30代から意識したい!更年期障害の正しい知識と症状改善のポイント!

閉経前後の時期に女性が経験する体や心の不調が、日常生活に支障をきたすほどの症状があることを更年期障害と言います。最近では、30代という若い時に同じような症状があらわれる若年性更年期障害と言うものもよく見られます。毎日を快適に過ごしていくために、更年期障害について正しい知識を得て、症状の改善をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 198view

更年期障害の概要

  • 更年期障害の概要
更年期障害とは、主に40代から50代の閉経前後の女性に見られる症状です。
通常、閉経をはさんだ前後10年間の45歳から55歳の間に見られることが多いようです。

更年期障害がいつどんなふうに現れるのかは個人差があります。
更年期障害は、卵巣機能が衰えたり、女性ホルモンの1つ、エストロゲンの減少によって引き起こされます。
ホルモンバランスが崩れることによって身体的、精神的に不調になることを更年期障害といい、自律神経失調症の1つです。エストロゲンは精神的な安定をもたらすホルモンでもあるので、精神的に不安定になり、イライラや神経過敏につながります。

若年性更年期障害

  • 若年性更年期障害
50代頃によくあらわれる更年期障害ですが、30代から40代半ばに同じような症状を経験する場合があります。
ホルモンバランスが乱れて、生理不順になったり、月経がこないなどの症状がある場合は要注意です。不規則な生活や食習慣、ストレスの多い生活を送っていると卵巣機能が低下して、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。
プレ更年期とも呼ばれる若年性更年期を経験した女性は、更年期の症状が重くなることが多く、早めの対処が必要です。

更年期障害の具体的な症状

  • 更年期障害の具体的な症状
更年期は誰にでも訪れる期間ですが、更年期障害の症状を感じるか感じないか、症状が軽いか重いかは個人差があります。
主な症状としては「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状で、体のほてりを感じたり、大量の汗をかいたりします。
ホットフラッシュは体全体は暑くないのに、突然首から上が暑くなり、大量の汗をかくことを指します。反対に急に寒気を感じることもあります。
これはホルモンバランスの乱れによって、自律神経が正常に活動しなくなり、体温調節ができなくなり、発汗のコントロールもできなくなるためです。他にも肩こりや頭痛があったり、体が疲れやすくなるなど体の不調が様々な部分に現れます。

体の不調だけでなく、精神的な症状も同時に現れることが多いです。
精神的な症状としては、神経質になりイライラしやすくなります。夜眠れなくなったり、夜中に何度も目が覚めたりするなど睡眠障害があらわれることもあります。
睡眠不足になると、イライラや精神的に不安定になる症状がさらに重くなりやすいので、症状を軽減するには総合的な改善が必要となります。精神的に不安定になり、少しのことで落ち込んだり悩みすぎたり、時にはうつのような症状に似ているともいわれます。

改善方法

  • 改善方法
栄養バランスのとれた食事をすることが大切です。
インスタント食品や加工食品ばかりを食べる人は、栄養が偏ってしまいがちなので、日頃から栄養バランスのとれた食事をするように心がけましょう。
特に、ホルモンバランスを整えると言われる亜鉛を積極的に摂取するようにしましょう。亜鉛を多く含む食べ物としては、牡蠣、うなぎ、牛肉、レバー、大豆食品(豆乳や豆腐、豆など)、緑茶、ナッツ類などです。亜鉛は1日に15mg摂取すると良いと言われており、牡蠣なら2つで16mgの亜鉛が摂取できるので理想的な食材です。

精神的な症状を和らげるためには、ストレスを減らすことと、ストレス解消方法を知って実践することです。
更年期の症状が現れる時期は、ちょうど生活環境が変わりやすい時期でもあります。
親の介護や自分の退職、子供の結婚など自分のまわりの環境に変化があって、ストレスを感じることも多い時です。
ストレスを感じること自体は悪いことではありません。大切なのは、ストレスを感じていることを意識し、ストレスを溜めていくのではなくこまめに発散させることです。
ストレス解消法は人によって何が良いか違うので、自分に合ったストレス解消法をいくつか持っておくと良いです。真面目な人や完璧主義の人は更年期障害の症状が重くなりがちだと言われるのは、ストレスに対して弱かったりストレスとの上手な付き合い方がわからないからという理由があるようです。性格は簡単に変えられなくても、心がけ次第でストレスとの向き合い方を変えることはできます。

上記のような症状が見られて、更年期障害かもしれないと感じたら婦人科を受診してみましょう。
病院で検査をすれば血液検査でホルモンの値を調べて、更年期障害かどうかの診断をしてくれるでしょう。そしてその症状を軽減するための薬、漢方薬などを処方してくれます。
時には、更年期障害だと思っていたら、別の病気が隠れていたということもあります。自分で勝手に判断せず、専門家の意見を聴いて、正しい症状を知り対処していきましょう。
■ストレスの関連記事
癒しでよく聞くα波って?脳のメカニズムを知り癒し効果を取り入れよう!
癒しを与えてくれる人♡一緒にいて癒やされる人の特徴とは?
怒りと悲しみを1秒でも早く癒やす方法!感情の仕組みと癒しのプロセス
本当にすごい動物の力!アニマルセラピーの癒やしの力を大調査!
やらなきゃ!でも、やる気がでない!そんな時の考え方と対処法7つ!
  • mikan

    Kurera編集部のメンバー。2歳の男の子のママで、時短勤務中です。仕事と育児をいかに効率よくこなすかを日々考えています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up