えっその若さでほうれい線?!若いのに目立つのはなぜ?ほうれい線の豆知識

ほうれい線とは、加齢とともに表れやすくなる「頬の境界線」のこと。ほうれい線があると実年齢より年上に見られやすいため、「ほうれい線を無くしたい!」と考える方も多いのではないでしょうか。このページでは、ほうれい線ができてしまう原因や対策についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 196view

■ほうれい線ができてしまう3つの原因

  • ■ほうれい線ができてしまう3つの原因
  • 出典: hourei.org/0001/0008.html
ほうれい線は加齢とともに表れる「エイジングサイン」のひとつですが、以下の原因によって年齢に関わらず表れやすくなります。

・顔のむくみ
顔がむくんでいると頬がたるみやすくなり、ほうれい線の原因となります。
顔がむくみやすくなる習慣は、デスクワークや飲酒、高塩分の食生活、猫背など。クーラーに直接当たったり、冷たい飲料を好んだりといった「体を冷やす習慣」も黄信号です。

・骨格のゆがみ
頬づえをついたり、片方の歯だけで噛んだりすると顔の骨格がゆがみやすくなります。骨格のゆがみによって片方だけほうれい線が濃くなってしまうことも…。悪習慣に心当たりはありませんか?

・肌の乾燥
肌が乾燥するとハリが失われ、頬がたるみやすくなります。「夏は乳液をつけない」という人や、洗顔・クレンジングを怠りがちな人は特に要注意。スキンケアの改善が必要です。

■ほうれい線を改善するには

  • ■ほうれい線を改善するには
  • 出典: girlschannel.net/topics/115068
ほうれい線を改善する方法は2つあります。

ひとつは、スキンケアを毎晩行うこと。
メイクは就寝前に落とし、洗顔をしたうえで、化粧水と乳液をつけましょう。
化粧水をつけたあとは、肌に浸透するまで少し待つのがコツです。
手のひらでやさしく頬をプッシュして、べたつきがなくなったら乳液をつけます。
潤いが足りない時は、美容液の使用も検討してみましょう。

もうひとつは、表情筋をよく動かすことです。
「ベロ回し体操」をご存じですか?舌で頬の内側をなぞることで、表情筋を鍛えるエクササイズです。口を閉じた状態で舌を歯の表側に入れ、時計回り・反時計回りにそれぞれ20回ずつ回します。これを一日2~3セット行いましょう。

ほうれい線は、普段の生活習慣やエクササイズによって改善が可能です。上記の内容を参考に、若々しい表情をキープしてみてくださいね。
◼︎関連する記事
大好きな彼や旦那から…好かれている自信がない。そんな時の対処法!
恋愛する気持ちになれない!そんな自分を奮い立たせる方法教えます!
カップルの喧嘩発展はクセがあった!喧嘩したらシンプルに謝りましょう☆
東京の縁結びスポットといえばここ!東京のお伊勢さま*東京大神宮
今すぐ行かなきゃ!東京大神宮は本当に叶う恋愛のジンクスがあった♡
  • ritfiles

    音楽と映画の業界をへてフリーライターへ転身。「わかりやすく伝えること」をモットーに、情報記事やコラム、エッセイの執筆を行っています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up