ベジブロスでEco&Beauty!栄養満点!食材使いの新常識をご紹介♪

昨年からエコ志向の人や健康志向の人たちの間で人気の「ベジブロス」。食材ロスを減らせてとってもエコなだけでなく、毎日の美容と健康にすこぶる良い!ということで今や食材使いの新常識として定着しつつあります。今回はそんな「ベジブロス」についてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 413view

●ベジブロスってなに?

  • ●ベジブロスってなに?
  • 出典: emi5perhonen
ベジブロスとは「野菜くずや果物の皮などで作るとってもエコで栄養満点のスープストック」のこと。日常の料理で必ず出る野菜の皮や根、ヘタなどが主材料で、リンゴの芯やブドウの皮など果物や、ローリエなどのハーブ、旨味成分たっぷりの昆布などを加えてアレンジしてもOK。

野菜や果物の皮や根には美容と健康に欠かせない「フィトケミカル」と呼ばれる栄養分がギュッと詰まっています。フィトケミカルは抗酸化作用が高く、紫外線ダメージや大気汚染、ストレスなどによる細胞の酸化(=老化)を防いでくれます。食材を無駄なく使いきれるベジブロスは、地球にもお財布に、そしてカラダにもとっても優しいんです。
  • 出典: tokaitokyo19
これから出回る春キャベツは水分が多くて柔らかく、甘みもあってとても美味しい。でもキャベツの外側の葉は捨ててしまう・・・という人も少なくありません。そんなキャベツの葉はベジブロスにピッタリの食材!クセもないキャベツからは程よい甘みが出ます。
  • 出典: gsaaaaaan
料理に使う頻度の多い玉ねぎも、ベジブロスに欠かせません。いつもなら捨ててしまう玉ねぎの皮は実はとっても栄養豊富。また食べるには食感や消化が悪い玉ねぎの芯も、ベジブロスに使えば問題なし。無駄なく栄養を摂取することが出来ます。春に出回る新玉ねぎは、辛味が少なく甘みが強いので特におススメです。

他には人参のヘタ、セロリの葉、パセリの軸、ブロッコリーの茎などを使うと、クセも少なくまとまりのある本格的な味に仕上がります。

●ベジブロスの作り方

  • ●ベジブロスの作り方
  • 出典: youthful-beauty.info/vegebroth-mukanaiyasai-2201
【準備するもの】
・1.5~2リットル容量のお鍋

【材 料】
・野菜・果物くず ・・・両手に乗るくらい
・出汁用昆布 ・・・5cm角1枚
・粗塩(天然塩) ・・・小さじ1
・水 ・・・1.2~1.3リットル
  • 出典: https://kinarino.jp/cat4-グルメ/11677-é...
【作り方】
1.ベジブロスに使う野菜くず、果物くずをキレイに洗う。
 
※特に葉野菜の根元部分には細かい土などの汚れが入り込みやすいので丁寧に!

2.キャベツの葉など大きいものはざく切りにする。

3.鍋に材料を入れ、弱火で30~40分煮込む。

4.火を止め、ざるなどでスープを濾す。

※キレイに濾したい場合はざるに晒(さらし)を重ねて濾すと透き通った仕上がりに!

【保存方法】
さめてから密閉容器に入れて冷蔵庫で保管。2~3日以内で使い切るのが理想。
多めに作ってすぐに使いきれない場合は、食材冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存で10日前後で使い切りましょう。

【ポイント】
・昆布を使うことで旨味アップ!
・塩は生成されていない天然のもの、出来れば粒子の大きい粗塩が向いています。

●ベジブロスのアレンジ方法

  • ●ベジブロスのアレンジ方法
  • 出典: ferriswheel73
ベジブロスは様々なスープのベースとして使うのはもちろん、煮小さなお子様の離乳食にも使えます。おススメはカレー、ポトフ、リゾットなどの煮込み料理。水やコンソメスープの代わりに気軽に使ってみましょう。いつもより奥行きがあり旨味の多い味わいに仕上がりますよ!
  • 出典: enjoytable_by.a
いかがでしたか?
栄養満点で地球にもお財布にもカラダにも優しいベジブロス。

一度に大量の野菜くずは出ない・・・という人は、野菜や果物のくずが出るたびにキレイに洗って水分を拭き取ってから野菜室や冷凍庫で保存しておけば、思い立ったらいつでもベジブロスを作ることが出来ます。ほんのひと手間をかけるだけでココロもカラダも喜ぶおいしいスープが出来るなんで素敵ですよね。ご自身のキレイのためにも、ご家族の健康のためにもおススメです。

春からは是非、ベジブロス生活で健やか美人を目指しましょう!
  • 國塩亜矢子

    フードコーディネーター・インナービューティー研究家
    「旬食美人学」主宰。「インナービューティー」を軸とした自宅レッスン、 メディアでのコラム執筆・レシピ開発等の仕事を通じ「Food×Beauty」についての情報を発信。1児の母として妊活・マタニティ・授乳ママレシピ、離乳食レシピにも取り組み、女性のライフステージごとに関わる「食」の大切さを発信中。
    【著書】「節約・冷凍レシピ」(宝島社)

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up