『梅雨の部屋干し対策』部屋干しの時の正しい洗濯の仕方と干すポイント☆

梅雨の時期は外に洗濯物が干せずに、どんどん溜まっていったり、部屋干しするとなかなか乾かなかったりと悩みがつきません。コインランドリーを使う手もあるけれど、なるべくお金をかけずに洗濯物を済ませたい。そんなときに役立つ、梅雨でも洗濯物をきちんと乾かすことができるアイディアをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 202view

こまめに洗濯する

  • こまめに洗濯する
毎日雨が続くと、洗濯物が溜まっていきますよね。梅雨の時期に限らず、一人暮らしなどで洗濯物が少ないから、毎日洗濯しないで2日に1回洗濯するという人もいるでしょう。しかし、梅雨の時期は特に毎日洗濯するなどして、こまめに洗濯することをおすすめします。洗濯機に一度に入れる量が多いと、汚れが落ちにくくなってしまうため、雑菌が繁殖して臭いの元となります。それに加えて、一度にまとめて大量に洗濯してしまうと、干す際に洗濯物同士が重なってしまうため、乾きにくくなってしまいます。洗濯物が乾くのに時間がかかってしまうと、さらに嫌な臭いを発生させてしまうので避けたいところです。梅雨の時期こそ洗濯物を溜めずに、こまめに洗濯するようにしましょう。

梅雨の前には洗濯槽もきれいにしておくことも大切です。洗濯槽専用の洗剤が多く販売されているのでうまく利用して掃除しておきます。洗濯槽を掃除しないでずっと使っていると黒カビが洗濯槽から剥がれ落ちてきて、洗濯物についてしまう可能性があります。せっかく洗濯したのに、洗濯槽が汚いままでは意味がありません。

洗濯ものの干し方

  • 洗濯ものの干し方
洗濯機の終了音が鳴ったら、すぐに中の洗濯物を取り出しましょう。、洗濯機の中は湿気が多いため雑菌が繁殖しやすい環境です。洗濯機の中に洗濯物を入れたままでしばらく放置せずに、すぐに干すようにしてください。洗濯物の干し方で工夫したいのは、裏返しにして干すことです。洋服が傷むのを避けるために、洗濯する際に洋服を裏返して洗濯する人もいるでしょう。もし裏返して洗濯していないなら、洗濯を干す時に裏返してハンガーにかけましょう。こうすることで、生地の縫い目など何重にもなって乾きにくい部分が乾きやすくなります。洗濯ものを干すときのハンバーは針金ハンガーよりも太めのハンガーが適しています。細いハンガーだと衣類の前と後ろの生地がくっついてしまうため乾きにくくなってしまいます。太めのハンガーは空気の通り道を作ってくれるので、洗濯物が乾きやすくなります。

次に洗濯物を干す際に気をつけたいことは、洗濯もの同士がくっつかないように間隔をあけて干すようにすることです。15cmずつ間をあけることができれば一番ですが、スペースが限られていて難しいようなら、10cmでも大丈夫です。間隔が狭くなればなるほど、空気の通り道が少なくなって乾くのに時間がかかります。早く乾かせるように干すスペースを広く確保したり、一度に洗濯する量を減らすなど工夫しましょう。洗濯物を並べてかける際には、厚手のものと薄手のものを交互にかけるようにします。こうすることで隙間があくので乾きやすくなります。長い洗濯物と短い洗濯物も交互に並べることもまた効果的です。長めのタオルはハンガーにかけるときに、片方を長くしてかけることで、空気に接する面が増えて乾くのを少しだけ早くしてくれます。

扇風機と除湿器を使う

  • 扇風機と除湿器を使う
外に洗濯物を干すときは、日光と自然の風で乾きますが、室内では日光もなく風もないため乾くのに時間がかかってしまいます。梅雨の時期で外に干せないときに、部屋干しするなら、ぜひ活用したいのが扇風機と除湿器です。除湿器で部屋の湿気を取り除き、扇風機の風で洗濯物を乾きやすくします。除湿器がない場合は、エアコンの除湿機能を使いましょう。使用方法は、洗濯物を乾かしたい部屋のドアを閉めます。扇風機を首ふりにして洗濯物に風が当たるようにします。洗濯物の近くに除湿器を置きます。この組み合わせで洗濯物を乾かすと2、3時間ほどで乾かすことができるのでぜひお試しください。洗濯物が早く乾かせると、雑菌が繁殖するのを防いでくれるので、臭いも防ぐことができます。

特にプラズマクラスターやナノイーがついている除湿器は、部屋干しでも嫌な臭いがつきにくいと言われています。洗濯物の嫌な臭いが気になる方は、ぜひお試しください。使用する際は、洗濯物を干している部屋を閉め切って除湿器を使うようにしましょう。

洗濯物を干す場所

  • 洗濯物を干す場所
部屋干しをする際に、家の中で一番適しているのはお風呂場です。水分が多くて、一見、洗濯物を干すのに適していないように思える場所ですが、実は一番良い場所です。お風呂場は湿気がとれやすい構造になっているので、水分を多く含む衣類を干す場所として適しています。お風呂場に乾燥機がついている場合は、素早く乾かすことができます。もしない場合は換気扇をつけておくだけでも効果があります。お風呂場に干せないときは、空気の通り道ができる部屋と部屋の間に干しましょう。
子供部屋のインテリアはIKEAの収納家具がかわいくっておすすめ♡
知らないと恥ずかしい!出産内祝い5つの基本マナー【出産のお返し】
子育てに迷ったら、自治体の子育て相談のカウンセリングがオススメ
引越しの基本、ご近所への挨拶は大丈夫?引越しの挨拶マナー教えます!
さり気なく美しく…子供の入学式に着るべきスーツのポイント3選
  • NAO

    東京在住の主婦ライター。元クレジットカード会社勤務、1児の母。とりあえず家事はラクしたい!ずぼらです。日々発見した時短のコツやお得な情報、趣味の旅行やダイビング、時々ランニングについて書いてみます。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up