簡単女子力UP法!身体を温めてゆるゆるBODYを目指そう!

簡単にできる女子力アップの秘訣をお伝えいたします。倦怠感やむくみが気になる方、月経の悩みやPMS症候群、妊活中の女性にもオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 875view
私は夏生まれなので夏が大好きです。皆様はこの夏、どのように過ごしましたか?
楽しく、快適に過ごせましたか?本日は、夏の疲れを残さない女子力アップの秘訣をお伝えいたします。倦怠感やむくみが気になる方、月経の悩みやPMS症候群、妊活中の女性にもオススメです。

女子の大敵!不調の原因は「冷え」

毎日ジメジメ蒸し暑いと、おうちの中や出かけ先、オフィスなど、エアコンで快適に過ごすことが多くなりますよね。そして、知らず知らずのうちに体が冷えているってことありませんか?

この時期は、薄着で過ごし、エアコンにも当たる機会が増え、意外と冬よりも冷を感じやすくなっているのではないかと思います。

実はこの冷え、女の子の大敵なんです!不調の原因かもしれません。体を温めて、女子力アップのゆるゆるなボデを目指しましょう。

簡単でお金もかからない!冷え対策 朝の「白湯&足湯」

  • 簡単でお金もかからない!冷え対策 朝の「白湯&足湯」
  • 出典: go-happylife.info/ninshinryoku_up
私は特に妊活を意識してから、朝白湯&足湯生活を心がけています。
(妊活はカラダを温めることから、意識してみました)

朝起きてから1番に、40度前後の白湯をゆっくり飲みながら、足湯につかりまったりな時間を20分ほど過ごします。
寝ている時に、薄手のパジャマと薄手の上掛けだと、朝起きた時に足先が冷えひえしているので、朝のこのくつろぎタイムで体を温めると、1日元気に過ごせます。

足先は、心臓から1番遠いところですよね。
そしてふくらはぎは、第二の心臓とも呼ばれています。足先で消えてしまった血液や体液を、心臓に送り返してしまうと当然体も冷えてきてしまいます。

なので、足湯なのです。
そして、やはり体液と同じ温度位の白湯を飲んであげることで、ダブル効果の期待です。
この2つを続けるようにしてから、免疫力がアップし、倦怠感から解放されたり、夏風邪をひきにくくなりました。また、体が温まったことにより月経時の悩みも解消されてきました。

レンジで簡単!「白湯&足湯」の作り方

  • レンジで簡単!「白湯&足湯」の作り方
  • 出典: hadalove.jp/diet-drink-10768
足湯&白湯の作り方は、個人によって違うと思います。
ヨギーニや、アーユルヴェーダを重んじる方は、白湯を、時間をかけて丁寧に作る方もいらっしゃいます。
でも私は、ずぼらちゃんなので、白湯は浄水のお水をレンジで適度にチンして終了です

手抜きも大切です!笑
ここが私の、毎日続けられるポイントです。



皆様も、自身にあった体の温め方を見つけてみてください。
  • りょくちゃん

    保育士として、公立保育園や大手病院内保育園などに10年勤務。在籍中、親子のコミュニケーションの向上を目指したいと思い、ベビーヨガインストラクターを修得。その後、趣味であったヨガを活かして、キッズヨガ、骨盤調整ヨガなどのインストラクターを目指す。保育園退職後は、ヨガスタジオや子育て支援センターでのレッスンを担当。現在はマタニティライフを満喫中。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up