実務経験がなくてもあきらめない!生産性の高い人と低い人の違い徹底解説!

生産性の低い人と働いているとストレスを感じたり、向上力が低下してしまうこともあります。仕事には、知識・スピード・熟練度など様々な能力が必要です。生産性は誰しもが簡単に手に入れられるわけではありません。しかし、経験が浅くてもすぐに順応できる人も存在します。理解力や判断のスピード、どれだけ動けるのかが重要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 157view

生産力が高い人の特徴

  • 生産力が高い人の特徴
・まず計画を立てる
時間のかかりそうなことにまず手をつけて経過を見つつ、今なにを片付けておくべきか、何を把握しておくべきかを考え動ける人です。
自分ひとりでできる仕事、それにかかる時間が明確にわかっている仕事をあとに残しておくと調整がしやすくなります。

さらに、周りのペースを考えながら、まずあれを、次にこれを、これとこれは同時進行ができるなど全体を把握している必要があります。
 

・仲間の得手不得手・ペース・性格を把握している
これが理解できていない「頼りないリーダー」もいますし、これができる故に「実際のリーダーはこの人だ」と頼られている人もいます。

例えどんな立場であろうと、生産力の高い人は周りの状況が見えています。
「これをやらせてみたらどうなるか」という目的があれば良いのですが、明らかにそれが苦手だとわかっている人にその仕事をふったり、協力を頼んだりするのは時間の無駄、ミスの原因になります。

また、プライドの高い人、評価を気にしすぎる人…逆に、仕事が上手く進むなら人間関係や個人的な相性は二の次と考える人もいます。
人間関係を壊してしまうと元も子もないので、相手の性格や作業効率を考えて動ける人は、スムーズに仕事をこなします。


・向上心が高い
向上心が高い人は、その都度しっかり目標が見えていて、それを達成するにはどうすれば良いのかを瞬時に考えることができます。
効率を上げたい、達成感を得たい、もっと大きなプロジェクトに繋げたい、環境を改善したい、正当に評価されたい、など理由は様々ですが、ただ言われたことをこなすだけの人との違いはここにあります。

そのためには仕事以外のことも含めた今までの成功体験・失敗経験、なにが上手くいきやすく、なにが失敗しやすいかなどをきちんと理解している必要があります。
実際は失敗したとしても、そこで落ちこんだり他人のせいにするのではなく、次に活かすためにはどうしたら良いかという思考の持ち主です。
 

生産力の低い人の特徴

  • 生産力の低い人の特徴
・人の話を聞いていない、理解していないことをそのまま放置している
これは新人に多い傾向で、聞いていたとしても重要なポイントがどこなのかわかっていない、なんとなくわかった気になってしまう人です。
わからないこと、理解できないことでもとりあえずやってみようと思ってしまいがちなので、重要な場面で失敗したり、あとからフォローが必要になることも多くあります。
 

・覚えておくポイントでもメモをとらない
すべてメモをとっていたら逆に非効率ですが、聞き直せないこと、覚えておかないと困ることはメモをとるなり、わかりやすい場所に残しておく必要があります。

しかし、メモを全くとらない人がいるのも現実です。
メモを一切とらなくてもすべて覚えていられるのなら良いのですが、仕事のように複数の人が様々な案件をこなしていたり、専門用語が出てくる場面でメモをとらずに記憶だけで処理できる人などいません。
 

・計画や順序立てをせず、やりやすいものから取り組む
なにから手をつければ時間短縮になるか、ほかの人とスムーズに作業ができるか、これらを考えられない人です。
とりあえず得意なものから、簡単そうなものから取り掛かっていると、周りとペースが合わなかったり、あとで時間が足りなくなることもあります。

例えば調査や取材、確認が必要な仕事を後回しにしていると、対象の相手とアポがなかなかとれない、調べるのに想像以上に時間がかかる、などといったことが起こりえます。そうなると完成度が下がったり、時間内に終わらないといったことも。
 

・無理をして後々困る
頑張ることは良いことなのですが、頑張りすぎると逆に周りに迷惑がかかることがあります。
できもしないことを、ひとりでこなそうと躍起になって無駄に時間を使ってしまったり、長いプロジェクトなのに初っ端に飛ばしすぎて体調を崩すなどといったことになります。

そうなると頑張りが無駄になるだけではなく、引き継ぎやフォローに無駄な時間を使うことになります。
 

生産力を上げるためにはどうしたら良いか

まずは、仕事のできる人、効率の良い人の観察をすることです。
どういう行動がどういう結果に繋がるのか、どうすれば効率が上がるのか、それらをその人通りにできなくても、自分はだめだから、あの人は特別だから、で終わらせてしまうと何も変わりません。

プライドを捨てて、どうすれば良いのかアドバイスをもらうことも大切です。まずは自分にできることから、少しずつ取り組んでいけば生産性は高まります。


人間関係のストレス解消!気持ちを切り替えてストレスフリーになろう!
合わない人に性別は関係ない!人間関係のトラブルの対処法
「フィーカ」を通して築く人間関係!スウェーデン流コミュニケーション術!
アメリカ流☆有効な人間関係の築き方!効果的なコミュニケーション方法!
遠距離恋愛・単身赴任♡遠くのあの人との正しいコミュニケーション方法
  • mikan

    Kurera編集部のメンバー。2歳の男の子のママで、時短勤務中です。仕事と育児をいかに効率よくこなすかを日々考えています。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up