チーズについて

チーズと相性抜群!組み合わせると美味しい食材

チーズを楽しむためには、それ単体で楽しむのも良いですが、さまざまなアレンジをして楽しむことをおすすめします。
ここでは、チーズと組み合わせると美味しい食材を紹介していきましょう。

チーズと組み合わせると美味しい食材といえば! 【サンドイッチ】

チーズと組み合わせ美味しい食材といえば、間違いなくパンでしょう。
サンドイッチにチーズを薄く切り、さまざまな食材と一緒に挟んで食べるだけで、その味わいの良さが数倍にも広がって行きます。

ただしここで注意したいのが、どのパンにどのチーズを合わせるかです。
柔らかなフレッシュチーズであれば、比較的柔らかめのパンで挟んだサンドウィッチがおすすめですが、ハード系のチーズであれば硬めのドイツパンなどがおすすめ。

また、個性的な香りを持つパンの場合は、食材をシンプルにしたサンドウィッチに仕上げると、ワインとの相性もぐっと良くなります。
ぜひお試しください。

チーズに足りない栄養素を補ってくれるのでおすすめ! 【パン】

前述していますが、パンはチーズとの相性が抜群です。
チーズには、さまざまな栄養分が含まれており、健康食品としても注目を集めています。

しかしチーズだけでは足りない栄養素もあるため、食事と合わせて使うことをおすすめされています。

そんな時、栄養素がたっぷりと入っている玄米パンやライ麦パンなど、こういったパンと合わせるのがおすすめです。
銅やマンガンなどのミネラル分が多いライ麦パンなど、ハード系のチーズを乗せて食べると、美味しいだけでなく、栄養素もしっかりとゲットできます。
ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。

甘さと酸味がチーズのおいしさを引き立てる! 【フルーツ】

栄養素の相乗効果も狙えますが、チーズが最も相性良く食べられる食材がフルーツです。
フルーツというと、甘くスイーツ系のイメージがありますが、フランスなどではサラダや塩辛い料理などにも使われています。

特にチーズはまろやかで重厚・濃厚な味わいのものが多く、酸味と甘さをプラスするとより美味しく食べられます。
そんな時、フルーツと一緒に合わせるだけで、チーズの美味しさが引き立ち、どんどん食事が進んでしまうという相乗効果を発揮するのです。

ブルーチーズなど、そのままでは少々食べにくいという方であれば、フルーツと合わせて甘口ワインとワインと合わせてみるのも良いでしょう。
濃厚でやや個性溢れる味わいのブルーチーズの臭みを、ワインが中和し、さらにフルーツのフレッシュさで口内がさっぱりとします。

フルーツとチーズの組み合わせは無限大ですので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。