実はお餅や卵もOK!うなぎ以外に「土用の丑の日」に食べるべき物とは!?

もうすぐ土用の丑の日ですね。土用の丑の日といえば「うなぎ」ですが、それ以外にも伝統的に食べられているものがあるって知っていましたか?以外と知られていない、土用の丑の日に食べるべき物をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 247view

土用の丑の日にうなぎを食べるのはどうして?

  • 土用の丑の日にうなぎを食べるのはどうして?
  • 出典: matome.naver.jp/odai/2137388119463233901/2137388314564431803
こちらの記事紹介していますが、土用の丑の日には「う」の付く食べ物で精を付け、夏の厳しい暑さを乗り越える風習があります。

現在ではうなぎが最も一般的な土用の丑の日の食べ物ですが、「うどん」「梅干し」「瓜」などでもOKです。土用の丑の日にうなぎを食べる文化は江戸時代から始まったもので、「エレキテル」で有名な蘭学者の平賀源内が、本来は冬の食べ物だったうなぎを夏にも売れるようにするために、“土用の丑の日に「う」の付くうなぎで精を付ける”という売り込み方を提案し、それが流行したことが起源だと言われています。

うなぎはタンパク質やビタミンなどをたっぷり含んで栄養満点なので、確かに夏の暑さを乗り越える養生食べ物にはピッタリですね。

土用の丑の日うなぎ以外の食べ物① 土用餅

  • 土用の丑の日うなぎ以外の食べ物① 土用餅
  • 出典: pinterest.com/pin/488992472011953160
土用餅とは、土用に食べるあんころ餅のことです。
その昔、宮中では暑気あたりをしないように、おいもの葉を煮出した汁で餅米の粉を練って丸めたお餅を、お味噌汁に入れて土用の入りに食べるという風習がありました。そのお餅が、江戸時代に小豆餡で包んだあんころ餅に変わっていったため、このような風習ができていきました。お餅は力もち、小豆は厄除けに通じるため、土用餅を食べると、暑さに負けず無病息災で過ごせると言われています。

市販の材料でも簡単に作れますので、ぜひチャレンジしてください。
土用餅 かんたん手作りレシピ

土用の丑の日うなぎ以外の食べ物② 土用しじみ

  • 土用の丑の日うなぎ以外の食べ物② 土用しじみ
  • 出典: amanaimages.com/info/inform.aspx?searchkey=20013001222...
土用にしじみを食べる習慣はかなり古くからあり、実はうなぎよりも長い歴史を持っています。土用にしじみを食べるのは、単純な理由ですが、「しじみの旬=夏」だからです。旬を迎えたしじみは他の時期に比べて栄養価が上がり、身体にとても良い食材となります。しじみは基本的には年中採れる食材ですが、一番収穫量が多いのが夏の時期なので、土用にしじみを食べる分かは自然とできていったものと思われます。
栄養価が高く、肝臓の働きを助けることから「土用しじみは腹薬」と呼ばれています。

土用の丑の日うなぎ以外の食べ物③ 土用卵

  • 土用の丑の日うなぎ以外の食べ物③ 土用卵
  • 出典: sukisuki.jugem.cc/?eid=909
普段から口にする機会の多い卵ですが、卵もお餅・しじみなどと並んで、土用の丑の日に食べると良い物とされています。卵は昔はとても貴重な食べ物で、栄養価がとても高く、病人食などにも用いられていました。そのためうなぎと同じように精がつく食べ物ということになり、土用に食べるようになりました。
また、原種の鶏は、他の鳥同様に春先〜初夏に卵を生んでいたので、夏の土用の丑の日に食べる栄養価の高い食べ物として、広がっていったとも言われています。
  • 出典: matome.naver.jp/odai/2129004885259965801/2129006183060303703
土用の丑の日にあんこ餅を食べるなんて、驚きですね!
でも、うなぎご飯にしじみのお味噌汁、卵焼きのおかずにあんこ餅のデザートで、土用丑の日のフルコースの完成です♡
今年の土用の丑の日は7月30日です。ぜひ食卓に登場させていくださいね。
◇関連記事
《土用の丑の日》2016年は7月30日!実はうなぎ以外もおすすめ♡
《こどもの日》端午の節句に食べるべき物は?お祝いのしかたはあるの??
ひなあられや菱餅にも意味や由来があった!ひな祭りに食べるべき物5選
ひな祭りは祓いの行事!季節のイベントを取り入れてココロをデトックス
お子様とのおでかけにピッタリ♡都内で楽しむひな祭りイベント2016
3月3日はひな祭り♡女の子がよろこぶひな祭りパーティのメニュー3選!
節分に何食べる?恵方巻以外に節分に食べるべきもの5選!
一度は食べてみたい!?ちょっと変わり種な恵方巻き2016
意外と知らない?おせち料理の豆知識
  • saya

    東京都在住の主婦です。33歳。今年から夫の実家で義両親と同居中。
    趣味は映画と旅行、自分好みのパンを探すこと。スーパーやコンビニ、町中の飲食店などの新製品や話題のアイテムを試すのも大好きです。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up