おしゃれで素敵なママ☆周りの人たちに叩かれないトラブルノウハウとは!

子どもが楽しく通う先で知り合うのが、ママ友達。
自分なりの身だしなみを整えて、ゴミを出しに行ったり子どもを見送ったりお迎えに行った先々で
思いもよらない言葉をかけられたり、うわさを耳にした経験がある人が少なくないのだとか。
そんなトラブルから身を守るノウハウを、心理カウンセラーのわたくしオハナがご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 252view

どんなファッションだとNGなの?

  • どんなファッションだとNGなの?
それはずばり、露出度が高いファッションに身を包むとママ友ににらまれてしまう危険性があるようですよ。

自分ではそんなつもりはなくても、授乳のために胸元が開きやすいカシュクールのようなトップスを着ていたり、仕事に出ている場合で、スカートひざが出ているファッションの場合などにも「あんなに足をだしちゃって!」と影で言われてしまうこともあるのだそうです。

メイクを手抜きすることなくしっかりとする人は、身だしなみの基本としていることも多いので、それだけでとやかく言われてしまうのも気の毒というものです。

時と場合と空気を読める女性こそ、美人!

  • 時と場合と空気を読める女性こそ、美人!
どんなところに所属をしていても、その時々の「場」というものが存在しますよね。
いわゆるそれをTPOと呼びますが、子どもを持つ母親同士が顔を合わせることの多い場所では、ファッションにも気を配る必要がでてきます。

例えば、幼稚園や学校の行事でのお手伝いの場面であったりしたときには、スーツなどのフォーマルファッションに身を包んで参加しても、かえって動きにくく周囲の足手まといになったりします。
運動会などでも、ヒールやパンプスにタイトスカートといったファッションでは場にすぐわないので、周囲からは異質な存在に映ってしまうかもしれません。

いくら自分なりのポリシーがあったとしても、やはりTPOというものは社会における重要なポイントです。
これを押さえることができるのも美人といえますよ。

あらぬうわさが立たないように配慮できるとバッチリです

  • あらぬうわさが立たないように配慮できるとバッチリです
女性はいつだって女性らしくありたいものですよね。

服装というファッションもそのひとつですが、目に見えないファッション。それは香水やコロンなどの「香り」です。
人の目を気にするタイプの人は、人のことも気になるものなので、自分以外の人の「香り」にももちろん敏感になってしまいます。
このため、自分は好きでつけている香水も人には「女性をアピールしている」という受け取り方をする場合も。

こういう場合は、ママとしては異質に感じたりするので根も葉もないうわさを立てられてしまうこともあるようです。

例えば「あの人、いつも一緒になる○○さんのところのパパに色目を使ってるんじゃない?」というような、性をターゲットにしたうわさのまとになってしまうことも。

香水を使いたい場合は、朝はできるだけ避けてつけすぎに気をつけるのもマナーといえますよ。

なぜママの敵はママなの?

  • なぜママの敵はママなの?
その疑問が浮かぶ理由はひとえに、「女性」だからです。

女性は男性に比べて、人と自分を比べて優劣をつける性質があります。
女性として自分より優れている人で、どうあがいても太刀打ちできないときにはその人に従っていきます。

逆に、女性としての部分で自分より優れているけれど立場的(この場合役員などのほかに気質も含まれます)に自分のほうが上!と判断した場合は、その相手を引きずり下ろそうとします。

要するに「おもしろくない」という感情が働くわけです。
往々にして、人というのは誰かと比べて奮起する起爆剤としたりしますが、これがマイナスの方向に向かうとなじったりいじめたりといったことになりかねないのです。

逆の視点から・・・あなたはうるさいママになっていませんか?診断

  • 逆の視点から・・・あなたはうるさいママになっていませんか?診断
□人のヘアスタイルの変化にだいたいケチをつけたくなる
□人の頭から足の先までひととおり見て採点してしまう
□人がネイルをしていると、優雅ね~と思ってしまう
□とりあえず暇なときは人のネタを持ち出してしまうことが多い
□よその家庭の年収が気になって聞くことがある
□人がどこのブランドのものを持っているか逐一気になる

上記の項目に1つでも当てはまった方は、うるさいママ危険度枠に入ってる可能性が高いです。
人のことよりも、自分はどうなのか気にしてみるといいかもしれませんね。

すてきママになりたい!そんなときはこれがオススメ♡

  • すてきママになりたい!そんなときはこれがオススメ♡
周囲のママ友に気を使いながらのファッションより、自分も満足できる気配りの仕方でママだってファッションを楽しみたいですよね!

それ自体が自分磨きのレッスン♪ 人のことも自分のことも大切にしながらファッションを楽しんでいるママは、きっと子どもも旦那さんもうれしいはず。

シンプルでカジュアルなファッションに、ポイントカラーを指し色にするだけでアクティブでオシャレなママの出来上がり!

ジーンズにTシャツだけじゃ、寂しいなぁというときは、麻のジャケットをさっと羽織るだけでもきれいめファッションの出来上がりです!

なにかに「プラスα」するだけで小ぎれいなファッションに決めることが出来るのです。
ママファッションは、全身トータルでキメキメにする必要はまったくありません♪


育児をしていても、いつもすてきなママでいたいのはみんな同じですよね。
その場、そのときにふさわしいファッションに気配りが出来る人こそ、すてきな女性といえそうですね♪

■ストレス・人間関係の関連記事
保育園や学校の先生に疑問を感じたことありませんか?そんな時の対処法!
人間関係のストレス解消!気持ちを切り替えてストレスフリーになろう!
「フィーカ」を通して築く人間関係!スウェーデン流コミュニケーション術!
アメリカ流☆有効な人間関係の築き方!効果的なコミュニケーション方法!
遠距離恋愛・単身赴任♡遠くのあの人との正しいコミュニケーション方法
  • オハナ

    生き物バンザイ!な生き物係的人生を送っている、心理カウンセラー有資格のママンです。シックスセンス的直感となぜか遠隔でものが見えたりする、奇妙な体質を持ち合わせた天然ボケでもあります。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up