フランスワインについて

『AOC』フランスワインに使われるこの3文字とは!?

フランスワインを選ぶ時、重要な指針となるのがAOC。
このAOCを網羅することができれば、ある意味フランスワインの理解に一歩進んだといっても過言ではありません。
ここでは、フランスワインで使われるAOCについて学んでいきましょう。

フランスワインでよく聞くAOCとは!?

フランスワインを知るには、まずAOCを理解する必要があります。
AOCボルドー、AOCブルゴーニュ、AOCシャブリなど、産地名にAOCをつけて呼ぶことが多いのですが、そもそもAOCとは何なのでしょうか。

まず、AOCはアペラシオン・ドリジヌ・コントローレ(Appellation d’Origine Controlee)の略であり、これを日本語に直すと、「原産地呼称」となります。

1935年に国立原産地名称研究所によって制定された法律ですが、要するに「この産地のブドウを使い、この産地で醸造しました」という、ワインの出自を保証するものと考えれば分かりやすいと思います。

使用可能ブドウ品種、醸造場所、方法、官能検査など、AOCを名乗るための法律は厳しいため、AOCがしっかりとつけられたフランスワインは、安心して飲むことができるとも考えられます。

AOCは偽物のワインを取り締まるために誕生した!

AOCの制定にはさまざまな理由があると言われていますが、その昔、偽物のワインが多く市場に出回っていたことから制定された法律と言われています。
ブルゴーニュ地方など、すでに昔から評判の良いワインを造る産地のラベルを貼ってしまえば、中身が偽物でも売れてしまいます。

また、ラベルさえ良ければ低品質なワインでも売れてしまうため、真面目な生産者たちがバカを見る、という状況に陥ってしまいます。
こういった状況を打破するため、真面目な生産者たちは政府に働きかけ、結果的にAOCが誕生したのです。

もちろん、当初はどこまでがどこで、どこでどうしたら名乗れるのかなど、さまざまな問題が噴出し、裁判が開かれる事態になった地域もあります。

紆余曲折ありながらも、今は落ち着いており、むしろ産地や肩書きをブランド化するために新しいAOCをつくろうという一部の生産者たちの動きも活発化しています。
要するに、フランスワインの品質を担保するためなど、こういった理由でAOCが制定されたのです。

【豆知識】イタリアやスペインでは名称が変わる

さて、このAOC。
フランスワインだけに当てはまるわけではなく、実はほかの国でも同じ意味を持つ法律が定められています。

例えば、イタリアではDOC、DOCGというものがあり、それはフランスのAOCと一緒の意味合いで使われています。

スペインやポルトガルなどはD.O、アメリカではAVA、オーストラリアやニュージーランドではGIなど、国よってこの名前は変化していきます。
産地との結びつきを証明するものですので、これらを指針にワインを購入すると分かりやすいでしょう。