これは絶対やっちゃダメ!!風水でNGなこと・NGな家とは!?

風水で間取りや方位が気になる。アイテムやインテリアで吉相にしていきたい♪でもその前に、風水で絶対にやってはいけないことあるのです!今回は、風水で、これだけは絶対にやってはいけないことをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6184view

掃除をしていない家は風水的に絶対NG!

  • 掃除をしていない家は風水的に絶対NG!
  • 出典: miyabi_home
風水というと、東西南北の方位によっての吉相や凶相をみていくのがメインと思いがちですが、実は、風水で一番大切にしていることは「掃除」です。
もともと風水は、目には見えない「気」を生活の中に取り入れより良い環境造りをするための知恵と術として、現代まで受け継がれた思想です。古来より、繁栄を目指して地形的に良い気が流れている優れた場所に都を造るなど、風水思想と人間の生活は歴史深い繋がりがあるのです。環境の気を重視する風水では「整える」ことによって、その環境の運気がさらに上がるとしています。

現代の家に置き換えると、雑然と片付けされていない場所や臭く汚れている場所には、気が巡らず流れが滞るので、どんなに吉相の家に住んでいても、掃除していない家はあっという間に凶相になってしまうということです。

良い運気を家の中に呼ぶためには、方角や陰陽五行のバランスよりも先に、しっかりと家の掃除をしましょう♡運気アップのためになるのであれば、掃除も苦になりませんね!

黒トーンの多い家は気をつけて!

  • 黒トーンの多い家は気をつけて!
  • 出典: https://sumally.com/p/704221
風水では「黒」は陰の気が強いとされています。だからと言って、黒そのものが凶相になるわけではなく「黒の使い方」にヒントがあります。
黒の色の方角は「北方位」、気は「水」です。意味としては「守り・秘密・孤独・頑固」などをあらわします。家全体が黒の配色で覆われてしまうと、北方位の意味合いが強調され、孤独な空気を強くまとう場所になってしまいます。人間は、お互いに助け合い、気持ちを交わして友愛を育みながら生きて行く動物ですから、孤独な空気感のある場所に住んでいると、人間関係がスムーズに流れません。北方位には北方位の良さ、黒には黒の良さがありますが、何事も偏りすぎると良い流れにはなりません。

家の中に黒を取り入れたい場合は、黒の「水の気」と相性が良い「木の気」を持つ観葉植物や緑系・茶系トーンを組み合わせて陰陽のバランスをとりましょう。バランスがとれると黒は強運に変化して、仕事の成功、金運上昇、ステイタスUPに恵まれます。
家庭運や恋愛運をUPしていきたい時は、黒は少々控えめにすることをおすすめします。

湿気が多い家は運気が下がる!

  • 湿気が多い家は運気が下がる!
  • 出典: spring.g7127
風水では、気は風に運ばれて美しい水にとどまるとしています。湿気が多い場所は、空気の流れがない場所なので良い気が巡りません。主に、健康運の下降を増長します。健康運が下がると、必然的に元気に働く、楽しく遊ぶ、美味しく食べるなど、喜びに繋がる出来事から縁遠くなりますので、全体運が下がることになってしまいます。

風水のことを考えなかったとしても、湿気の多い場所は人間の心身の健康を奪っていきます。湿気が多い梅雨時期には、なんとなく気持ちが優れないというのは多くの人が経験していることでしょう。また、湿気はカビを発生させるので、身体にも影響を及ぼしますね。
家の構造の問題で湿気が多発しやすい場合は、窓を解放して積極的に換気をしたり、除湿器などを利用して湿気対策をするなどをしていきましょう!

窓が少ない家は、太陽の光を取り込む、風を通す工夫を♡

  • 窓が少ない家は、太陽の光を取り込む、風を通す工夫を♡
  • 出典: aibaeco
窓が極端に少ない、小さい、窓があっても太陽の光が届かないという場合があります。風水で大切にしている「気の流れ」を取り込むためには、風を通す窓の存在は必要不可欠。また、太陽の光は人間が生きて行くうえで重要なエネルギー源です。
風が通らない家は、住み主が外から持ち込んだあらゆる気が家の中に留まり続けてしまい、窓から新しい気が入ってくることがないうえに、悪い気を追い出すことも出来ません。気の流れが全くない家は、運気の流れも停滞するので良い状態ではないのです。

賃貸の家であるなら、お引越しを検討したほうが良いでしょう。引っ越しが出来る環境ではない場合は、小さく少ない窓でもこまめに開けるように心がける、換気扇や空気清浄器などで家の中の空気を物理的に動かす、サンキャッチャーなど光を取り込むアイテムを利用して太陽の代わりを演出するなど、積極的に環境整備をしていきましょう。

各部屋の役割を果たしていない家

  • 各部屋の役割を果たしていない家
LDKの大きさに関わらず、玄関、居間、寝室、キッチン、トイレ、バスルーム、物置など生活空間は大まかに分かれているものです。居間には居間の気があり、トイレにはトイレの気があるのですが、各部屋が機能・役割を果たしていない場合は、気が正常に動きません。
例えば、寝室があるのに居間で寝る、トイレがあるのにバスルームで排泄をする、キッチンに衣類が置いてある、物置があるのに玄関に荷物を積んでいるなど。各部屋の役割を無視した使い方をしていくうちに、居間と寝室の気が同化したり、バスルームとトイレの気が同化したりと、気の混乱が始まります。

風水は環境を整えて運気の流れを良くしていくので、各部屋の役割を果たさない使い方は住む人の運気に影響を与えます。各部屋の役割の通りに住み方を見直していきましょう!
風水インテリアやアイテム、方位などで見る吉相も気になるところですが、何よりも気持ちの良い場所に住みたいですね。
風水術は、結果として気持ちの良い家作りに役立ちます。良い気を取り入れて、運気アップしていきましょう!
◇関連記事
● 金運が上がる人、上がらない人、風水からみた特徴と改善策
● 【玄関の風水・保存版】今日から取り入れたい玄関風水まとめ
● リビングを見直そう!家族運UPで家族仲良く☆インテリアの改善点5例
● 開運のための風水の見方!間取りと方位の関係とは!
● 「北枕はダメ」は間違い!?風水におけるまくらの向きの重要性とは?
他の風水の記事を読む
  • やなせ

    野球少年の息子とオシャマで甘えん坊の娘、2人の子どもを持つお母ちゃんです。元幼稚園教諭。現在は、お母ちゃん業の傍ら、カウンセラー業をしています。そして、ときどき占い師。好きな言葉は「ま、いっか。なんとかなるさ!」・・・根は真面目です。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up