食べる
  • 出典: ovo.kyodo.co.jp/column/a-609687
チアシードは10分以上水にひたして、プルプルになってから食べるのがポイントです。

このプルプルの正体は「グルコマンナン」といって、チアシードのダイエット効果の要ともいえる成分です。乾燥したチアシードをそのまま食べてしまうと、せっかくの「グルコマンナン」の効果がほとんど得られないので要注意。手間はかかりますが、しっかり水でもどしてから食べましょう。

■ポイント2:熱い水分にさらさないで!

  • ■ポイント2:熱い水分にさらさないで!
  • 出典: hotelwing.co.jp/select/hakata/restaurant
チアシードは「冷たい水」で戻すのがポイントです。チアシードの栄養素は熱に弱いものばかり。温度の高い水分にさらすとせっかくの美容成分が壊れてしまいます。

チアシードは味がないので、ついついホットミルクやホットティーにいれたくなりますが、「冷たい水で戻し、低温のまま食べる」くせをつけてみてくださいね。

■ポイント3:チアシードは高カロリー!食べ過ぎに注意

  • ■ポイント3:チアシードは高カロリー!食べ過ぎに注意
  • 出典: vivianism.wordpress.com/2011/09/07/marshmallow-or-whipped...
ゴマのような見た目から「カロリー低そう」と思われがちなチアシード。実はかなりの高カロリー食品であることをご存じですか?

チアシードのカロリーは、乾燥した種子の状態で「100グラム=約500カロリー」に相当します。一日分の摂取目安を守って食べることが大切です。

チアシードの一日の摂取目安は、大さじ一杯分。グラムして約50グラム。たった大さじ一杯分のチアシードだけでも、マシュマロ15個分、ミルクココア2杯分ほどのカロリーがあります。くれぐれも食べ過ぎにはご注意ください。


チアシードの正しい食べ方についてご紹介しました。

ちなみにチアシードにはブラックチアシードとホワイトチアシードがありますが、より高い効果を期待したい人は「ホワイトチアシード」がおすすめです。ホワイトチアシードのほうが膨張率が高く、満腹感を得られますよ。

チアシードを活用して、健康的なダイエットをはじめてみてはいかがでしょうか。
◆ダイエットの関連記事
ダイエットを成功させる秘訣!心のハッピー指数をアップしよう!
ちょっと待って!そのひと口、ストレス太りに繋がってるかも?!
更年期障害は目の前?!早めが肝心!30代から激減する女性ホルモン対策♡
30代から意識したい!更年期障害の正しい知識と症状改善のポイント!
すっきりできる快適な夏のおススメ入浴法☆夏こそ入浴タイムを大切に!
PR.毎日忙しくて、夜ごはん遅くなっていませんか?ついつい偏りがちな夕食の手助けに「夜遅いご飯でも極 DIET」がオススメ!酵素の力で簡単に栄養補給・ボディメイクができちゃうかも!今なら200円でサンプルがもらえます♪
夜遅いご飯でも極 DIET
  • ritfiles

    音楽と映画の業界をへてフリーライターへ転身。「わかりやすく伝えること」をモットーに、情報記事やコラム、エッセイの執筆を行っています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up