料理にも!日用品にも!香りを上手に使うベトナムアロマとは?!

ベトナムの人は香りを普段の生活に取り入れて、なにげなく楽しむのがとっても上手!
ただ香りを楽しむだけでなく、毒消しや漢方としての効能まで期待できるベトナムアロマの使い方の数々。そのなかからちょっと真似してみたい癒しグッズをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 248view

普段の生活にあふれるベトナムアロマ

  • 普段の生活にあふれるベトナムアロマ
ベトナム料理が好きな方には、個性あふれるにおいと味が特徴の香草を好きという方も多いのではないでしょうか。

料理やお店によって添えられる香草が異なり、ブレンドすることによってさらに複雑な味わいをみせる香草、実はドクダミなどの薬草も含まれているのです。また、南国ベトナムでは、レモングラスの束やシナモンの樹皮などのように、自然の姿のまま手軽に手に入る天然のアロマの種類も豊富です。

そんなアロマ利用と医薬同源が日常にあるベトナムで実際に使われているアロマの利用方法をいくつかご紹介します。
お茶:緑茶に蓮やジャスミンの咲きかけた花を混ぜて、花の香りを茶葉に移して楽しみます。

料理:バナナの葉や蓮の葉、レモングラスの茎などを、料理を包んだりはさんだりするのに使い、見た目と香りを楽しみます。

日用品:シナモンの香りを移したつまようじやポケットティッシュが一般的です。使うときにシナモンの香りがし、不意打ちのようなリラックス効果はくせになります。

見た目よし、香りよし、のどすっきりバラハチミツ

  • 見た目よし、香りよし、のどすっきりバラハチミツ
ベトナム人の友人の家で見かけたアロマを利用した癒しグッズの一つで、見た目にも華やかなバラのハチミツ漬けがあります。バラジャムは見たことがある筆者ですが、バラハチミツは初めて見ました。
作り方はとても簡単♪
300gほどのビンを加熱消毒し、そのなかにハチミツと、よく洗って水気を切ったバラの花を10輪ほど入れるだけ。
二晩ほどでバラのエキスがハチミツに溶けだして、とろっとやわらかいバラハチミツができあがるのだそうです。琥珀色のハチミツに白や薄いピンク色のバラの花びらが浮いている様子はなんともかわいらしいです。食卓にさりげなく置かれているだけで、十分な癒し効果を感じられますが、友人はこのハチミツをお湯で割ってハチミツドリンクを作って飲むとのどがすっきりするのだとか。なるほど、ベトナムの人の知恵ですね。
薬剤をさけるため自家製のバラの花を利用されるか花びらをよく水洗いされることをおすすめします。
バラハチミツを使ったレシピ
■ベトナムの関連記事
素敵なベトナムインテリアのお手本は田舎のおうち!必要なものだけの空間
ベトナムの定番おもてなし料理は‘手巻き’!
おこづかい、もらい上手はベトナムに学べ!
今年もラッキーカラーは赤×金色!福を呼び込むことに熱心なベトナムの風習
  • ハノイ住む☆

    ベトナムの首都ハノイに住んで5年になります。経済的商業的発展においてはホーチミンに歴然とした差をつけられており、恐らくベトナムらしい風情を感じさせるという一点においてのみホーチミンに勝っているハノイ。もしベトナムに来られるのであればぜひホーチミンではなくハノイに来てほしい。そんな思いを抱きつつ、ハノイでローカル半分、日本人風半分な子育てをしています。グローバルママ研究所オフィシャルリサーチャー。

この記事を通報する

関連する記事

スポンサードリンク

この記事に関するキーワード

Close Up